書評 りょうしりきがく for babies サンマーク出版、2020 サイエンス・コミュニケーターを目指す人の必読書…かな?(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 本年度も後期の量子化学の講義が始まりました。毎年、第1回は量子力学の誕生の歴史の解説を行ない、その課題として「前期量子論に最も貢献したのは誰か?」という課題を出します。
 今年の一番人気はやはり「プランク」で62%の受講者に支持されました。次点は「アインシュタイン」の17%、3位は「ボーア」の12%でした。

 さて、この量子化学の第1回をその誕生の歴史から始めるのは、学生さんたちの多くがニュートン力学を引きずっているからです。マクロの世界を記述する「力を基盤とする」ニュートン力学の不都合と克服から「エネルギーを基盤とする」量子論が生まれてきたことを理解してもらい、マクロの世界の物理がミクロの世界に通用しなかったという歴史的事実を理解してもらうことから始めるためです。我々マクロの住人には、生活感覚で力は理解できても、エネルギーを理解することは困難です。生活感覚で量子の世界を理解することは極めて困難です。

 そのような講義をどのようにすすめれば、学生さんにわかってもらえるか、を考え、ネットであれこれ調べている時に、『クリス・フェリ−著「りょうしりきがくfor babies」サンマーク出版、2020年』という絵本の存在を知りました。「大学生に教えることの難しい量子論の幼児向け絵本?」「なんじゃそりゃ?」と興味をひかれました。早速、アマゾンでポチりました。

Photo_20211011041701

続きを読む

腕時計と手帳(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 私がはじめて腕時計を付けるようになったのは中学校に入学したときでした。父が入学祝いに買ってくれたもので、それ以来ずっと腕時計を付ける習慣が出来ました。私立の中学校だったので毎日電車に乗って通学することになった。これからは電車に間に合うように時間が分かる腕時計を、という配慮でしょうか。

 手帳についてはいつから持ち始めたのか、記憶が定かではありませんが、これも父の勤め先で顧客用に配っていた手帳の残りを分けてもらったのが始まりです。

 腕時計は電車に乗るのでいつも見ていました。いえ、授業の終わりの時間を今か今かと腕時計で確認していたような気もします。とは言え、中学生にとっても腕時計は役に立つ道具ですよね。その一方で手帳の方はなかなか身につきませんでした。

 手帳、といっても単に「手頃なサイズのノート」という意味ではありません。手帳の本体部分はカレンダー形式でそれぞれの日のメモを書き込むことが出来るページでしょう。1ページ1週間のレイアウトなら1年分で52ページ。見開きで1週間なら104ページ。ここに将来の予定を書き込み、毎日「今日は何があるか」を確認するのが手帳の使い方です。

Fashion_watch

 

続きを読む

デマを拡散しないように- 28 必要対策・十分対策:安全工学の視点で新型コロナ対策を考える(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 このブログの内容を不用意に拡散しないように。必要なら必ず裏をとり、引用文献などを読んで自分で確認し、理解し、検証してから、自分の言葉として発信しましょう。他人のことばをそのまま鵜呑みにするのは極めて危険な行為です。

 十分条件・必要条件ということばがあります。新型コロナ対策にはそれと同じように十分対策と必要対策を考える必要を私は感じます。これはmustでしておかなければならないという必要最小限の対策を必要対策と呼びましょう。ここまでしてあれば十分といえる対策を十分対策と呼びましょう。

 リスクアセスメントによる産業事故防止対策は、「十分対策」であることを求められます。あらゆる事故の可能性を洗い出して対策します。しかし、現在、政府の国民に対して「お願いしている」新型コロナ対策は十分対策と呼べません。残念ながら、現在の対策は必ず必要と思われる対策であっても、これで十分な対策とは言えません。実際、まだ対策は十分でないから、長期的にみて新型コロナの感染拡大を人為的に収められません。何度も波がやってきています。

 その対策が「必要対策」なのかどうかは国や集団、個人により異なります。日本ではマスクは必要対策という認識です。そのようなコンセンサスがあります。マスクの有効性はインフルエンザにおいても確認されています。浮遊飛沫を吸い込む可能性を大幅に確実に下げます。この対策により2020-2021年期のインフルエンザの発症数は、前の年の1/200だったそうです。また、マスク習慣の浸透している日本の2021年9月の時点での陽性者の人口比率は、欧米の1/10程度であることも、このマスク習慣の有効性を示唆します。しかし、欧米ではマスクは必ずしも必要対策と認識されていません。

 2020年10月になって、CDCは「「COVID-19 can sometimes be spread by airborne transmission」と言う声明を注意喚起のために出したそうです[https://www.asahi.com/articles/ASNBB3GMWNB8UBQU003.html]。

 ここで「airborne transmission」は機械翻訳では「空気感染」と訳されますが、日本の専門用語の空気感染=飛沫核感染、だけではなく、飛沫感染やアエロゾル感染などの、空気層を媒体とする感染全てを意味する広い概念です。日本では当たり前に理解・認知されている感染経路です。

 少し脱線しますが、2021年8月27日の新聞報道で「「コロナは空気感染が主たる経路」研究者らが対策提言」という記事が出ました。CDCが「空気感染」の可能性を認めたという記事です。その記事に添付されている報告書の写真には、やはり「airborne transmission」と書かれていました。この記事が日本で紹介されると、「新型コロナは(飛沫感染だけではなく)空気感染を起こす」という誤解を招く記事になります[https://news.yahoo.co.jp/articles/694fc9ee7cb1a79c830e23126ba994f8ca93f64a]。日本で当たり前に認知されていることは、アメリカでも当たり前であると考えたのでしょう。

 日本では当たり前のマスクによる飛沫感染防止が、アメリカでは少なくとも2020年10月まで当たり前ではなかった。マスクの着用は必要対策になっていなかった、ということです。日本の記者さんは、マスクは当たり前という前提でCDCの記事を読んだのでしょう。その上で空気感染対策が必要と考えてしまい、あたかも日本では対策できていない感染経路があるように誤解してしまったのでしょう。

 確かに、アメリカ大統領選挙の集会で、トランプ氏はマスクにしておりませんでした。必要対策の認識はTPOや国などの地域、果ては人により大きく異なるもので、任意性を持ちます。

十分対策を提案する必要性

 2020-2021年期のインフルエンザの激減(おおよそ1/200)に比べ、新型コロナの感染拡大は著しいものです。これは2021年3月15日の予算委委員会での尾見会長の言われる「見えない感染源」によるものでしょう。

 専門家は自分の守備範囲で問題を理解しよう、解決しようとします。そのためウイルスの専門家は感染の拡大収束をウイルスの性質に帰そうとします。ワクチンの専門家は高くなってきたワクチン接種率によると仮定します。公衆衛生の専門家は人の流れや行動様式に帰そうとします。しかし、真の感染拡大・収束の原因はそれ以外の要素であるかもしれません。専門家であるが故に、専門家の仮定する感染拡大・収束の原因はその専門分野のうち側に仮定され、その対策はその分野での必要対策になります。

 新型コロナ禍を根絶するための「十分対策」の立案には、安全工学的なリスクアセスメントの視点が必要です。学際的な多面的な視点が必要です。多重的ではなく、ありとあらゆる可能性からの多面的な対策立案が、今、もとめられています。

Photo_20211011042201

 私はこのブログで経皮接触感染、汗腺からの感染の可能性を示唆しました(2021.1.21 http://blog.ac.eng.teu.ac.jp/blog/2021/01/post-90684f.html)。しかし、実際に安全工学誌に公表した論文の共著者で論文の作成を指導してくれたY教授は、そのような経皮感染の可能性を論文に記載することに反対されました。Y教授はその分野の専門家であるが故に、情況証拠という弱いエビデンスによる仮説に基づく対策案の公表を学術的にはばかりました。確かに、学術の世界ではtoo much speakingを行なう者はbig mouseと呼ばれ、蔑まれます。専門の研究者は自分の口から出ることばにどうしても慎重になります。私も化学の研究者の端を汚す者として、自分の専門でのtoo much speakingは自制し避けます。

 一方で、このような姿勢は、例えば原子力の安全の実務では許されません。原子力の安全では、考えられる・想定される全てのインシデントの可能性を疑い、それぞれに十分な対策を講じることが求められます。全ての事故の可能性は公に検討されるべき課題です。同様に安全の実務者・担当者はあらゆる可能性の検証と伝達を求められます。そして、それぞれ可能性のあるリスクに対して、たとえそのリスクの発生のエビデンスに乏しくても、適切な対策を施すことを求められます。そして、日本の産業安全はこのような十分対策で支えられています。同様に、新型コロナの感染を完全に食い止めたければ、十分対策を行なわなければなりません。

 リスクアセスメントはそのような事故の可能性を体系的に洗い出す作業です。リスクアセスメントは対策を十分対策に近づけるための手法です。しかし、リスクアセスメントも人の思考に頼っている限り完璧なものにはなりえません。福島第一原子力発電所のように想定外は必ず残ります。十分対策やゼロリスクに近づくことはできても達成することはできないと考えるべきです。

 このブログの内容を不用意に拡散しないように。必要なら必ず裏をとり、引用文献などを読んで自分で確認し、理解し、検証してから、自分の言葉として発信しましょう。他人のことばをそのまま鵜呑みにするのは極めて危険な行為です。

 

片桐 利真

 

「保護者会」が開催されました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先週の土曜日、10月9日に保護者懇談会が行われました。従来から本学の保護者懇談会は春と秋、二回行われています。昨年、2020年はコロナ禍の影響で実施できませんでしたが、今年の春から再開されたことはこちらの記事でも紹介しています。春の懇談会は以前は全国の地方都市でも開催し、希望される保護者の方々と広く面談をする機会を用意していましたが、今年の春は本学キャンパスに限定しての開催でした。また、秋の保護者会は本来は本学八王子キャンパスの学園祭である「紅華祭」と同時期に実施することになっているのですが、今回の紅華祭は残念ながらオンラインで11月開催ということに。いつもなら面談のついでに学園祭を見てもらえるところが面談のみとなってしまいました。

20161_2_20211011062501

続きを読む

「紅華祭」は対面開催中止となりました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本日(2021/10/11)、東京工科大学八王子キャンパスでの授業はお休みです。

あれ、何で? 10月11日は祝日でも代休でもないはずでは?

そう思う人もいるでしょう。実は10月8日も同じで授業なし。もっとも、授業がないといっても大学が休業という訳ではなく、私もちゃんと通勤するのですが。

 先週の金曜日(2021/10/8)と今日の月曜日(2021/10/11)が休みなのは本学八王子キャンパスの学園祭である「紅華祭」のためでした。「でした」という言い方になってしまいます。というのも今年度の紅華祭、残念ながら対面というかたちでは実施せず、11月にオンラインで実施することになったからです。

Photo_20211011044101

続きを読む

おいしいパン屋さん(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 だいぶ前になりますが、このブログで「手土産の難しさ」(2016.4.18; http://blog.ac.eng.teu.ac.jp/blog/2016/04/post-7842.html)でおいしい和菓子の話しをしました。また、前回(2021.10.7;http://blog.ac.eng.teu.ac.jp/blog/2021/10/post-7c082d.html)はおいしい洋菓子屋さんの話しをしました。今回はパン屋です。最初にお断わりしますが、この文章は私個人の狭い経験を元にしています。またパン屋さんとの間に一切の利害関係はありません。

 岡山在住時には、家から車で15分くらいのところにあった「岡山パン工房」のパンがおいしくて、毎週のように通っていました。市街地の外れにある地元民しかいかない郊外型のパン屋でした。このお店のおかげで私はパンに目覚めました。おいしいパンは、生活の質をひきあげてくれます。

 八王子へ来て驚いたのが、さらにおいしいパン屋さんが多いことです。また、最近の高級食パンブームで、少々値ははりますが、おいしい食パンも手に入ります。八王子にはそのような高級食パン専門店が何件もあり、どのパンもおいしく、目移りします。

 土曜日に私が八王子駅の方へいく時は、まず10時半にユーロードの先にある「ブールブール・ブランジェリー」でいろいろなパンの中から何点かを購入します。今は新型コロナ対策でお店の中には4名しか入れないので、外に長い行列が伸びています。このお店の「ブールブール」というクロワッサンはおいしゅうございます。私は硬い「リュスティック」と木の実の沢山入っている「桑の都」が好きです。また、柔らかな「パンドミー」もおいしいのですが、気をつけて持って帰らないと他の荷物に潰されてしまいます。

 ブールブールのその先にある「サルドゥパン」は何と言っても「カレーパン」がおいしいですヨ。とてもとても小さなお店で、一度に1人しか入れません。ここで家族人数分のカレーパンを買うのが定番です。

 国道に戻って、少しだけ駅前の方に歩き、セブンイレブンの角を曲がると、「ゴンチャノフ」があります。ここは「ボストーク」がおいしいですね。買いすぎてしまいます。横山町のあたりはおいしいパン屋が多くあります。

 さらに国道の北側を歩いていくと「ハレパン」があります。11時にこの店で1本2斤の「高級食パン」を買っておうちに帰るのがルーチンです。

 八王子みなみ野にもおいしいパン屋がたくさんあります。

 

Pan_bread_1kin_shikaku

 

続きを読む

おいしい洋菓子(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 だいぶ前になりますが、このブログで「手土産の難しさ」(2016.4.18; http://blog.ac.eng.teu.ac.jp/blog/2016/04/post-7842.html)でおいしい和菓子の話しをしました。今回は洋菓子です。最初にお断わりしますが、この文章は私個人の狭い経験を元にしています。また洋菓子店との間に一切の利害関係はありません。

 東京へ来てからもう6年半、これまでにお世話になった大先生方、親戚にお中元、お歳暮をお送りするのですが、その選択はなかなかに難しい作業です。

 片桐は甘党ですから「お菓子」を贈ります。『片桐 = お菓子にうるさい』という風評と過度の期待がよせられます。さらに偉い先生方は舌が肥えているため、どのようなお菓子をお贈りするかには気を使います。

 そのなかでも「受け」たのは、錦糸町山田屋の「人形焼き」でした。これを洋菓子と言うかどうかには、異論があると思います。それでも、箱をあけるとかわいいタヌキが整列している様は、皆さんの笑いを誘うそうです。お礼の手紙を読むと、皆、びっくりしてから笑う様子が伝わります。でも、錦糸町はいささか遠いのが難です。2016年の夏には、名古屋大学の天野先生へ講演会のお礼にお贈りしました(2016.4.14 http://blog.ac.eng.teu.ac.jp/blog/2016/04/post-d381.html)。

 都立大学のアディクト オ シュクルのかわいいネコ缶のクッキーは、若い女性に好評なようです。クッキーそのものもおいしく、お勧めです。その年にお世話になったお茶の水大学の先生に贈ったら、ずいぶんと喜ばれました。「片桐先生は何でそんなに東京のお菓子に詳しいの?」と、ほめられた…のでしょうねえ。

 クッキーなら西荻窪のこけし屋もいろいろな詰め合わせの缶クッキーがおいしいですね。すこしシュール・レトロな女の子の絵が包みのアクセントです。クッキー詰め合わせの定番です。

 シュール・レトロな女の子の絵といえば、学芸大学のマッターホーンのクッキーも大変おいしいですね。この3年間は、夏はここのクッキー、冬はバウムクーヘンを贈っています。特に、このお店のバウムクーヘンの薄切りは、朝9時の開店と同時に売り切れる人気商品です。贈答品として送る場合は2か月前から予約をしなければ手に入りません。今年も10月2日に12月のお歳暮の手配に行きました。「八王子からわざわざいつもありがとうございます」とお店の人に顔を憶えられてしまいました。

Cake_ya_building

 

続きを読む

水曜日の午後は「半ドン」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 応用化学科水曜日午後の時間割。1年生、2年生は選択の語学が中心。3年生は基本的に授業なしです。

水曜日となれば週の真ん中。疲れが溜まるといけないから水曜日は「半ドン」にできるように考えられているな。

でもちょっと待って。1年生は「コーオプ演習Ⅰ」という授業で、3年生は「創成課題等」(「等」って何だよ)の授業で「全体会」というのがあることになっています。しかも「実施の場合は別途掲示」という注釈つき。

 学生さんから見ると変な時間割、となるでしょうか。でも我々教員からみるとちゃんと理由があるのです。

 

Weekmark3_wed_20211006064701

続きを読む

デマを拡散しないように- 27 ワクチンを躊躇する心-2:反知性主義と確証バイアス。そしてサイエンス・コミュニケーターに求められるもの(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 このブログの内容を不用意に拡散しないように。必要なら必ず裏をとり、引用文献などを読んで自分で確認し、理解し、検証してから、自分の言葉として発信しましょう。他人のことばをそのまま鵜呑みにするのは極めて危険な行為です。

 2021年10月号の「文藝春秋」に「読んではいけない「反ワクチン本」」という記事がありました。大阪大学の忽那教授の署名記事です。そこでは7冊の「反ワクチン」本とその内容に対する批判的な意見を掲載していました。興味がある方は、ぜひ購入してお読みください。このような反ワクチン勢力による『デマ(?)』の拡散は行政のワクチン接種推進の妨げになっています。

 先のブログ「デマを拡散しないように、ワクチンを躊躇する心25 2021.5.10」でスロビックの11因子、カーネマンのプロスペクト理論という人間心理の側面から、ワクチンを躊躇する心を記述してみました。今回は、それに加え、反知性主義(反権威主義)から、ワクチンを忌避する心理を考えてみます。このブログの内容は来年の安全工学の講義に反映させる予定です。もし私の認識に何か間違いがあれば、是非ご指摘ください。

 国立精神・神経医療センターの調査(https://www.ncnp.go.jp/topics/2021/20210625p.html)によると、『一人暮らし』『所得水準の比較的低い人(100万円未満)』『中学卒業および短大・専門学校卒業を最終学歴とする人』『政府ないしコロナ政策への不信感がある方』『重度の気分の落ち込みがある人』でワクチン忌避者の割合が高かったとのことです。

 ここからは片桐の個人的な仮説と意見です。

 ではなぜ、そのような「社会的に恵まれていない方々」「抑圧されている方々」でワクチン忌避が発生するのでしょうか。
 2016年のアメリカ大統領選挙ではクリントン女史を抑えてトランプ大統領が誕生しました。このとき、トランプ大統領の支持者もまた、中産階級から下、学歴や所得があまり高くない人たちでした。(https://www3.nhk.or.jp/news/special/2016-presidential-election/republic5.html
現在の生活に不満を持つ彼らはアメリカ第一主義を掲げるトランプ氏を支持し、彼を大統領におしあげました。
 そして2020年の大統領選挙の時に、トランプ氏はワクチン問題に関して、興味深い発言をしています。“He (Biden) will listen to the scientists.” “He (Biden) will listen to Dr. Fauch.” と発言しています。Fauch氏は国立アレルギー・感染症研究所所長で、アメリカの感染症対策の専門家です。その意見を聞くことを「問題である」とする姿勢が支持されていたわけです。
 それに対してバイでン氏はツイッターで“For once, Donald Trump is correct: I will listen to scientists.”と返しています(https://twitter.com/JoeBiden/status/1318357515680116737)。専門家を「敵」と見做し支持者の心をつかんだトランプ氏と、専門家を「味方」としたバイデン氏の争いの結果は、ご存知のようにバイデン氏の勝利におわりました。
 ご存知のようにトランプ大統領はマスクを拒否し、“コロナはただの風邪”という態度を取り、2020年のアメリカでの感染拡大を招き、自らも10月に感染しました。人口比でのアメリカの感染率は日本の10倍以上です。

 先のトランプ氏の発言は、彼の支持者の「感染症専門家」を軽視する姿勢、あるいは学術権威に対する反感・反発を表しています。このような専門家を軽視する姿勢を批難する人はトランプ氏の行動原理を「反知性主義」と呼び、賛同する人は「反権威主義」と呼ぶようです。
 反ワクチンを主張する方々もまた、そのような「反知性主義」あるいは「反権威主義」なのではないでしょうか。

 反ワクチンを主張する人の主張には類似性をみつけられます。厚生労働省や山中教授のブログなどの内容を引用せずに、SNS上の噂や反ワクチンを主張する一部のお医者様のコメントを、『市民の生活感覚に沿う主張』と高く評価し、採用しています。まさに権威を否定する姿勢です。このような反ワクチン主義者の論拠を支えているのは、反知性主義(反権威主義)と確証バイアスとだと思われます。
 確証バイアスとは、自分の主張に沿う情報のみを採用し、それに反する情報を無視する心理バイアスです。

 我々、科学技術者は、知らず知らずに「権威」とみなされ、反発を受けているかもしれません。周りをそのような反知性主義に陥らせないようにするためには、科学技術の丁寧な説明を心がけなければなりません。
 文芸春秋の記事は、それらの反ワクチン本に書かれている間違った内容を一つ一つ丁寧に潰しています。しかし、それだけではくすぶっている反ワクチンの火を消し止められないと思います。ワクチン忌避者の説得は、「理」だけでなく、権威に対する不信感を払拭する「情」の対応も必要です。
 科学技術を正しく伝えるサイエンス・コミュニケーターはこれからますます社会の中で重要な役割を果たしていくでしょう。そしてサイエンス・コミュニケーターには「正確にわかり易く」科学技術を伝えるだけではなく、権威者ではない立場から「市民感情」に沿って科学技術を説明することが求められるでしょう。

 このブログの内容を不用意に拡散しないように。必要なら必ず裏をとり、引用文献などを読んで自分で確認し、理解し、検証してから、自分の言葉として発信しましょう。他人のことばをそのまま鵜呑みにするのは極めて危険な行為です。

 

Internet_heiwa

 

片桐 利真

デマを拡散しないように- 26 第6波に備えましょう。(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 このブログの内容を不用意に拡散しないように。必要なら必ず裏をとり、引用文献などを読んで自分で確認し、理解し、検証してから、自分の言葉として発信しましょう。他人のことばをそのまま鵜呑みにするのは極めて危険な行為です。

 私自身はウイルス学の専門家ではありません。しかし、30年前に免疫学を学び抗アレルギ薬の創薬に従事した経験を持ちます。そのときの(少し古い)知見やその後の科学者としての経験を元に、今回の新型コロナウイルスを理解する努力を行っています。その結果は、医療保健学部の横田先生の指導下で仮説論文にまとめました。

 片桐、横田 安全工学、2021, 60(1), 49-52. (https://www.jstage.jst.go.jp/article/safety/60/1/60_49/_article/-char/ja/)

この論文の内容は、今年の本ブログ(その1その2その3その4その5その6)に分割して紹介しています。私は感染症やウイルスの専門家ではありませんので、感染拡大・収束をウイルスそのものだけには求めていません。外部要因として、季節変化や気候との関係で解析しています。

 さて、昨年の東京の新規陽性者数のグラフを10倍したもの(青線)を、今年のグラフ(赤線)に重ねると、第1波と第4波、第2波と第5波がよく重なっています。昨年よりも今年の波は2週間程度後ろにずれているようです。この重なりは、東京における新型コロナの感染は季節性のものである可能性、気候により何らかの影響を受ける可能性を示唆します。しかし、その本質はまだ未解明です。

Fig1_20211001170501

 このグラフの波のシミラリティだけで、感染拡大収束の要因を分析し明らかにすることはできません。先に紹介した論文では湿度や日照時間と新規感染者数の増減を表す差分とのあいだの相関について述べました(ブログ 2021.1.13)。しかし、湿度や日照時間が直接的な要因なのか、それとも何らかの「疑似相関」であり、真の直接的原因である「潜伏変数」の存在はまだわかりません(ブログ2020.3.31)。例えば、夏の第2波第4波は、高温多湿になり、半袖の人の増加による思わぬむき出しの腕の皮膚接触により感染拡大した(ブログ2021.1.21)、というような仮説も立てられます。真の要因解明は広い視野からの今後の研究を待たなければなりません。

 そして,このグラフは、今年の11月終わり頃からの第6波の到来を示唆します。第6波に備えましょう。マスクを付けましょう。3密を避けましょう。「早寝早起き朝ごはん」で免疫力を強化しましょう。

  この「予言」が外れてくれることを、私は心から祈ります。

 

片桐 利真

 

«台風コロッケ(片桐教授)