« 春のガイダンス ― 新入生編(江頭教授) | トップページ | 今日(4月8日)から授業が始まります(江頭教授) »

東京工科大学入学式 2019(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

4月4日に東京工科大学の入学式が行われました。

 入学式の会場は本学の蒲田キャンパスの地下アリーナです。今回の入学式も卒業式のときと同様、大学のすべての学部の新入生が参加しました。デザイン学部、医療保健学部の新入生は蒲田キャンパスに、メディア学部、コンピュータサイエンス学部、応用生物学部、そしてわれわれの工学部の学生は八王子キャンパスに通うのですが、この入学式と卒業式のときばかりは全学部が一同に会するのです。本学では「入学式は蒲田」「卒業式は八王子」と二つのキャンパスで実施されることになっているので、本学の学生はどちらのキャンパスも一度は訪れる、ということになります。

 新入生が蒲田キャンパスに全員集合しているので、我々教員も全員集合です。工学部の教員もこの日には八王子キャンパスではなく蒲田キャンパスに出勤します。

 さて、入学式は本学の理事長の挨拶からはじまりました。

 

 蒲田の地で設立された片柳学園の成り立ちから説き起こし、現在の社会の変化に対応できる人間を目指すべし、というお話。途中で言及された「大学は定額制なので利用すればするほど得になる」というお話も面白かったですね。

 続いて学長からの挨拶では本学の構成、現代の社会の変化と本学の取り組みの紹介、そして大学での教育の理念を明文化したアドミッションポリシー(入学者受入の方針)、カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)、ディプロマポリシー(学位授与の方針)について説明されました。

 恒例の千葉理事長の挨拶、軽部学長からの挨拶に続き、本年度の来賓、元東京農工大学総長で現早稲田大学教授の松永 是 先生からのお言葉をいただきました。

 この様子、実はインターネットで中継されていました。動画は今でも見ることができるので興味のある方は上の図をクリックしてみてください。

 さて、今年度から本学の大学院に「サステイナブル工学専攻」が開設されました。これは本学工学部に対応するもので、われわれ応用化学科の1期生からも多くの学生諸君が進学してくれました。大学院に進学すると1年生からやり直しですから、彼らも立派な新入生です。今年度入学する応用化学科第5期生と一緒に「サステイナブル工学専攻」第一期生も参加した入学式でした。

江頭 靖幸

« 春のガイダンス ― 新入生編(江頭教授) | トップページ | 今日(4月8日)から授業が始まります(江頭教授) »