NHK「視点・論点」収録体験記(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 以前このブログでもこちらの記事で紹介したようにNHKの番組、「視点・論点」の収録したのですが、先日無事放送されました。というわけで今回はこの収録の体験談などを。

 「視点・論点」は10分番組でOP/EDを除く本編約9分30秒の間、出演者が一人で話をするというスタイルです。私もたまに見ることがあったのですが、その時は気にも留めていませんでした。一体この時間管理、どうやっているんだろう。

 学会の口頭発表など、時間を決めて話すという機会はたくさんあります。というか授業そのものも90分(あっ、来期から100分か)という時間制限のなかで話すのですが、それらは多少の長短はお目こぼし。でもテレビの番組となればきちんと時間管理が必要なはずです。そんなにぴったりに話せるんだろうか。

 事前のメールでの打ち合わせで何やら撮影時に原稿を見ながらしゃべれるシステムがある様なお話です。そうか、プロンプターがあってそこに原稿を流すスピードをコントロールして時間を調整するのか!それなら僕だって細川総理並みに堂々としゃべれるのでは。などと思ったのですが…。

 現場に行ってみると机の上に置いた紙の原稿がちょうどカメラの前に映し出される仕組みになっていました。ハーフミラーか何かを使うのでしょうか。仕組みはよくわかりませんが、紙原稿の映像は鮮明で読みにくいということはありません。で、スピードコントロールはどうするの、と聞くと自分で原稿をめくってくださいとのこと。意外とアナログだなぁ。そんなんで大丈夫なんですか? 皆さん結構きちんとしゃべっていかれますよ。そうか、自分は大丈夫だろうか。少々緊張してきたぞ。

 まあ、人間ですから多少の伸び縮はありますよ。エンディングで調節するから大丈夫です。

それもそうですよね。

 

Photo_20200227172501

続きを読む

実験レポートは卒業論文の練習(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 前回紹介した「実験レポート作成法」でも触れられていたのですが、学生実験で作成するレポートはだれが読むことを期待して書くのでしょうか。「実験レポート作成法」では

実験レポートは、実験について何もかも知っている先生に向けて書くものである

とされています。

 ならば、実験レポートで実験方法について説明するところは、たとえば

実験テキストp〇〇からの手順に忠実に行った

などと書けばよさそうなものです。わざわざテキストの内容をまとめなおすなんて飛んだ茶番だとしか思えない。いっそのこと

実験テキストを参考に成功裡に実験を終了しました。終わり。

でも良さそうな。どうせ結果のわかっている実験なのですから各自が体験して実感すればそれでOK。えっ、それじゃあ本当に実験したかわからないって?♪あんたの生徒を信じなさい♪

 実際のところ、学生が実験をしているところを先生は見ているわけですから、さぼっていればすぐにわかります。ちゃんと実験していることをわざわざレポートで確認する必要はないでしょう。それでも実験が成功したかどうかを確認したいのならば、実験結果のデータを提出すれば良いのでは。レポートではなくて実験の終わりに実験結果のデータを提出すれば確認できるはずですよね。

 もちろん、こんなやり方はNGです。なぜなら、表題のとおり、「実験レポートは卒業論文の練習」という位置づけがあるからです。

Document_ronbun_taba

続きを読む

書評「実験レポート作成法」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今回紹介する本は Christopher S. Lobban と MarLa Schefter の著作で Cambridge University Press から1992年に出版された

Successful Lab Reports: A Manual for Science Students

の日本語版、畠山 雄二、大森 充香 の訳による


「実験レポート作成法 」(丸善出版 2011)


です。

 本書のイントロにも述べられている通り、論文の書き方と言った本はたくさんあるのですが、理系の学生が書く実験レポートに特化したテキストは珍しいと思います。この本はまさにそこが特徴。レポートの書き方をイントロダクション(導入)から始まって材料と方法、結果、考察の様に段階を追って説明しています。

 

 

51ukyso0zl_sx349_bo1204203200_

続きを読む

NHK「視点・論点」に出演予定(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 ある日電話がかかってきて「NHKの関連会社のものですが、メールアドレスを教えて欲しい」とのこと。それでは、とお教えしたのですが、後ほどNHKから連絡があります、とか。そのままそのことは忘れていたのですが数日後にメールがやってきました。それは表題の「視点・論点」への出演依頼だったのです。

 NHKの「視点・論点」という番組、私も見た記憶あるのですが、出演者が1人で約10分間自分の意見を話す、という番組です。一部テロップや写真などが入りますが、基本はお話のみ。ごくシンプルな番組です。

 どうやら番組のプロデューサーの方がオーストラリアにおける森林火災を契機にいろいろ調べられた様で、それが我々の研究プロジェクトを知る切っ掛けになったそうです。

Photo_20200225060901 

続きを読む

令和最初の天皇誕生日、の振り替え休日(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今日(2020年2月24日)は前日の天皇誕生日が日曜日と重なったために振り替え休日となっています。本学も今日はお休み。普通のことのように思われる方がほとんどかと思いますが、私には少し感慨深い。今日はお休みなんだ!

 大学は毎週授業を行う必要がありますから月曜日や金曜日に集中する振り替え休日をまともに実施していては月曜日や金曜日の授業が遅れてしまいます。そんなわけで振り替え休日は「休日出校日」になることが多いのです。月曜日が休み、といってもあんまり休みになる気がしていなかったので少し得した気分。感慨深いなぁ。

 さて、2月23日が天皇誕生日となったのは今年からです。元号が変わると同時に天皇誕生日も移動するわけですね。

 

Hata_kokki_flag_japan

続きを読む

「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」に参加してきました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」のWEBサイトにはこうあります。

2020年 2月19日(水)・20日(木) 開催

未来は、ブランドからの“答え”を待っている。

気候変動や人権問題など、課題解決に向けた取組みが急務となっています。
そんな中、企業ブランドへ向けられる多くの要請も強いものになっているのではないでしょうか。
サステナブル・ブランド国際会議は、社会課題解決と事業戦略の統合にこそ、鍵があると考えます。
次なるイノベーションに挑むあなたに、多くのインスピレーションと新たな出会いをもたらす2日間。
是非、SDGs未来都市である横浜でサステナブル・ブランドのコミュニティと共に、未来への“答え”を見つけましょう。

どちらかというと企業が中心の国際会議という感じですが、今回は小学校から高校まで、いろいろな学校の先生たちを招待しての実施だとか。サステイナブル教育に関するセッションも複数設けられていて、その中で我々応用化学科の属する東京工科大学工学部でのサステイナブル工学教育の講演をする機会がありました。

 実は今回の講演、機械工学科の芝池教授が担当予定でしたが、体調不良とのことで私はピンチヒッターとしての参加でした。

Img_3100

続きを読む

サステイナブル工学になぜLCAが必要なのか(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学工学部の特徴のひとつ、それが「サステイナブル工学」です。「サステナブル」という言葉はそれなりに知られている言葉ですし「工学」はもっと一般的な言葉ですが、両者を併せた「サステイナブル工学」は実はかなり新しい用語でしょう。実を言えば「サステイナブル工学」という言葉は、まだいろいろな人がそれぞれにこの言葉から連想する以上の内容、共通の語義のある言葉とは言えないと思います。

 本学の工学部が設立された際に「サステイナブル工学」を我々なりに定義し、イメージが先行する「サステイナブル工学」に具体的な内容を与えたい、そう考えたときに基本となったのは「三つのP」すなわち「Planet(地球環境との調和)、People(生活の質の向上)、Prosperity(経済の活性化)という三つの視点を同時に考慮してバランスをとる」という考え方です。

 もともと工学には二つのP、つまり「People(生活の質の向上)、Prosperity(経済の活性化)」のバランスをとる、という考え方がありました。簡単に言えば「より良い製品をより安く」供給するのが工学の役割。そこにもう一つのP、「Planet(地球環境との調和)」を加えようというコンセプトです。



Photo_20200220091501

続きを読む

応用化学科懇親会@秀栄(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 2月の18日、我々応用化学科をはじめとして、本学のどの学部も後期の授業を終え、成績評価も終了。卒業研究の発表会も終わってすこしのんびりできる時期です。

 さて、そんなタイミングを狙って学科の、正確には学科の教員の懇親会を行いました。前回は「鵜飼い鳥山」前々回は「ひな鳥山」という店で行ったのですが、今回は八王子駅近くで交通の便もよい「秀栄」というお店での開催となりました。

Img_3098

続きを読む

全学教職員会「大学における就職支援について」が開催されました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学では月に一度、八王子キャンパス、蒲田キャンパスを通信で結んで「全学教職員会」と称した講習会を開いています。(この「全学教職員会」についてはこのページでも紹介しています。)今回のテーマは「就職支援」。法政大学のキャリアデザイン学部、坂爪洋美教授を講師にお迎えしました。

 今年の4月に就職する新卒の人たちの就職活動のスケジュールをリクルート社の調査結果などに基づいて具体的に説明していただいた後に、来年の就職で予測されるスケジュール、インターンシップの位置づけ、最近の学生諸君の傾向などを手際よく説明していただきました。

 「学生のエントリーシートを添削してみては」というご提案もあり、数年前の本学の就職部長の矢野先生からのアドバイスとも一致していて、ここ数年就職をめぐる状況がどんどん変わっているなかでも基本的なところは不変なのだな、とも感じました。

Img_3095

今回のオープニングは本学の大山副学長でした。

続きを読む

オーストラリアのETAを申請してみた(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 オーストラリアへの渡航にはETAが必要です。以前の記事でも紹介したのですがETAとは「オーストラリアへの渡航許可」のこと。昔は大使館から紙の書類を発行してもらっていましたが今は電子化されていてElectronic Travel Authority、略して「ETA」と呼ばれています。

 そろそろオーストラリアに出張の予定なのですが、ETAの有効期限は1年間。前回取得したETAは昨年9月の出張の初日で期限切れになったので、今回はちゃんと新しくETAを発行してもらわなくては。

 そう思って手続きのページを開くと「重要なお知らせ」という項目が。

中国に滞在されている方は、2020年2月1日よりコロナウイルスの拡散を最小限に抑えるために新しく実施される厳格な渡航制限のため、電子渡航許可(ETA)の申請をすることができません。より詳しい情報は、新型コロナウイルスをご覧下さい。

うーん。コロナウイルス騒ぎは自分からは縁遠い話だと思っていたのですが、こんなところにも影響が出ているのですね。私自身は中国を対象地とした研究はしていませんから問題無く申請を受け付けてもらえました。

 とはいえ、コロナウイルスは日本にも侵入している様子ですから、私がオーストリアに出発するときにはどのような状況になっているのやら。

Photo_20200216223001

続きを読む

«乾燥地に植林する方法(江頭教授)