« ハラスメントに関する講習会が開かれました。(江頭教授) | トップページ | 早朝のキャンパス(片桐教授) »

いちょう並木(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 今秋は晴れの日が少ない。太陽光が足りない。

「もっと光を! Mehr Licht!

はゲーテの最後の言葉だったそうですね。日照不足のためか、今年の木々の紅葉の鮮やかさはいまひとつだ。

 それでも、今朝(11月2日)の本部棟前のイチョウは鮮やかな黄色で出迎えてくれた。目の覚めるような黄色だ。研究棟Aと厚生棟と片柳研究棟の隙間から差し込む朝日はまるでスポットライトのように3本のイチョウを照らしている。

Pic

面白いことに、片柳棟の影になって、その朝日の当たらないイチョウはまだ青々としている。朝日のあたる下の方の枝だけは黄色く色づいている。

Pic_2

どうやら、イチョウの紅葉と日当りはそれなりに関係しているようだ。

 そのような視点で見ると、正門から本部棟のイチョウ並木も、東南側の木はすでに落葉している一方で、正門側の木はまだ緑を保っている。

片桐 利真

« ハラスメントに関する講習会が開かれました。(江頭教授) | トップページ | 早朝のキャンパス(片桐教授) »

日記 コラム つぶやき」カテゴリの記事