« 大学院の勧め-4(片桐教授) | トップページ | 紅華祭(学園祭)が開催されます(江頭教授) »

工学部長賞表彰式(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学の学生に対する表彰制度、学長賞・学部長賞についてはこのブログでもこちらの記事で紹介しました。学長賞は成績優秀な学生に対する表彰制度ですが、学部長賞はすこし違った視点から表彰者を選びます。個人またはグループが対象で、各学部がそれぞれの学部の特性に応じた選考基準を設けることができます。応用化学科は工学部なので、本学科の学生は「工学部長賞」の対象者となります。

 昨日(10月4日)、本年度の三年生に対する工学部長賞の表彰式が行われました。工学部の学部長賞、三年生に対する表彰は「地域連携課題」(こちらこちらの記事を参照してください)を審査の対象としてグループを表彰する形式です。

Img_1480

 この「地域連携課題」の授業はコーオプ実習での企業実習とペアになる授業です。半分の学生が学外で実習を行っている間、大学に残っている学生が行うグループワークなので、応用化学科、そして電気電子工学科の場合は3年前期の活動の成果が後期に表彰されるかたちです。一方で2年後期にコーオプ実習と地域連携課題が実施される機械工学科の学生さんたちは表彰まで少し間があることになります。

 表彰された学生諸君には副賞として賞金もでるとのこと。もっとも、学部長賞の奨励金のように「10の5乗のオーダー」というほどではありません。とは言え、履歴書にも記載できるれっきとした表彰ですし、何より自分達の活動が評価されることはプライスレスな喜びではないかと思います。

江頭 靖幸

« 大学院の勧め-4(片桐教授) | トップページ | 紅華祭(学園祭)が開催されます(江頭教授) »

授業・学生生活」カテゴリの記事