蟻の巣は雨水で水没するのか?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 まず最初にお断りをしておきましょう。この記事では「蟻の巣は雨水で水没するのか」とうい疑問に白黒つける研究報告等を紹介しているわけではありませんので、その点に興味がある方には申し訳ありません。今回のテーマは私達のものの考え方が自分達人間のサイズにとらわれているのでは、というお話しです。

 話の始まりはラジオから。梅雨入りの話題で「蟻が騒いでいるのは雨の前兆」というようなお話しから「蟻さんも雨が降ってきたら巣が水浸しになって大変ですね」などと。これを聞いて私は「はて、蟻の巣に水なんて入るのだろうか」と疑問に思ったのです。いや、確かに少しの水は入るとは思います。でも巣が水浸しになるなるほどの水が入るのでしょうか。

 雨が降って蟻の巣に水が流れていく様子を想像してみましょう。雨水はきれいな水でしょうが、巣穴に流れてくるまでに既に泥水になっているのでは。また巣穴に入った水は壁面にしみ込みますから、やわらかくなった土の壁はやがて崩れてしまう。そう考えると、巣穴が水浸しになる前に入口が詰まってしまうのではないかと思います。

 人間サイズで、それも壁面がきれいに処理された道路や鉄道のトンネルの様なものを念頭に、そこに大量の水がやってくる様子を想像すると「巣が水浸しになる」という心配も当然のことの様に思えます。でも蟻の巣の壁面はコンクリートで塗り固められているわけではありません。そもそもサイズが小さいので穴に入りうる水の量に比べて壁面の面積の比率がすごく大きい。壁面が崩れて水に泥が混じるとすぐに流れが止まる程度に「どろどろ」になる。

 人間サイズの穴を想像すると穴が一旦塞がっても泥の自重だけで崩れてしまうでしょうがサイズの小さな蟻の巣の穴だと、どろの自重に比べて支えになる壁面の面積の比率も大きいため、塞がったらそのままではないでしょうか。Photo_20210606073801

続きを読む

5気圧ってどのくらい?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学の1年生向けの授業「フレッシャーズゼミ」は少人数制の授業。10名程度の学生さんが先生と一緒にグループワークを中心とした課題に取り組むものです。この授業のなかで応用化学科では簡単な実験をしてみましょう、という話が進んでいます。私が担当する学生諸君も2グループに分かれてそれぞれにテーマを探しています。最近は便利になったものでネット、とくに youtube などで「面白い実験」の具体例をいろいろ見ることができる。その中から一つの班が選んできたのが「野菜×爆発」です。

 「岡本太郎か!(いや、学生諸君には分かりますまい。)」とか思ったのですが聞けば「すりおろした野菜とオキシドール(オキシフル?)をフィルムケースに入れておくと勢いよく蓋が飛ぶ」という話らしい。オキシドールに含まれる過酸化水素が野菜に含まれるカタラーゼの触媒作用で分解されて酸素ガスが発生。フィルムケースの中に溜まると内圧が上がることで蓋が飛ぶ、という仕組みらしい。

 「いや、フィルムケースって。写真のフィルムなんて今の学生諸君には分かりますまい。」などと言ったら実はフィルムは無くてもフィルムケースだけがネット通販で売っているのですね。その体積、約30mLだとか。サイズも以下の図の様に示されています。

 

Photo_20210609180401

続きを読む

続・日本の温室効果ガスの排出量ーこのまま減ってゆくと2030年には?ー(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 昨日の記事では日本の温室効果ガスの2019年度の排出量について紹介しました。その中で2019年度の排出量は2018年の2.9%減であり、

2018年度版では前年比3.9%減、その前の2017年度2016年度と続いて1.2%減、さらに2.9%減、3.1%減と続いて、直近のピークである2013年からとうとう6年連続の減少となりました

と述べました。6年間この傾向が続いているのだから、このまま減ってゆけばどうなるのか。今回はその計算結果を紹介しようと思います。

 横軸に年度を、縦軸に2019年度までの排出量を2013年度を100として表した相対値をプロットしたのが以下の図です。この6年分のデータから近似曲線を作りました。直線近似、というか一次関数で近似しても良かったのですが、毎年「同じ比率で減少する」と考えて指数関数で近似したのがオレンジの線。未来に延長すると、たとえば2030年度では2013年度の100から32.3%減少することが分かります。

 何で2030年か、ですか?これは日本の温室効果ガスの排出量削減目標が2013年度比で46%減に改訂された、という発表を意識してのことです。今のままの削減を続けるだけでは2030年の削減は約32%で、新たな目標を達成するためにはよりアグレッシブな削減の手段が必要なのです。

Photo_20210608082001

続きを読む

日本の温室効果ガスの排出量(2019年度版)(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 最大の環境問題である地球温暖化、その原因物質である二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスはだれがどのくらい出しているのでしょうか。温室効果ガス削減のための基本的な指標となるこのデータ、日本国内での発生量については温室効果ガスインベントリオフィス(GIO)がとりまとめて毎年発表しています。最新版はこの4月に発表された2019年度のデータ。少しタイムラグがあり、一昨年度のデータを昨年度のうちに整理して今年度発表する、というながれになっています。

 さて、実はこの記事、昨年もほぼ同じ書き出しで書いた「日本の温室効果ガスの排出量(2018年度版)」のアップデート版ですが、その2018年度版の記事も2017年度版2016年度版2015年度版2014年度版のアップデートなので、同じテーマで6回目の記事となります。さて、今回の結果は

2019年度の温室効果ガスの総排出量は12億1,200万トン(二酸化炭素(CO2)換算)で、前年度比2.9%減(2013年度比14.0%減、2005年度比12.3%減)でした。

となっています。2018年度版では前年比3.9%減、その前の2017年度2016年度と続いて1.2%減、さらに2.9%減、3.1%減と続いて、直近のピークである2013年からとうとう6年連続の減少となりました。昨年発表された2019年の排出量がリーマンショック後の2009年を下回って「排出量を算定している1990年以降で最少」という結果になったのですが、今回はその記録をさらに更新しているのです。これだけ減少傾向が続くところをみると、日本社会が温室効果ガスを出さない社会に向けて構造的な変化を起こしていると言ってよいのではないでしょうか。

Photo_20210608063501

続きを読む

「いじめの無い学校」は作れるのか(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今回の記事は「『事故の無い世界』は作れるのか」と「『事故の無い世界』は目指せるのか」を受けてのものです。とくに「『事故の無い世界』は目指せるのか」の方。この記事では事故を未然に防ぐ取り組みとしての「ヒヤリハット報告書」の作成について触れました。(「ヒヤリハット報告書」については片桐教授の記事その1その2その3を参考にしてください。)

 「ヒヤリハット」とは何か。言ってしまえば被害のほとんどない小さな事故のことです。でも「ヒヤリハット」がたくさん起これば一部は「軽微な事故」となり、さらにその一部は「重大な事故」になります。ですから「ヒヤリハット」を徹底的に防ぐことによって致命的な「重大な事故」を防ごうとするのです。

 この考え方を流用すれば、「いじめの無い学校」を作ろうとしたら「ヒヤリハット」に相当する被害のほとんどない小さな「いじめ」を報告させてその発生を抑制することが必要だ、ということになります。

 さて、皆さん想像できるでしょうか。「さあ皆さん、今週自分がやったちょっとしたいじめについて報告書を書きましょう!」いや、これはさすがに...。

Ijime_boy

続きを読む

「正しい知識」はめざせるのか(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今回の記事は「『事故の無い世界』は作れるのか」と「『事故の無い世界』は目指せるのか」を受けてのものです。両記事の結論として

「事故の無い世界」を無理矢理に作ろうとすれば「進歩も発展もない世界」にならざるを得ない

むしろ

「事故」を在ってはならないものと見るのではなく、実際に存在するものとして一旦は受け入れることが「事故の無い世界」を「めざす」正しい方法

なのだ、ということでした。

 今回は「正しい知識」がめざすべき目標なので、上記にならって言い換えれば

「間違い」を在ってはならないものと見るのではなく、実際に存在するものとして一旦は受け入れることが「正しい知識」を「めざす」正しい方法

なのだ、となります。こういう「正しい知識」のめざし方、皆さん覚えがありませんか?

Group_medical

続きを読む

研究室の床のワックスがけ(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 小学校や中学校くらいの生徒さんたちは自分の教室の掃除をしているのではないでしょうか。高校生の皆さんもやっているのでしょうか。自分がどうだったのか、あまりにも古いことで思い出せません。とはいえ、一般的なビルのオフィスで社員がみんなで掃除、さあ机を動かしましょう、という姿は想像しがたいと思います。そういう場所では清掃は専門の業者に依頼しているのではないでしょうか。

 本学、東京工科大学もそれは同じです。床、廊下の掃除からゴミの回収、庭の手入れまで、専門の方々が担当してくれいていて、学内は清潔に保たれています。

 とはいえ、例外もあります。(いや「清潔」の例外じゃありません、業者の方が担当するかどうかの例外です。)研究室の中は一般の清掃業者の方には依頼できない場所です。何しろ、研究室の中には危険な薬品や高価な測定装置がゴロゴロしていて、その部屋を使っていない人にはどこをどう掃除して良いのか分からないのが普通でしょう。

 と、いうわけで研究室の掃除は研究室を使う人間、つまり我々教員と学生諸君、ということになるのです。では、どのくらい清潔度が保たれるのか。これは研究室によってレベルはバラバラだと思います。まあ、使用する装置や実験の形態など、もともと研究室の環境はバラバラですからね(ということにしておきましょう。)

 とはいえ、例外もあります。こんどは「研究室の掃除は業者の方が担当しない」ということの例外。それが年に一度のワックスがけです。

 私達が自分でワックスがけをするのはさすがに難しいので、このときばかりは専門家のお世話に。外部の人が研究室で作業をする前提で部屋の片付けをします。椅子やキャスターのついた作業台などが部屋の外の廊下に移動させて、なるべく作業のじゃまにならないように。

Img_3373

続きを読む

「地域連携課題」の発表会が行われました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今週の月曜日(2021年5月31日)2021年度、第一期の「地域連携課題」の学科内発表会が行われました。

 「地域連携課題」という言葉、聞いたことがない、という方も多いと思いますが、本学の授業の名称です。本学科では3年生前期の授業。つまりクォーター制(前期を1期、2期の2つに分ける制度)で実施されるコーオプ実習の際、大学に残っている学生に向けて行われている授業です。シラバスには授業の内容は、「学生が地域の関係者と連携しながら地域・社会的な課題等に取り組む」ものとあります。

 本学部は八王子キャンパスにありますから、この場合の「地域」は具体的には八王子市のことです。八王子市の「担当者等を講師に招いて地域が抱える各種の課題を学んだ後」に、「学生が自ら主体的に地域から課題を選定」し、その解決方法を提案する、それが地域連携課題の授業内容です。この授業はグループワークを基本とし、いろいろな施設や企業を訪れて課題の解決方法を調査・分析、結果を比較検討することで効果的で具体的な提案を目指します。

 実はこの「地域連携課題」、昨年度はコロナウイルス問題のためグループワークができず発表会を行うことができませんでした。今年度も緊急事態宣言が出される状態ですが、なんとかオンラインでも発表会を開くことができました。

Photo_20210531150501

 

続きを読む

「事故の無い世界」はめざせるのか(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学の1年生向けの授業「フレッシャーズゼミ」は少人数制の授業。10名程度の学生さんが先生と一緒にグループワークを中心とした課題に取り組むものですが、そのなかの安全教育の一環として「ヒヤリハット報告書」の作成が課題となっています。授業を前にこの課題を準備しながらふと考えました。はたして「事故の無い世界」をめざすことはできるのでしょうか。

 えっ、前回の記事と同じだって?いえいえ、よく見てください。前回のタイトルは「『事故の無い世界』は作れるのか」だったでしょう。今回のは「めざせるのか」になっています。

 「作る」と「めざす」じゃ同じだと言われるかも知れません。でも全然違うと私は思います。その良い例がこの記事の枕に置いた「ヒヤリハット報告書」です。

 「ヒヤリハット報告書」についてはこのブログの片桐教授による記事(その1その2その3)が参考になるでしょう。

 「ヒヤリハット」とは重大な事故はおろか、軽微な事故とも言えないようなちょっとしたトラブルのことです。「ヒヤリハット」は「軽微な事故」のタネであり「軽微な事故」は「重大な事故」に成長する可能性がある。だから「ヒヤリハット」の情報を収集し、その原因を潰してゆけば「重大な事故」を未然に防ぐことができる。それが「ヒヤリハット報告書」の意義です。

 ちょっと待ってください。「ヒヤリハット」は「軽微な事故」にもならないほどだ、とはいえやはり事故の一種なのです。会社や大学は「ヒヤリハット報告書」を提出した人間には詳しい調査を行って厳しい罰を与えなくてはならないのでは?

 Bakuhatsu

続きを読む

「事故の無い世界」は作れるのか(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学の1年生向けの授業「フレッシャーズゼミ」は少人数制の授業。10名程度の学生さんが先生と一緒にグループワークを中心とした課題に取り組むものですが、そのなかの安全教育の一環として「ヒヤリハット報告書」の作成が課題となっています。授業を前にこの課題を準備しながらふと考えました。はたして「事故の無い世界」をつくることはできるのでしょうか。

 ずいぶん前にこのブログに書いた記事「化学薬品と爆発」がそのヒントになるかも知れません。

 こちらの記事は2015年8月に起こった天津市の爆発事故をきっかけに書いたものですが、いまなら2020年の8月4日、レバノンのベイルートの港での爆発事故も類似の具体例だと言えるでしょう。貯蔵されていた化学物質による爆発事故の話題です。

 まず、天津市の爆発事故、ベイルートの港での爆発事故ですが、この様な事故を防ぐことは可能だったと私は考えています。前者はシアン化ナトリウム、後者は硝酸アンモニウムが原因であると考えられていますが、いずれも不適切な取扱が原因となった事故です。このような事故に対して徹底した対策をとれば今後は事故を防ぐことができるだろう。世の中の誰もがその様に考えるはずですし、その様に努力しているはずです。

 であれば、やがてはその努力が実って「事故の無い世界」が作れるのではないでしょうか。

Bakuhatsu

続きを読む

«「NHKスペシャル 2030 未来への分岐点 (2)飽食の悪夢~水・食糧クライシス~」(江頭教授)