« コーオプ実習(トライアル)の事例発表会・交流会(笹岡コーオプセンター長) | トップページ | 講義 「有機化学1」 第4回目の講義から-1 配座異性体、アトロープ異性体の話(片桐教授) »

学生実験をみてみよう(第2期) その7「高分子合成の初歩」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 プラスチックは化学産業の代表的な製品のひとつであり、今では人々の生活に不可欠な材料となっています。今回の学生実験ではプラスチックを合成する反応、数多くの小さな分子を合体させて巨大な分子、高分子、を作る反応、つまり「高分子の重合」がテーマです。

 高分子重合の実験の見た目はこんな感じ。「液体を量りとる」「別の液体を量って加える」「また別の液体を量って加える」「液体をよく混ぜて小分けにする」「それぞれの液にさらに別の液体を加える」。うーん、化学の実験のかなりの部分は大体こんな見た目です。ただ、今回の実験では下の写真の「再沈殿」の作業で大きな分子が出来ていることが分かります。

Photo_4

 今回の実験ではスチレンを重合させてポリスチレンを合成しています。スチレンのモノマーの液相で生じたプリスチレンを回収するためにメタノールの中に反応溶液を投入するとメタノール中に溶けていられないポリスチレンが白い濁りとして分離されてくる様子を観察することができます。

 もちろん、白い濁りの正体は目視だけでは分かりません。本学の応用化学科の実験室には赤外分光光度計(通称IR)が設置されていますから、IRスペクトルを測定して生じた固体を分析します。赤外線に対して透明なKBr(臭化カリウム)と合成したサンプルを混合、プレスして錠剤型に整形して測定します。

Photo_3

 化学の研究で行う作業と用いる装置は多岐にわたっています。学生諸君にはこの機会に赤外吸収の原理も学んで欲しいところです。

江頭 靖幸

« コーオプ実習(トライアル)の事例発表会・交流会(笹岡コーオプセンター長) | トップページ | 講義 「有機化学1」 第4回目の講義から-1 配座異性体、アトロープ異性体の話(片桐教授) »

授業・学生生活」カテゴリの記事