« 東京工科大学入学式 2019(江頭教授) | トップページ | 大学院博士後期課程のすすめ-1 博士後期課程は前期課程とまた違います(片桐教授) »

今日(4月8日)から授業が始まります(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学八王子キャンパスでは今日(4月8日)から前期の授業が開始されます。これから15週間、キャンパスにまた賑やかな日々が戻ってくることになります。

 私たち応用化学科の新入生の皆さんは入学式から学部ガイダンス、学科ガイダンス、IT講習会と続き、もう授業が始まったように感じているかも知れません。でも本当の授業は今日から。二年生、三年生、そして四年生にもガイダンスがありましたが彼らにとってはすでに勝手知ったる大学の授業、というところでしょうか。

 私の担当する授業では、月曜日1限から2年生対象のサステイナブル工学基礎」の授業がスタートします。

 この「サステイナブル工学基礎」の授業は本学工学部初の全学科合同の授業です。応用化学科2年生の学生さんは機械工学科、電気電子工学科の学生さん達と一緒にこの授業に参加します。総勢約300人が同じ授業を受けるので会場も大きなホールを使う事になりました。
52_2

 この授業につづく「サステイナブル工学実習」、3年生の授業ですがこれは火曜日の授業。ここでは一人一人が行う演習でサステイナブル工学の基本となるLCA(ライフサイクル分析)の手法を身につけ、それに続く「サステイナブル工学プロジェクト演習」。これは後期の授業ですが、学科の枠を超えたグループワークを行います。サステイナブル工学の観点からいろいろな工業製品を評価する、それが「サステイナブル工学プロジェクト演習」の課題です。同時に、それぞれ専門分野の違う学生さんがグループとなり、協力し合って1つのテーマを探求する、というリアルなグループワークの場を経験してもらうことも期待しています。

 今日の授業はその第一歩。今日の授業で隣に座った他学科の学生さんと将来チームを組むことになるかも知れませんね。

 

 

江頭 靖幸

« 東京工科大学入学式 2019(江頭教授) | トップページ | 大学院博士後期課程のすすめ-1 博士後期課程は前期課程とまた違います(片桐教授) »