SDGsが先か、サステイナブル工学が先か?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 前回の記事はSDGsの終わりについてのお話しだったのですが、今回はSDGsの始まりについて。SDGsが「2030年までに達成すべき課題」としてまとめられたのは2015年のことです。SDGsの根拠となる文書は「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で、これは2015年の9月25日から27日まで行われた国連サミットで決定された文書です。(英文日本語の仮訳がそれぞれのリンクから確認できます。)
 この文章の前文、最初の一文には

このアジェンダは、人間、地球及び繁栄のための行動計画である。

とあります。続いて、平和の重要性、貧困の撲滅の必要性が強調され、それらが前提条件として「持続可能な開発」のために必要である、と続きます。

 この「人間、地球及び繁栄」という三つの並びですが、これは本学のサステイナブル工学が謳っている三つの価値と一致しています。以下は本学WEBサイトにある「サステイナブル工学」の解説からの引用です。

「自然・環境」「産業・経済」「人間・生活」を対立するものではなく、共存させることができるものとしてとらえ、それらが調和を保ちながら健全な発展を続けていく社会を指すもので、現在、世界中でその具現化をめざす取り組みが始まっています。

 「そりゃあそうでしょう。なんならSDGsのアジェンダからの引用なのでは。」いえいえ、そんなことはありません。だって「サステイナブル工学」の方がSDGsより前にできているのですから。

Sustainable_1_img_20210302063301

続きを読む

SDGsはサステイナブルではないというお話(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 SDGsは Sustainable Development Goals の略だ、というのは皆さんご存知でしょう。その日本語訳は持続可能開発目標ということになります。でもSDGs自体はサステイナブルではない、つまり持続しませんよね。

 それはそうです。SDGsは先行するMDGs(Millennium Development Goals)ミレニアム開発目標の後継として2015年に始まりました。で、MDGsはその名にミレニアムとあるように2000年からスタートした「開発目標」です。この「開発目標」には達成の期限が切られているのが特徴で、MDGsの達成期限は2015年と定めれられていました。

ミレニアム、つまり千年紀と名付けられているのだから目標達成は西暦3000年で良いのでは

いや、いくら何でもそんな先のことは分からないですよね。というかせっかく良い目標を掲げてもそれを「いつまでに達成する」と決めなければなあなあになってしまうのは世の常。皆さんだって身に覚えがあるのでは。(私はあります。)

Photo_20210301080701

続きを読む

八王子キャンパス近くのラーメン屋さん(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学八王子キャンパスの最寄り駅は横浜線の八王子みなみ野駅。もちろん、スクールバスはありますが、歩いてキャンパスに移動することもできる距離です。で、そのとき必ずラーメン屋さんの前を通るんですよね。交差点の角のお店でよく行列ができています。学生さんからも「ボリュームがあって満足」などと評判を聞くので一度行ってみなくては。

 と思いながらもいつの間にか早6年以上、特に理由もありませんが一度も店に入ること無くなく過ごしてきました。

 そうそう、この看板のお店です。最近はコロナウイルスの問題で飲食店には行きにくい。でも、テイクアウトなどに力を入れている様子です。コロナが明けたら今度こそ行ってみよう。

Photo_20210225152001

 と思ったら、えっ、なになに?ある日いつも通り交差点まで来ると工事の人たちが。店の外装・内装を取り外しています。ドアもなくなって中が見える有様に。

 

_002

 コロナ禍恐るべし。いや、例え通勤途中にあってもラーメン屋さんには一期一会の覚悟で臨むべきだったか。

続きを読む

メガネを壊してしまった(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 何ということでしょう。メガネを落としてレンズを壊してしまいました。

 

Megane_wareru_man

 もともと近視の乱視だったので、「運転用」と「手元作業用」の2つのメガネを使い分けています。もう少し若い頃は、境目のない遠近両用を使っていました。しかし、このメガネは長時間使用していると「酔う」ので、結局、TPOに応じて2本を使い分けるようにしています。
 さて,今回は手元作業用の方のメガネを風呂場で落としてレンズを割ってしまいました。仕方がないので、非常用の10年前に使っていたメガネを取り出しました。しかし、若干度が合わない。今まで使っていたものより、少し度が強いので、近くの小さな文字が読みにくい。う〜ん不便だ。紙に印刷した文章はまだ読めますが、パソコン画面上の細かな文字が読みにくい状況です。でも,何でパソコンの文字と、紙に印刷した文字に読み易さ読みにくさの差が生じるのでしょうか?。

 

 

続きを読む

IT革命とエネルギー使用量(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 産業の進歩に従ってエネルギーが大量に必要になる、産業革命後の世界を観察すればそのように見えます。ですから「化石資源の使用を制限することは産業の衰退、ひいては人間生活の貧困化につながる」という意見は昔はそれなりの説得力があったのです。ちなみにいまの状況は「化石資源から再生可能エネルギーへ」という道筋が見えてきましたが本格的なエネルギーの切り替えにはまだまだ時間がかかる、というところでしょうか。

 さて、今回話題にしたいのは産業の進歩は本当にエネルギー使用量を増やすのか、という疑問です。より具体的にはIT革命といわれる産業構造の変化について。インターネットの商業利用解禁が1990年ごろ、インターネットの利用を一般的にした Windows95 の発売がまさに1995年だったので、この頃からIT革命、事務処理の電子化やeコマースなどが本格的になったと考えられるでしょう。これらのIT技術の本質は「無駄の削減」にあるとおもいます。以前はいろいろな商品を見込みで生産し、その実物を商店に配送し売れ残ればそのまま廃棄。それが発注と生産の合理化を進めることで無駄を省いて値段も安く、エネルギーや資源の無駄も省かれる。そう考えるとエネルギー使用量が減っても良いように思えます。

 では、その変化は実際にはエネルギーの使用量にどのように影響したのでしょうか。

21131_20210223182301

続きを読む

「善循環」も「悪循環」も「ポジティブフィードバック」の結果なんですよね(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 この記事は以前のこちらの記事のつづきです。

 この記事で説明したのはフィードバック制御のお話。安定なのはネガティブフィードバック系、ポジティブフィードバック系は発散するので安定にはならない。その典型は「悪循環」ですよね、というお話でした。

ある事柄が他の悪い状態を引き起こし、それがまた前の事柄に悪影響を及ぼす関係が繰り返されて、事態がますます悪くなること。

これが悪循環ですが、ポイントは悪いことが悪いことを引き起こす、という点。一つの事象の影響が同じ方向の影響を与えて反転することがない。反転するなら悪いことが抑え込まれて安定することになるでしょう。この反転が起こるのがネガティブフィードバックで、反転が起こらないのがポジティブフィードバックだ、これが制御の分野の用語なのです。だから(言葉の感じとは裏腹に)悪循環こそがポジティブフィードバックだ、となります。

 さて、表題に入れた「善循環」という言葉、これはまだ一般的な用語とは言えないかもしれませんが、仮に悪循環の反対、つまり

ある事柄が他の良い状態を引き起こし、それがまた前の事柄に良い影響を及ぼす関係が繰り返されて、事態がますます良くなること。

と定義するなら、実はこれもポジティブフィードバックの結果であるといえます。あまり例が思いつかない?いえいえ、急成長する企業などはどこかでこの善循環を利用しているのではないでしょうか。

Whiteboard_up_woman2

続きを読む

機械工学科 芝池成人教授の最終講義が行われました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 2021年2月20日の土曜日、本学工学部の機械工学科教授、芝池成人先生の最終講義が行われました。今般の新型コロナウイルス感染症拡大のためオンラインでの開催となりました。

 本学の工学部は設立が2015年。この春に三期生の卒業を控えている新しい学部ですから、退官される先生は芝池先生がはじめてです。従って本学科で開催する最終講義も今回がはじめて、ということになります。

 最終講義の司会は機械工学科の学科長、古井教授。工学部長の山下教授が開会の挨拶をして、すぐに芝池先生の最終講義が始まりました。

 講義は前編、後編の二部構成。前半では東京大学機械工学科での卒業研究からスタートして本学に着任するまでの期間を、LCAの報告書を模して構成されていました。(いや、LCAなら「ゆりかご」から話しをはじめるべきでは...とか。)後半は本学での活動、教育と研究についてのお話しでした。

 芝池先生の講義の後は芝池研究室のOBの方からのご挨拶、そして参加者全員でオンラインでの記念撮影を行い、終了となりました

Photo_20210220142901

 私のPCからみた記念写真撮影の様子ですが、さて、他の参加者に方々からはどのように見えていたのでしょうか。

続きを読む

「悪循環」は「ポジティブフィードバック」の結果ですよ(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 以前こちらの記事でフィードバック制御について説明しました。

 化学プラントで温度や圧力を一定に制御したい。たとえば温度の場合。加熱するヒーターの出力を巧く調整すれば目的の温度に一定にできるはず。でも「巧く調節」するためには対象の温度を制御装置に教えてあげる(フォードバックしてあげる)必要がある、という話でした。

 さて、もう少し詳しい話をすると、フィードバックされた対象の温度、これから目的の温度を引き算して、その差がプラスの(対象温度が高すぎる)場合はヒーターの出力をマイナスに、マイナスの(対象温度が低すぎる)場合はヒーターの出力にプラスする。このようにするとシステムは目的の温度に近づいてゆくのです。(要するに下がったら上げろ、上がったら下げろ、ということですね。)

 この場合、差がプラスなら出力がマイナス、差がマイナスなら出力はプラス、と符号が逆転します。差に「マイナス」をつけてヒーターを制御するので「ネガティブ」なフィードバックを行う、と言います。つまりネガティブフィードバックが一般に行われる制御です。

 さて、対象の温度から目的の温度を引いた値の符号を、逆転させないでフィードバックするとどうなるのでしょうか。対象温度が高い場合、ヒーターへの出力はさらに高くなり、対象温度はもっと高くなります。それがまたヒーター出力を大きくしてどんどん温度が上昇を続ける。装置が限界に達する(あるいは破壊する)まで温度の上昇が続くことになってしまいます。

 この様な制御はネガティブフィードバックと対比してポジティブフィードバックと呼ばれています。

 さて、このポジティブフィードバックの説明、どこかでみたことはありませんか?

Photo_2_20210219075701

 

続きを読む

「持続可能な社会」についての全学教職員会が開かれました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学の特徴である「全学教職員会」ですが、今回(2021年2月17日)のテーマは「持続可能な社会」つまりサステナブル社会に関する講演でした。昨年改定された本学の基本理念にも「持続可能な社会に貢献する人材」という文言が追加されていますから、これは重要なテーマですね。

 ご講演は下の図のとおりで株式会社 朝日エル 会長の岡山 慶子様。岡山様は本学の母体である片柳学園の理事という肩書きもお持ちです。とはいえ、私にとっては昨年出席したサステナブル・ブランド国際会議」のセッションでファシリテーターをされいてた方、という認識です。

 さて、今回のお話しで私が凄く印象深く感じたのは、具体的な問題を解決しようと努力しているうちに自然と「サステイナブル」という概念に触れる様になっていった、という体験を話していただいた部分でした。

 サステイナブル、あるいは持続可能という言葉はそれ自体が対象になる「何か」ではありません。大きく言えば「社会」という対象があって、それがサステイナブルである、持続可能な社会である、というあり方に関する表現なのです。サステイナブルな「職場」、サステイナブルな「製品」あるいはサステイナブルな「メーカーとユーザーの関係」など、いろいろなサステイナブルな「何か」がある。その「何か」は多くの場合最初は具体的な問題、解決すべき課題として私達の前に立ち現れるのでしょう。

 

Photo_20210217170301

続きを読む

東京工科大学の基本理念(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 大学の事務の人が数人の作業服の人たちと研究室の入口に。

 あのー、リネンの掛け替えに来ました

 はい、どうぞ。

あれ、リネン?この部屋にシーツやタオルとか無いよな。天井って布張りだったっけ?

 まあ、この記事のタイトルでおわかりの通り、リネン(linen)じゃなくて理念だったんですよね。

 以前から全ての教室に本学の「基本理念」が下の写真のような額に入れて掲示されていました。今回「掛け替え」が必要になったのはこの理念が更新されたからです。

_000-2

続きを読む

«坂の上の教室(江頭教授)