« 「安全工学」の講義 第14回 環境への配慮(1) 一般廃棄物と産業廃棄物(片桐教授) | トップページ | 「安全工学」の講義 第14回 環境への配慮(2) ゴミの分類はローカルルールで(片桐教授) »

工科大学の冬休み(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「はて、大学は二期制なので春休みと夏休みしかないのでは?」と思った人、あなたは鋭い。

 確かにそうですね。冬休みというよりはお正月休みでしょうか。とにかく、本学も年末年始のお休みに入ります。

 授業はすでに12月26日の月曜日で年内の授業を終了しましたが、大学の仕事納めは本日、28日の予定です。スクールバスも休業し、八王子キャンパスは本格的な休業状態になります。

 新年に入ると1月5日に大学は再開。授業も6日の金曜日から再スタートします。

Katakenxga

 大学としては約一週間のお休み、授業を受けている1,2年生諸君にとっては10日間の比較的長期のお休みなので正月休みというよりも冬休みという言葉の方があっているのではないでしょうか。大学の授業は規則正しく進むもので、それに合わせて規則正しい生活を送る、それがもちろん理想的なのですが、やはり15週間は長い。リフレッシュしたり、たまってきた遅れを取り戻したり、まとまった休みがあるのはありがたいことではないかと思います。

 もちろん、お正月には去ってゆく年を振り返り、新年を迎えて新たな気持ちで新年を迎える、という意義もあります。今年も残りあとわずかですが、皆さんも新年向けて有意義にお過ごしください。

江頭 靖幸

« 「安全工学」の講義 第14回 環境への配慮(1) 一般廃棄物と産業廃棄物(片桐教授) | トップページ | 「安全工学」の講義 第14回 環境への配慮(2) ゴミの分類はローカルルールで(片桐教授) »

イベント」カテゴリの記事