« 春のガイダンス ― 在学生編(江頭教授) | トップページ | 東京工科大学入学式 2019(江頭教授) »

春のガイダンス ― 新入生編(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 春は始まりの季節、本学の工学部応用化学科に入学を決めた皆さんも昨日4月1日から八王子キャンパスに来はじめています。初日は入学手続き、2日にはノートPCセットアップの講習会などがありましたが、今日4月3日は学部でガイダンスが行われました。

 学部長の挨拶からスタートしたガイダンス、一番ボリュームがあるのは教務委員長のよる履修関係のガイダンスです。

 大学を卒業するには所定の単位を取得する必要があります。

「単位?単位って何の単位?」

 単位を取得するには授業をうけて試験に合格する必要があります。

「あっ、授業をうけるともらえるんだ。」

 授業を受けるためには時間割を決めて履修登録をする必要があります。

「えっ?履修登録ってなに?時間割は決まってないの?授業は選択できるものもあるそうだけど、どうやって決めたら良いんだろう...。」

たっぷり時間をかけてこの辺りを説明します。

 そのあともガイダンスは盛りだくさん。学生生活のこと、インターネットのリテラシー、本学のハラスメント対策など。それに海外研修プログラム、資格試験の情報、そして大学院の勧めなど。

 たくさんの情報に最初は戸惑うこともあるかも知れませんが、まずは授業のスタートに乗り遅れないこと。そして追々慣れていってもらえば良い、という所でしょうか。

Img_2463

 写真の様にガイダンスで既に表彰される1年生も。

 これは「入学前準備学習」の優秀者表彰。「入学前準備学習」についてはまたいずれご紹介しましょう。

 午前中のガイダンスが終わると新入生諸君には試験を受けてもらうことに。英語と数学。試験の結果でクラス編成を決めることになります。

 さて、試験が終わるとなにやら不穏なアナウンスが。

「ただいま地震が発生しました...。」

 

Img_2464

 これ、避難訓練のアナウンスなのです。教員の指示のもと建物をでて学科毎に人数を確認します。他学部の1年生も併せて八王子キャンパスの全1年生が集合。立ち会ってくださっている消防署の方からコメントをもらうと訓練終了、そしてガイダンスも終了しました。

江頭 靖幸

« 春のガイダンス ― 在学生編(江頭教授) | トップページ | 東京工科大学入学式 2019(江頭教授) »

授業・学生生活」カテゴリの記事