« おもちゃとしての水銀(江頭教授) | トップページ | サステイナブル工学基礎 学内施設見学(2019年度)(江頭教授) »

八王子みなみ野駅からの通学路(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学に入学した学生さんたちのほとんどはスクールバスを利用して通学しています。八王子キャンパスへのスクールバスは2系統。一つは八王子駅南口から。もう一つは八王子みなみ野駅からのルートです。
 八王子駅から大学まではそれなりの距離がありますが、八王子みなみ野駅は本学の最寄駅ですから大学まで歩くこともそれほど大変なことではありません。では実際に八王子みなみ野駅と大学はどのくらい離れているのでしょうか。

 下の図は駅と大学周辺の航空写真で、赤いラインが通学する経路になります。八王子みなみ野駅の改札をスタートして、ゴールは本学科がある片柳研究棟の入り口としました。この距離を測ってみると1.45km。徒歩で20分弱といったところでしょうか。若い学生さんたちなら普通に歩ける距離だと思いますが、もちろん皆さん駅に住んでいるわけではありません。八王子みなみ野まで行程によってはスクールバスは必須かもしれません。

Photo_7

 さて、この計算には一つ注意点があります。さきほど「ゴールは本学科がある片柳研究棟の入り口としました。」と書いたのですが、実はスクールバスの到着場所は厚生棟なのです。

Photo_8

 厚生棟と片柳研究棟の移動距離は350mくらい。歩いて4~5分の距離ですからスクールバスにより時間短縮は10分少々ということになります。そう考えると八王子みなみ野駅から徒歩で大学へ、というのも有りではないでしょうか。

 もっとも朝1限の授業が講義棟や講義実験棟など厚生棟に近い建物で行われる日はスクールバスの効果は大きいですね。

 

江頭 靖幸

« おもちゃとしての水銀(江頭教授) | トップページ | サステイナブル工学基礎 学内施設見学(2019年度)(江頭教授) »

授業・学生生活」カテゴリの記事