イベント

新年のご挨拶(2021)(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 本学、東京工科大学の工学部の一翼を担う応用化学科、その開設は2015年でした。それ以来5年と9ヶ月、2015年に入学した第一期生に続き昨年3月は第二期生が4年間の課程を終了して卒業しました。あるものは新社会人としての活躍を始めたことでしょう。そして、あるものは本学の修士課程の学生として勉学に励んでいるところです。

 また、一昨年の1999年に第一期生の卒業に合わせてスタートした本学の大学院のサステイナブル工学専攻も2年目に入りました。今年の3月には修士の、正確には大学院博士課程(前期)の学生が卒業する予定であり、それぞれに就職あるいは博士課程(後期)への進学を予定しています。

 2020年、世界中どこの誰もがそうであった様に我々も新型コロナウイルス感染症の拡大による大きな影響を受けました。第二期生の卒業式は略式の開催とせざるを得ず、2020年の新入生は大学で入学式を行うこともできませんでした。4月から始まる予定だった前期前半はキャンパスを閉鎖せざるを得ませんでした。その後、感染第1波のピークが過ぎるにつれて順次大学の活動は再開されましたが、それでも例年と比べれば不自由さを感じないではいられません。

 とはいえ、この未曾有の事態を乗り越えるために応用化学科の、いえ本学全体の学生諸君と大学の教職員の全員が通常に倍する努力と柔軟性を発揮して対応してきたことを私は実感しています。

20161_2_20201231094501

続きを読む

「バーチャルオープンキャンパスDAY」を開催します(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学に限らずどの大学が同様だと思いますが、今年2020年は新型コロナウイルスの感染拡大のために例年のオープンキャンパスが実施できない、という状況に陥っています。とはいえ来年度も大学に進学する人たちは居るわけですから大学からの情報発信は必要。対面のオープンキャンパスがダメならオンラインで、ということで東京工科大学では「バーチャルオープンキャンパス」を実施しています。

 実はこの「バーチャルオープンキャンパス」、数年前から計画されていて準備が進められていたもので、今回のコロナウイルス騒動で本格的な導入が早まったのです。いままではリアルなオープンキャンパスを進めながら同時にバーチャルなオープンキャンパスの企画も進めていたのですが、今年は(コロナウイルスが原因であるとはいえ)バーチャルオープンキャンパスに集中して取り組むことができています。
Photo_20201204062101

続きを読む

「バーチャルオープンキャンパスDAY」用の動画を撮影しました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 異例づくしの2020年、という毎回同じような書き出しになってしまうのですが、今回も新型コロナウイルス感染症の蔓延防止に関係した、というかきっかけになった話題です。

 本学で毎年行っているオープンキャンパスですが、今年はオンラインでの開催となり「バーチャルオープンキャンパスDAY」と銘打って実施されています。次の開催は12月6日の予定で、それに向けていろいろな準備を進めています。その一つが動画の撮影です。

 以下は本学科の高橋昌男学科長による「工学部応用化学科 コロナ禍そしてこれからの新しい授業形態について」という動画なのですが、話をしている高橋学科長の後ろでいろいろ画像が切り替わる様になっています。これは動画をグリーンバックで撮影し、その後で画像を合成したのだそうです。

 広報で、これは良いやり方だ、ということになったのでしょう。今度は応用化学科全教員の分を取りましょう、ということになりました。ということで私も動画を撮影されることに。

Photo_20201121175601

 

続きを読む

健康診断を受けてきました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 労働安全衛生法は事業者が労働者に対する医師による健康診断を定期的に、通常は1年ごとに、実施することを規定しています。東京工科大学も事業者、そして労働者は教職員ですから、教職員の健康診断が年に一回ある、ということになります。学生向けの健康診断は年度替わりの春、そして教職員の健康診断は秋、と決まっているらしく、毎年今ぐらいの季節に健康診断が行われます。

 今年度はコロナウイルスの感染拡大の影響で健康診断もオンラインで…というはさすがに無理なので例年通りの健康診断が。ただし、順番待ちの椅子のならびがソーシャルディスタンスを考慮したものになっていたり、問診の際にお医者さんと面と向かわないで話す配置になっていたり、と感染症対策と思しき変更点がそこここに見受けられたのも事実です。(いらすとやさんも「問診のイラスト」を修正しないと。)

 実は私はこの健康診断が結構苦手なのです。大人げないのは重々承知なのですが、高校生や大学生の皆さんが受けている健康診断と私たち中高年の受けている健康診断には決定的な違いがあります。よく「バリウム」と呼ばれている胃部X線検査です。(この「バリウム」という呼び名もどうなんだか、という話は以前こちらで書きました。我々が飲まされているのは「硫酸バリウム」でそれ以外の普通の「バリウム」化合物って毒性なんですよ。)

Kenkoushindan_monshin

続きを読む

「サステイナブル工学プロジェクト演習」中間報告会(2020)(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 11月11日「サステイナブル工学プロジェクト演習」中間発表会が開催されました。これは本学工学部の3年生によるグループワークでの発表会です。この「サステイナブル工学プロジェクト演習」の特徴は3学科合同の授業である、という点です。この中間発表に向けた取組では異なる学科の学生が集まってグループをつくることが特徴になっています。

 発表内容はいろいろな工業製品について、そのライフサイクル全体での環境負荷をどのようにして小さくするか、その方法を提案する、というものです。今回は環境ラベル「エコリーフ」に登録されている工業製品を対象とし、公表されている環境情報データを元に、具体的な改善提案を行い、その効果を評価しました。

 改善提案としていろいろなアイデアを出すことはできても、その効果を評価することは一般的には難しいものです。本学工学部で1年のときから行ってきた「サステイナブル工学」に関する授業で学修したLCA(ライフサイクルアセスメント)の知識を応用することで、はじめて評価を含めた提案が可能になるのです。

 さて、ではその発表の様子をみていただきましょう。

Img_2991_20201111174301

えっ、こんなに人が密集していて、それにマスクもしていないようですが...。

はい、実はこの写真は昨年2019のものなのです。

続きを読む

「第2回大学院フェスティバル」が開催されました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 皆さんの中で「大学院フェスティバル」という言葉を聞いたことがある人は少ないのではないでしょうか?少なくとも私はこのイベントではじめて聞きました。本学の大学院のイベントですが対象者は本学の学部学生。大学院生が学部生に向けて自分がどんな研究をしているのかを紹介する、それがイベントのメインです。

 我々応用化学科の学生が大学院に進学する際、普通は「サステイナブル工学専攻」となります。「応用化学専攻」ではないのですね。「サステイナブル工学専攻」は「工学部」とは異なって学科ごとの運営ではありませんから、この大学院フェスティバルというイベントも応用化学に限定されずにいろいろな専門の学生さんが参加することとなります。

 実はこのイベントが開催されたのは今年で2回目。昨年度は対面で行っていたのですが、今年はご多分に漏れずオンラインで開催となりました。

Photo_20201017172601

続きを読む

メンタルヘルスケアをテーマに全学教職員会が開催されました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学では月に一度、八王子キャンパス、蒲田キャンパスを通信で結んで「全学教職員会」と称した講習会を開いています。(この「全学教職員会」についてはこのページでも紹介しています。)「全学教職員会」もコロナウイルスの感染拡大の影響をうけてオンライン開催となっていました。前回の「オンライン授業の作り方」では内容と形式がぴったりマッチしていましたから、オンラインでの「全学教職員会」も一概に悪いとは言えません。でも、やっぱり全学の教員・職員が一堂に会する、というのは貴重な機会です。(まあ、八王子キャンパスと蒲田キャンパスに分かれているので「二堂に会する」なのかも知れませんが...。両キャンパスの間は中継でつながれていますが、その意味では当時からオンラインだったと言えるかもしれません。)

 さて、今月10月の14日に開催された全学教職員会から対面の「全学教職員会」が再開されました。八王子キャンパスの会場は片柳研究棟の地下ホール。最初に挨拶に立った大山学長からも「やっと直接お目にかかれた」と。対面で再開されたいくつかの授業と同様、なんとなくコロナ騒動以前に雰囲気が戻ってきている気持ちになります。とは言え学長もマスクを付けての挨拶。完全に昔に戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。

 今回のテーマはメンタルヘルスケアについて。本学医療保健学部の中川 和美教授が登壇されました。

Photo_20201015115301

続きを読む

今日はお休み、でもちょっと寂しいお休みです(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本日2020年10月9日、そして来週の月曜日の12日も東京工科大学の八王子キャンパスはお休みです。土日を含めて4連休。新学期が始まってほぼ2週間、ちょっと早いシルバーウィーク、ということなのでしょうか。

 この連休、本来であれば本学の学園祭、紅華祭が予定されていたのです。

 紅華祭は10日と11日の土日に実施、今日金曜日はその準備、そして12日の月曜日は後片付け、という予定の4連休でした。残念なことに今年の紅華祭は早々に中止が決定。もちろん、新型コロナウイルスの感染拡大防止がその理由です。

Img_2210

 この写真は2018年の紅華祭の準備風景。本来なら特設ステージのイベントで皆が盛り上がるはずだったのですが...

続きを読む

大学院秋入学式での祝辞(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 2020年9月25日に大学院秋入学式が行なわれました。
 実は当日朝、「式次第」を確認するまで研究科長として自分が祝辞を述べることを意識していませんでした。朝、7時半に気がついて、昨年の祝辞を参考にあわてて原稿を作りました。しかし、十分に練習できず、あまり上手には喋れませんでした。以下の原稿で、ボールド体のところは喋れましたが、ローマン体のところは喋り忘れてしまいました。
 祝辞の原稿を以下に掲載します。この秋に入学した早期卒業生の皆様の大学院生活が実り多く充実することを心からお祈りいたします。

200925
2020年度大学院秋入学式 工学研究科長 祝辞 原稿

 みなさん。大学院への進学、おめでとうございます。
 でも、周りから「めでたい」「めでたい」といわれても、本人がおめでたくなっていてはいけません。本当にこの入学がめでたくなるかどうかは、これから1年半の皆さんの努力と活躍にかかっていることを忘れないで下さい。

 <アドリブ>先の先生方(大山学長、梶原研究科長)もおっしゃっていたように<アドリブ終わり>、早期卒業制度を利用して進学した方の修士課程はたったの1年半しかありません。これまでの大学生活を振り返ってください。3年半は短かったでしょう?。さらに短い1年半で修士として相応の技能や実力を身に着けなければいけません。時間的な猶予はありません。
 これからは地獄のような忙しい日々になります。しかし、安心して下さい。「極楽は飽きる、地獄は慣れる」とも申します。できるだけ早く忙しさに慣れてください。

 これからの1年半は本当に忙しいことでしょう。研究成果を出さなければ間に合いません。学会発表もし無ければなりません。講義もたくさん受けて、単位をとらなければなりません。人によってはTAなどで後輩の指導もしなければなりません。指導の先生は次々と無理難題を吹っかけてきます。プレッシャーをかけてきます。まったくもって大変です。このような修羅場を皆さんは切り抜け、駆け抜けて行かなければなりません。

 この危機を切り抜けるためには時間を上手につかうしかありません。タイムマネジメントですね。時間管理は社会人の必須アイテムです。

 私の3つのタイムマネジメントの指針を持っています。それについてお話しします。

 

Fig1_20200928060501

会場、KE402

続きを読む

2020年度1年次入学生対象ガイダンスを行いました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学の後期(冬学期)の授業はいよいよ来週からスタート。と言うわけで今週の木曜日(9月24日)にはガイダンスを行いました。例年のガイダンスは春に実施、さらに1年生だけではなく、2年生、3年生もガイダンスの対象です。でも今年は春のガイダンスは中止に。(もちろん、新型コロナウイルス感染拡大への対応です。)後期に実施するガイダンスも1年生が対象で時間も限られたものとなりました。

 学長、学部長の挨拶は必須だとして、短い時間のなかで何をやろうか。今回は学科に一任されるということで、我々応用化学科の教員も相談します。

 新一年生は学生実験で大学に来ることはあった。でも実験は三密回避で半数ずつでの実施で、本当に全員が集まるのははじめてだ。だからこそ、学科で全体でできることをやりたいね。

 確かに。じゃあ学科ガイダンスをやりましょう。学生さん1人1人の個人ガイダンスなら Zoom や Meet でも同じだろうし…。

でも、結局私達が選んだのは個人ガイダンスでした。

20161_2_20200924223001

続きを読む

より以前の記事一覧