« 試験会場としての八王子キャンパス-漢字検定-(江頭教授) | トップページ | 卒業論文発表会 第1日目を終えて(江頭教授) »

卒業論文発表会(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 とうとうこの日が来ました。本日(2019年2月5日)から我々応用化学科、1期生の卒業論文発表会が開催されます。

 応用化学科は学生数が比較的少ないので、学生の発表を聞くことができるパラレスセッション無しのスケジュールとなっています。各学生には主査の他に副査が2名つき、発表を聞きながらWEB上の評価を記載してゆきますが、会場でのディスカッションはオープンですから、発表会の議論を通じて卒業論文の改訂を行い、その改訂版が正式な卒業論文となります。

52_2

 学生諸君にとって、今日は1年間の卒業研究(「創成課題」という授業での準備期間も入れると2年近く)の成果を発表する晴れの舞台です。自信を持って発表できる人、悔いの残る人、人それぞれなのは他の授業も同じですが、個々人が独立して行う卒業研究では自分の努力が直接結果となって目の前に現れるのです。これは、社会に出ても、あるいは大学院にすすんでも同じ事。授業という作られた箱庭での体験から本当の社会での経験への橋渡し、それが卒業研究なのでしょう。

 思えば東京工科大学に工学部ができて4年。とうとう第一期生の卒業の時期が近づいています。

 このところ4年生がらみのイベントは何があっても「感無量」なのですが、卒業論文発表会はそのなかでも最大のビッグイベントですね。

江頭 靖幸

« 試験会場としての八王子キャンパス-漢字検定-(江頭教授) | トップページ | 卒業論文発表会 第1日目を終えて(江頭教授) »

授業・学生生活」カテゴリの記事