イベント

少しさびしい卒業の日(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 2020年、3月19日は本学科の2期生の卒業式が予定されていました。残念ながらこの卒業式は今般のコロナウイルス問題のために中止となりました。それだけではありません、学科で予定されていた学位記の授与式、学部、学科でそれぞれ行う予定だった卒業記念パーティーもキャンセルとなってしまいました。今年は各研究室にて学位記を手渡すことで卒業式の代わりとすることとなったのです。

 さて、本来の予定では卒業式の会場は本学の八王子キャンパスの体育館。鎌田キャンパスの卒業生を含めて卒業生全員が一堂に会するはずでしたから、本来だったら下の写真のようににぎわうはずでした。(写真は昨年2019年3月のものです。)

Img_2442

 ところが今年は以下の通り。全く人気が無くて寂しい限りでした。

Img_3156

続きを読む

学位記授与(卒業)はなむけのメッセージ(高橋学科長)

| 投稿者: tut_staff

<今回は今年度の卒業生に向けた高橋学科長からの祝辞を紹介します。>

 新型コロナウイルス感染・拡大防止の観点から、本学における学位記授与式は中止となりました。工学部応用化学科では、学科で行う予定であった学位記授与式を中止し、卒業課題を履修した研究室で学位記を授与しました。


 大学生活の締めくくりである学位記授与において、以下の卒業生諸君へのお祝いのメッセージを応用化学科から届けました。

 ご卒業おめでとうございます。皆さまの門出を祝ってメッセージをお送りします。

 皆さんは東京工科大学工学部の第2期生として入学し、勉学に勤しんでこられました。大学入学後の第一印象はどのようなものだったでしょうか。大学に入って、さぁ、何をする? 何をしようか、と考えていた人もいるでしょう。
 学部長 大山先生(入学時)から、「皆さんは学びたいと考えて大学に入学したのだよね」と言われたことを覚えていますか? その学びたいという気持ちを貫き、1年生の教養科目から応用化学の専門科目まで学びを進め、4年生では東京工科大工学部応用化学科での学びの “皆さんそれぞれの” 集大成である卒業論文を執筆しました。1年生の基礎科目から卒業論文までの成果が認められ、学士(工学)の学位を獲得したのです。

 皆さんの努力を讃えるとともに祝意を表したいと思います。心より、おめでとうございます。

 大学での学びでは、コーオプ実習もありました。大変な業務に勤しむことになった人もいたでしょう。きっと、これからの人生のどこかで役立つことがあると思います。また、大学生活では、授業だけでなくサークル活動のような課外活動でも大いに学生生活を満喫した人も多いのではないでしょうか。

Dsc_0647 Dsc_06482020

続きを読む

NHK「視点・論点」に出演予定(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 ある日電話がかかってきて「NHKの関連会社のものですが、メールアドレスを教えて欲しい」とのこと。それでは、とお教えしたのですが、後ほどNHKから連絡があります、とか。そのままそのことは忘れていたのですが数日後にメールがやってきました。それは表題の「視点・論点」への出演依頼だったのです。

 NHKの「視点・論点」という番組、私も見た記憶あるのですが、出演者が1人で約10分間自分の意見を話す、という番組です。一部テロップや写真などが入りますが、基本はお話のみ。ごくシンプルな番組です。

 どうやら番組のプロデューサーの方がオーストラリアにおける森林火災を契機にいろいろ調べられた様で、それが我々の研究プロジェクトを知る切っ掛けになったそうです。

Photo_20200225060901 

続きを読む

「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」に参加してきました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」のWEBサイトにはこうあります。

2020年 2月19日(水)・20日(木) 開催

未来は、ブランドからの“答え”を待っている。

気候変動や人権問題など、課題解決に向けた取組みが急務となっています。
そんな中、企業ブランドへ向けられる多くの要請も強いものになっているのではないでしょうか。
サステナブル・ブランド国際会議は、社会課題解決と事業戦略の統合にこそ、鍵があると考えます。
次なるイノベーションに挑むあなたに、多くのインスピレーションと新たな出会いをもたらす2日間。
是非、SDGs未来都市である横浜でサステナブル・ブランドのコミュニティと共に、未来への“答え”を見つけましょう。

どちらかというと企業が中心の国際会議という感じですが、今回は小学校から高校まで、いろいろな学校の先生たちを招待しての実施だとか。サステイナブル教育に関するセッションも複数設けられていて、その中で我々応用化学科の属する東京工科大学工学部でのサステイナブル工学教育の講演をする機会がありました。

 実は今回の講演、機械工学科の芝池教授が担当予定でしたが、体調不良とのことで私はピンチヒッターとしての参加でした。

Img_3100

続きを読む

応用化学科懇親会@秀栄(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 2月の18日、我々応用化学科をはじめとして、本学のどの学部も後期の授業を終え、成績評価も終了。卒業研究の発表会も終わってすこしのんびりできる時期です。

 さて、そんなタイミングを狙って学科の、正確には学科の教員の懇親会を行いました。前回は「鵜飼い鳥山」前々回は「ひな鳥山」という店で行ったのですが、今回は八王子駅近くで交通の便もよい「秀栄」というお店での開催となりました。

Img_3098

続きを読む

全学教職員会「大学における就職支援について」が開催されました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学では月に一度、八王子キャンパス、蒲田キャンパスを通信で結んで「全学教職員会」と称した講習会を開いています。(この「全学教職員会」についてはこのページでも紹介しています。)今回のテーマは「就職支援」。法政大学のキャリアデザイン学部、坂爪洋美教授を講師にお迎えしました。

 今年の4月に就職する新卒の人たちの就職活動のスケジュールをリクルート社の調査結果などに基づいて具体的に説明していただいた後に、来年の就職で予測されるスケジュール、インターンシップの位置づけ、最近の学生諸君の傾向などを手際よく説明していただきました。

 「学生のエントリーシートを添削してみては」というご提案もあり、数年前の本学の就職部長の矢野先生からのアドバイスとも一致していて、ここ数年就職をめぐる状況がどんどん変わっているなかでも基本的なところは不変なのだな、とも感じました。

Img_3095

今回のオープニングは本学の大山副学長でした。

続きを読む

「第20回全日本パラ・パワーリフティング 国際招待選手権大会」@東京工科大学八王子キャンパス(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 昨日2月2日は日曜日。ですが、私は大学で仕事をしなくては、という若干ピンチの状況に。この日はありがたいことに日曜日なのにバスが運行していました。本学の交通案内のページには

2020年2月2日(日)「大学院B日程入試」スクールバス運行時刻表

とあって、どうやら大学院入試のための特別運行のようです。

 さて、10時半を目指して八王子駅南口のバス停に向かうと、途中要所要所に案内板をもった人が立っています。おや、大学院入試にはそんなに人があつまるのだろうか、といぶかしく思いながらバス停に。到着するとバス停に行列ができています。行列自体は珍しいことではないのですが、いつもと違うのは人と人の距離。いつもよりスペースを取ってゆったりとした列の並びになっていました。

 外部の普通の人が並ぶとこうなるのか。在学生は並び慣れているから詰めて並ぶということか。でも大学院入試の受験生ってそんなに外部のひとが多いのか?

 などと思ってバスに乗るとなんと、いつもの様に片柳研究棟地下では停車しません。それどころかいつもの停車所も素通りで研究棟Cの裏手、片柳記念ホール 近くまで乗り付けたのです。

 はて、これはどうしたことだろう。そう思っていたら、先にバスを降りた人たちが写真の看板の案内に従って進んでいるに気がつきました。

Img_3087

続きを読む

都立小松川高等学校で化学の体験実験を行いました(2019年度)(西尾教授)

| 投稿者: tut_staff

 昨年度に続き,都立小松川高校の化学教諭の藤田陽子先生から依頼を頂き,1月18日に化学実験を実施しました.実験テーマも前回と同じで,「Al板への虹色めっきで、カラフルなモルフォプレートを作成しよう」です.(前回のブログ記事はこちらにあります.  )
当日は,1・2年生19名が2班に分かれ,電気分解を利用した金属の表面処理(陽極酸化とめっき)でAl板を虹色にする実験を行いました.実験に先立ち講義を行ったのですが,部活で理化学研究所を見学してアルマイトの知識をつけていた人,昨年度も参加して概要を理解していた人もいて,スムーズに進めることができました.しかし,今回実験に参加した生徒さん達も拘りが凄く,時間を延長しても,用意していたアルマイト試料を使い切ることができませんでした.物事に強く拘ることは,研究者として重要な基本姿勢と考えていますので,真剣に実験を楽しむ姿を見ることができて非常に良かったです.Photo_20200128182801

続きを読む

「サステイナブル工学プロジェクト演習」最終報告会本選(2019)(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

「サステイナブル工学プロジェクト演習」については本ブログでも何回かとりあげています。(こちらこちら、そしてこちら

 昨日、21日には半年、というか後期15回の授業の最終回として「最終報告会」の本選が開催されました。本選、とあるのは先週予選を行い選抜された班による発表会であること(これは本選の本の部分)と、今回の選ばれた班が学部長賞で表彰されること(これが本選の選の部分)によります。

  「サステイナブル工学プロジェクト演習」は本学工学部の3年生によるグループワーク形式の授業です。特徴としては3学科合同の授業であること。異なる学科の学生が集まってグループワークを行うことになっています。三学科合同で約300人、通常授業は二クラスに別れ、それぞれ27班、28班でのグループワークとなります。

 予選では全体で55班がグループワークの成果を8会場に分かれて発表し、その中から10班が今回の本選に進みました。

 発表の内容は工業製品やサービスのLCAによる評価と機能的、経済的価値を統合化した環境効率の算出です。さらに対象とした工業製品やサービスに対する改善提案を行い、その環境効率への影響を検討しました。LCA評価では環境ラベル「エコリーフ」に登録さている公開情報を利用して実際の製品に近い条件での評価をおこなっています。一方、改善提案については各班のメンバーが自分の学科のバックグラウンドを生かしつつ自由に発想しています。

Photo_20200122094301

最終発表会本選で使われたスライドの一部です。環境効率の算出と改善提案、と内容は統一されていますが、対象とする製品・サービスやスライドデザインもいろいろですね。

続きを読む

コーオプ演習1 最終発表会(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学工学部の特徴の一つ、コーオプ教育。その最初の授業と位置づけられるのが1年生後期の授業「コーオプ演習Ⅰ」です。授業内容は最新の工学・技術的トピックスについて調査し、発表すること。グループワークを中心とした授業で、賛否のわかれる技術上の課題やサステイナブル社会に関連する新技術などを対象として調査を行い、調査結果に基づいたディスカッションの内容を発表します。

 本日、この「コーオプ演習Ⅰ」の最終発表会が開催されます。

 私はこの最終発表会前の行われた予選に参加しました。今回のテーマは「サステイナブル社会の実現に工学が貢献できること」でしたが、より具体的に対象とするプレゼンの相手が想定されていて「目上の科学的な知識を有した上司に対して」「工学によって※※※のようなことができます」という企画の提案を行うこと、をイメージしながら発表をまとめたといいます。

「生ごみの再資源化」「水資源問題」「バイオマス燃料」「核融合」さらには「新たな繊維の原料の提案」などいろいろなトピックがありましたが、短い時間の中でどれもよく調べていたと感じました。さらには質疑応答のなかで環境負荷についてのトレードオフ関係にまで話が進んだので「3年前期のサステイナブル工学実習という授業でLCAについて学修するから、今の議論にも具体的な結論が出せるよ」と思わずコメントしてしまいましたね。

Img_3071

続きを読む

より以前の記事一覧