« 失敗のすすめ(片桐教授) | トップページ | エネルギー消費と温室効果ガス(江頭教授) »

経済成長と温室効果ガス(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 日本が排出している温暖化ガスはどのぐらいなのか。先日のこの記事で2016年度の値(少し前ですが、データの最新版はこの年度のものです)が二酸化炭素換算で13億700万トンであったこと、2013年度をピークとして3年度連続で減少している事を紹介しました。

 今回は日本の同じ期間のGDP(国内総生産)の推移を見てみましょう。内閣府のホームページにはズバリ「国民経済計算(GDP統計)」と題するページがあり、いろいろなデーターをダウンロードすることができます。それに基づいて、実質GDPの値をグラフ化したのが以下の図です。

Photo

 まず、縦軸の原点が0になっていない事をお断りしておきましょう。大体の変動幅は2005年から2017年度まででやく10%程度。温室効果ガスの排出量も同じく10%程度の変動幅ですから、細かい変化をみるために変動部分を目立たせる様なプロットになっています。

 さて、GDPと温室効果ガスの排出量のグラフを比べてみましょう。

 まず、2008年からはじまるリーマンショックの影響をチェックしてみます。

 2008年度から翌2009年度にかけてGDPの落ち込みが確認できます。温室効果ガスの排出量にも同様の変化がみられ、この時期の経済危機に際してはGDPと温室効果ガスの排出量がリンクしていることが分かります。

 これと対比して最近の、つまり2016年度までの様子を見てみると、GDPは2014年度からずっと上昇傾向にあることがわかります。その一方で温室効果ガスの排出量は2013年度から減少していますから、2014年度から2016年度にかけて、GDPが上昇しても温室効果ガスの排出量が減少する状態が実現されていることがわかります。

 温室効果ガスの排出には化石エネルギーの利用が大きな割合を占めているので、エネルギーの使用量が増えることで増加する。経済成長にはエネルギー利用の増加がともなうので経済成長には温室効果ガスの排出量の増加がともなう、これは今まで一般的に正しいと考えられていたのですが、最近の日本のデータではすでに成り立たないことが示されています。経済成長をしながら温室効果ガスを削減することは可能なのだ、それが実際のデータとして示されていることは、私にとっては感慨深いことですね。

江頭 靖幸

« 失敗のすすめ(片桐教授) | トップページ | エネルギー消費と温室効果ガス(江頭教授) »

解説」カテゴリの記事