« 化学の基本は実験にあり(森本講師) | トップページ | 大学院のすすめ-1 「大学院へ行くことのメリット」(片桐教授) »

学生実験をみてみよう その1「ペーパークロマト」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

Fig1

 本学工学部応用化学科に4月から入学した1年生の学生実験「工学基礎実験Ⅰ(C)」の実験風景を紹介しましょう。

 まずは「ペーパークロマト」の実験。正式にはペーパークロマトグラフ、あるいはペーパークロマトグラフィーです。クロマトグラフィーはいままでの記事でも簡単に紹介されていますが、物質の分離や精製の方法として化学の実験では良く用いられるものです。ペーパークロマトは紙を用いてクロマトグラフィーを分かり易く可視化したものです。
 写真は乾燥したろ紙にしみ込みながら上昇してゆく溶媒によって混合された複数の金属イオンが分離していく様子です。

Fig2_2

 溶媒がろ紙に吸い上げられてゆく速度を測定します。後ろから照らすとろ紙のぬれている境界がはっきり見えるとか。誰かの工夫があっという間にみんなに共有されていました。

Fig3_2

 クロマトを行ったあと、ろ紙を乾燥させて発色剤を吹きかけて、それぞれのイオンがどの程度移動したかを比較します。一人一人、溶媒の組成を変えて実験し、その結果を交換して結果を考察します。

江頭 靖幸

« 化学の基本は実験にあり(森本講師) | トップページ | 大学院のすすめ-1 「大学院へ行くことのメリット」(片桐教授) »

授業・学生生活」カテゴリの記事