風力発電だけで日本のエネルギーをまかなえるのか?その3(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「風力発電だけで日本のエネルギーをまかなえるのか?」について考えるこのシリーズ、その1その2につづいて今回で三回目となりました。「NEDO 再生可能エネルギー技術白書 第2版 ―再生可能エネルギー普及拡大にむけて克服すべき課題と処方箋―」に示された「導入ポテンシャル」に基づいて「陸上風力発電では日本のエネルギー需要(2017年度)の2割程度の発電しかできない」が、「洋上風力発電では日本のエネルギー需要以上の発電量が期待できる」という結果を示しました。でも「導入ポテンシャル 」ではなく「導入可能量」のデータをみると必ずしも…、というところで前回は終わっているのですが、今回は少し別の角度から風力発電の未来について考えてみましょう。

 今回の元ネタは「一般社団法人 日本風力発電協会」が公開している「風力発電導入ロードマップ:ビジョン」という資料です。

 2050年までの長期の目標として設備容量で7,500万kW (75 GW) 以上 発電量で 約1,880億kWh/年(21GW) という目標を掲げています。

Img_loadmap

続きを読む

風力発電だけで日本のエネルギーをまかなえるのか?その2(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「太陽電池だけで日本のエネルギーをまかなえるのか?」(その1その2その3番外編)と題して太陽電池の可能性について紹介しましたが、前回からは風力発電について同様に「風力発電だけで日本のエネルギーをまかなえるのか?」について考えています。

 前回は陸上風力発電について、「NEDO 再生可能エネルギー技術白書 第2版 ―再生可能エネルギー普及拡大にむけて克服すべき課題と処方箋―」に紹介されているポテンシャルの推計データをもとに「設備容量としては290GW(経済産業省)か280GW(環境省)と大きい」のですが「発電量はそれぞれ 80 GW、67GW 」となり「やはり日本のエネルギーをまかなうには足りない」ことを示しました。国土面積が小さく山が多くて平地の少ない日本ではよい風の吹く場所が少ないのでしょうか。

 実はさらっと「陸上風力発電」のポテンシャル、と書いたのですが風力発電にはもう一つの大きな領域、すなわち洋上風力発電もあります。今回はこの「洋上風力発電」のポテンシャルについえ考えていましょう。日本の陸地は狭いですが海は広い。海上では風を遮るものも少ないことを考えると有望そうですね。

 以下の図が再生可能エネルギー技術白書に示された「洋上風力発電」のポテンシャル。前回の陸上風力発電にくらべると文字通りけた違いに景気の良い数字が並んでいます

Photo_20191015163601

 前回同様、まずは設備容量の導入ポテンシャルから。経済産業省は15億kW、環境省は16億kWと推計しています。それぞれ、1500GWと1600GW。以前紹介した日本の一次エネルギー国内供給635 GWと余裕で上回っています。

 以上は設備容量のはなし。では発電量をみてみましょう。

続きを読む

風力発電だけで日本のエネルギーをまかなえるのか?その1(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 以前このブログで「太陽電池だけで日本のエネルギーをまかなえるのか?」(その1その2その3番外編)と題して太陽電池の可能性について紹介しました。今回は風力発電について、同様の考察をしてみたいと思います。

 まず、元ネタから。今回は「NEDO 再生可能エネルギー技術白書 第2版 ―再生可能エネルギー普及拡大にむけて克服すべき課題と処方箋―」からのデータを紹介しましょう。クレジットは「独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構[編]」となっています。2014年2月、森北出版から書籍版が出ていますがNEDOのWEBサイトから電子版がダウンロードできます。

 さて、この報告書で風力発電のポテンシャルはどう評価されているのでしょうか。まとめの表を以下に引用しました。

Photo_20191014152401

 表には経済産業省の見積もりと環境省の見積もりが併記されています。経済産業省の見積もりが二つあるのはポテンシャル推計の前提に違いがあるからです。環境省の見積もりと経済産業省の大きい方の見積もりがほぼ同じ値となっていますから、こちらを前提として考えてみましょう。

 導入ポテンシャルは経済産業省は2億9000万kW、環境省は2億8000万kWとなっています。つまり、290GWか280GWとなります。以前紹介した日本の一次エネルギー国内供給635 GWと比べると半分弱と、それなりの値です。

 さて、以上の議論は設備容量のお話。次はより実用に近い発電量として比較してみましょう。

続きを読む

台風一過の八王子キャンパス2019年度版(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 10月12日、今年最大級の台風といわれる台風19号によって関東を含め日本の多くの地域で大雨が降りました。我々、応用化学科がある東京工科大学八王子キャンパスもその影響を受けました。

 下の図、真っ赤で何かわからないかもしれませんが、12日19:55のレーダーによる降雨状況を示すアプリの表示です。降雨速度が全領域で30mm/h以上の赤表示。下の地図が見えないのですがかろうじて「東京工科大学・八王子キャンパス」の文字が見えています。別にキャンパスに泊まったわけではありませんが、大学キャンパスの比較的近くに家があるので天気の様子が分かりました。今回の台風、雨は激しかったのですが、風は恐れていたほどには激しくなかったように思います。翌13日に入ったころには台風による風雨も落ち着いたようで安心して就寝することができました。

Img_2928

 さて、翌日です。近所に住んでいるメリットを生かして徒歩で八王子キャンパスに行ってみました。

続きを読む

[訂正あり][追加情報]今週末(10月14日)に学園祭(紅華祭)が開催されます(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 以下の記事の内容は10月11日、10:00の情報に基づくものです。現在(11日 17:00)には状況が変わって以下の様に、

台風19号接近にともない、10月13日(日)14日(月・祝)に予定されている紅華祭は、JR東日本の計画運休にともない、13日(日)の開催を中止し、14日(月・祝)のみの開催とします。ただし、準備時間不足により、縮小開催となりますことをご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

14日のみの開催となりました。

 13日のイベントは全て中止となりましたので、この日に計画していた本学科の第1回同窓会も中止となってしまいました。台風が原因では仕方ないこととは言えとても残念です。

 

 本学の学園祭、「紅華祭」(コウカサイと読みます。工科大学にかけたネーミングですね。)、今年は今週末の13日、14日に行われます。

 と、先日書いたところなのですが今週末はまさに台風19号がやってくるとの予想です。さて、どうなることかと思っていたのですが、以下の様な判断となりました。

台風19号接近にともない、10月13日(日)14日(月・祝)に予定されている紅華祭は、13日(日)午前を準備とし、順次開催とする、縮小開催にいたしますが、午前11時の時点で、JR横浜線または、中央線が運休している場合、多くのイベントが、中止となります。

14日(月・祝)には、通常の開催ができるようにいたしますが、天候や交通状況により、準備の遅れ等が予想されますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

詳しくは紅華祭のホームページをみていただくとして、13日の日曜日には台風が去ることを期待しての縮小開催となりました。

 

Photo_20191010153701

続きを読む

ロケ地としての東京工科大学八王子キャンパス その2(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

(以下の記事の内容は今年の8月の出来事についてです。従って写真も8月に撮影したものです。)

 我々工学部応用化学科は本学八王子キャンパスの正門近くにある大きな建物、片柳研究棟にあります。八王子キャンパスにはもう一つ大きな建物群があり、両者の間は少々距離のある坂道でつながっています。

 さて、片柳研究棟とは反対側の建物群の脇にはプールがあります。「えっ、大学でもプールの授業があるの?」と思った人もいらっしゃるかも。でもこのプールを授業で使うのは専門学校で、大学で利用するのは水泳部くらいです。

 では、水泳部と専門学校だけが利用者か、というとそういうわけでもありません。高校の水泳大会などで多くの高校生が集まってくることもありますから、このプールは外部に貸し出されることもあるのですね。 

 先日(とは言え8月のことです)このプールのそばを歩いていると何やら見慣れないものがプールの中にある様な。

 

Img_2660

アップにしてみましょう。プールの中にやぐらが建ててあるのです。

Img_2659

これは一体...。補修工事でも始まるのでしょうか?

続きを読む

今週末(10月13日、14日)に学園祭(紅華祭)が開催されます(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「読書の秋」「スポーツの秋」など、いろいろな表現がありますが、日本人にとって秋はやっぱり収穫の季節なのでしょう。秋には収穫を祝うお祭りが行われていた、その伝統を引き継いでいろいろな大学の学園祭も秋に行われるものが多いのではないでしょうか

 本学の学園祭、「紅華祭」(コウカサイと読みます。工科大学にかけたネーミングですね。)の開催も秋に。今年は今週末の13日、14日に行われます。

 今年も応用化学科の有志による発表が予定されています。片柳研究棟7階、応用化学科の学生実験室を利用して実験ありの展示を行う計画です。オープンキャンパスとはまた違った形で大学とその施設を見るチャンスです。是非、ご来場ください。

Photo_20191009092701

続きを読む

太陽電池だけで日本のエネルギーをまかなえるのか?番外編(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 ここ数回、「太陽電池だけで日本のエネルギーをまかなえるのか?」と題して「平成22年度 再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査報告書」を元に考えてきました。前回で一応、「非住宅系の建設物への太陽光パネルの設置のポテンシャルは設備容量で150GW程度と大きいが、発電能力は15GW程度。日本で消費されているエネルギー424GWと比較すると見劣りする。つまり、太陽電池だけで日本のエネルギーをまかなうことはできそうもない。」という結論を示したのですが、今回は別の資料を元に同様の考察をしてみたいと思います。

 今回の元ネタは一般社団法人「太陽光発電協会」が公表している「JPEA PV OUTLOOK 2050 “太陽光発電 2050 年の黎明”」という資料です。ここで示されている導入量予測は「ポテンシャル」よりは現実的な数値ではあるものの、2050年というやや遠い未来への展望でもあるため理想的なシナリオに基づく予測、という位置づけになると思います。

 この2050年のビジョンを検討するまえに、まず現状としてあげられている2015年のデータを見てみましょう。

Photo_20191007191201

 2015年時点でに導入された累積稼働容量は32GWとかなりの数値です。ただ、発電量は 343億kWh(正確にはkWh/y)であり、単位を換算すると約4GWとなります。日本の全エネルギー消費に比べると約1%。まだまだ少ないことが分かります。

 

続きを読む

太陽電池だけで日本のエネルギーをまかなえるのか?その3(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 前々回前回と「太陽電池だけで日本のエネルギーをまかなえるのか?」について「平成22年度 再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査報告書」を元に考えてきました。今回はこの話に一応の結論を出したいと思います。

 まず最初に注意書きをしておきましょう。この話、はじめにでた結論があとでひっくり返る形になっています。結論については、必ず最後まで読んでから判断してください。

 さて前回までで、この調査報告書の「レベル3」の「導入ポテンシャル」がいわゆる限界まで太陽光を導入したケースだとみなす、という結論になっていたかと思います。報告書にはもちろん、その結果の数値が示されています。

 図には公共施設系の結果がまとめられていますが、数が多いのでしょうか、学校がダントツの数値をだしていて、レベル3で1,600越え。表からデータを拾うと1,679.21となっています。単位は万kWですから17GWです。

 他のカテゴリーで大きいもを観てゆくと工場25GW、最終処分場11GWなどがありますが、大物は耕作放棄地で70GWとなっています。全部合計すると 149GW に達します。

 以前紹介したエネルギー白書のデータでは日本が使っているエネルギーは一次エネルギー基準で635GW、最終消費エネルギーでは 424GW となっています。149GWでは足りないと言えば足りないのですが、それなりの存在感のある数値ですね。

 はい、では最初の注意書きとおり、ここで結論をひっくり返すことにしましょう。

Photo_20191006195001

続きを読む

太陽電池だけで日本のエネルギーをまかなえるのか?その2(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今回のお題は前回から引き続き「太陽電池だけで日本のエネルギーをまかなえるのか?」です。環境省の委託事業の報告書「平成22年度 再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査報告書」の導入ポテンシャルのデータに基づいて考えてみよう、というお話です。

 さて、この報告書で試算の対象となっているのは大きく分けて「公共系建物」、「発電所・工場・流通施設」、「低・未利用地」の三つのカテゴリーとなっています。住宅が含まれていない点には注意が必要です。調査の方法はそれぞれのカテゴリーを細かく分類して、その代表例となる様な具体的な施設を選定、そこに太陽光発電を導入することを想定して太陽エネルギーパネルの配置図を作成してみる、というなかなか手の込んだものです。図は小学校にパネルを配置した例。小学校はこの調査では公共系建物のサブカテゴリー「学校」に分類されている施設となります。

 図中、青、黄色、赤に色分けされているのはレベル1~3に対応したパネルの設置場所です。青はレベル1の設置場所で、設置しやすいところ。赤はレベル3で設置面積を大きくするために積極的にパネルを配置することを想定しています。黄色はレベル2で、これはレベル1と3の中間です。

Photo_20191004084801

 

続きを読む

«太陽電池だけで日本のエネルギーをまかなえるのか?その1(江頭教授)