« 講義 「有機化学1」 第10回目の講義から-3 Pure SN2反応の例 片桐の仕事から(片桐教授) | トップページ | 講義 「有機化学1」 第10回目の講義から-4 付加と脱離を分けるもの=エントロピー効果(片桐教授) »

スマホの気象情報は当てにはならない?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先日、学生さんと一緒に山梨市環境センターにあるバイオマス利用のための施設を訪問しました。(バイオマスのお話はまた別の機会に。)

 山梨市は本学のキャンパスがある八王子から1時間半ほど。移動中に何気なくスマホで山梨市の気象情報を調べると、なんと山梨市は「気温 -4℃」とあるのです!

 これは大変だ、もっと暖かい服装をして来るべきだった。それにしても聞きしに勝る山梨の寒さ、と思ったのですが念のため、Yahooの天気コーナーを見ると今度は「気温 4℃」。あれっ、マイナスはどこ行ったの?それほど寒くないじゃん、などと言っているうちに電車は山梨市に到着。外にでると…。

Photo

 これで氷点下ってことはないよね。寒くない、というか結構暖かいかも。「気温 -4℃」ってことは絶対無い。むしろ「気温 4℃」というのも本当だろうか?

 さて、日本では気象に関するかなり細かいデータが継続的に測定されていて、その結果には誰でも簡単にアクセスすることができます。気象庁のアメダスのページから甲信地方、山梨県のアメダス観測点を探すと山梨市にはありませんが、比較的近くの勝沼に観測点がありました。該当する日時の気象データをみると、「気温 6.1℃」とありました。

 スマホのアプリ(iPhoneにプリインストールされていたものですが…)の気象情報は予想値なので、多少の差異があるのは仕方がないとこなのでしょう。でも、それにしても差が大きいですね。「ネットは広大」で情報にあふれていますが、やはり玉石混淆。信頼性については常に気をつける必要がある、ということを再認識させられた出来事でした。

江頭 靖幸

« 講義 「有機化学1」 第10回目の講義から-3 Pure SN2反応の例 片桐の仕事から(片桐教授) | トップページ | 講義 「有機化学1」 第10回目の講義から-4 付加と脱離を分けるもの=エントロピー効果(片桐教授) »

日記 コラム つぶやき」カテゴリの記事