イベント

大学院秋入学式での祝辞(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 2020年9月25日に大学院秋入学式が行なわれました。
 実は当日朝、「式次第」を確認するまで研究科長として自分が祝辞を述べることを意識していませんでした。朝、7時半に気がついて、昨年の祝辞を参考にあわてて原稿を作りました。しかし、十分に練習できず、あまり上手には喋れませんでした。以下の原稿で、ボールド体のところは喋れましたが、ローマン体のところは喋り忘れてしまいました。
 祝辞の原稿を以下に掲載します。この秋に入学した早期卒業生の皆様の大学院生活が実り多く充実することを心からお祈りいたします。

200925
2020年度大学院秋入学式 工学研究科長 祝辞 原稿

 みなさん。大学院への進学、おめでとうございます。
 でも、周りから「めでたい」「めでたい」といわれても、本人がおめでたくなっていてはいけません。本当にこの入学がめでたくなるかどうかは、これから1年半の皆さんの努力と活躍にかかっていることを忘れないで下さい。

 <アドリブ>先の先生方(大山学長、梶原研究科長)もおっしゃっていたように<アドリブ終わり>、早期卒業制度を利用して進学した方の修士課程はたったの1年半しかありません。これまでの大学生活を振り返ってください。3年半は短かったでしょう?。さらに短い1年半で修士として相応の技能や実力を身に着けなければいけません。時間的な猶予はありません。
 これからは地獄のような忙しい日々になります。しかし、安心して下さい。「極楽は飽きる、地獄は慣れる」とも申します。できるだけ早く忙しさに慣れてください。

 これからの1年半は本当に忙しいことでしょう。研究成果を出さなければ間に合いません。学会発表もし無ければなりません。講義もたくさん受けて、単位をとらなければなりません。人によってはTAなどで後輩の指導もしなければなりません。指導の先生は次々と無理難題を吹っかけてきます。プレッシャーをかけてきます。まったくもって大変です。このような修羅場を皆さんは切り抜け、駆け抜けて行かなければなりません。

 この危機を切り抜けるためには時間を上手につかうしかありません。タイムマネジメントですね。時間管理は社会人の必須アイテムです。

 私の3つのタイムマネジメントの指針を持っています。それについてお話しします。

 

Fig1_20200928060501

会場、KE402

続きを読む

2020年度1年次入学生対象ガイダンスを行いました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学の後期(冬学期)の授業はいよいよ来週からスタート。と言うわけで今週の木曜日(9月24日)にはガイダンスを行いました。例年のガイダンスは春に実施、さらに1年生だけではなく、2年生、3年生もガイダンスの対象です。でも今年は春のガイダンスは中止に。(もちろん、新型コロナウイルス感染拡大への対応です。)後期に実施するガイダンスも1年生が対象で時間も限られたものとなりました。

 学長、学部長の挨拶は必須だとして、短い時間のなかで何をやろうか。今回は学科に一任されるということで、我々応用化学科の教員も相談します。

 新一年生は学生実験で大学に来ることはあった。でも実験は三密回避で半数ずつでの実施で、本当に全員が集まるのははじめてだ。だからこそ、学科で全体でできることをやりたいね。

 確かに。じゃあ学科ガイダンスをやりましょう。学生さん1人1人の個人ガイダンスなら Zoom や Meet でも同じだろうし…。

でも、結局私達が選んだのは個人ガイダンスでした。

20161_2_20200924223001

続きを読む

オンライン授業に関する講習会が開かれました。(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学では月に一度、八王子キャンパス、蒲田キャンパスでそれぞれに「全学教職員会」と称した講習会を開いています。学長が大学の運営方針を説明する回もありますし、各学部がそれぞれの教育目標を発表する回もあります。時には外部講師をお願いして大学の教育にかかわる最新の話題を解説していただくこともあります。

 今回のテーマは「オンライン授業」。非常にタイムリーな内容です。メインは早稲田大学人間科学学術院教授 向後 千春先生のご講演「オンライン授業の作り方」で、Zoomによる遠隔配信。「オンライン授業」の作り方を「オンライン授業」で教える、というスタイルですね。

 少し早めに Zoom 会議室に入ったのですが、その場で向後先生と本学の学長が歓談している内容が聞こえてきました。そうか、開会前の時間で控え室で話をしているのがそのままマイクで流れているのか。場所はメディアホールかな、などとぼんやり考えていたのですが、そんなことはありません。オンラインの講演会なのですからこの雑談もオンラインなんですよね。

 さて、ご講演の内容。本学からリクエストがあったそうで以下の項目を掲げて講演をスタートされました。

  1. 遠隔授業の良い実施例、また逆に欠点・問題点
  2. 遠隔授業の工夫、学生が盛り上がる手法
  3. とくに評価や課題について
  4.  国内外における遠隔授業の現状と今後の動向

Photo_20200910172701

続きを読む

「オンラインツール活用講習会」が開催されました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 これを読んでいる皆さんは「FD」あるいは「FD活動」というものをご存じでしょうか? 私がはじめて聞いたときには「フロッピーディスク?」「フロッピーディスク活動ってなに?」などと思ったものですが、ここでの意味は「ファカルティ・ディベロップメント( Faculty Development )」です。ファカルティは学部のこと、ディベロップメントは「発展」や「開発」の意味ですから、学部を発展させることです。端的に言うと、教員の能力開発を促進するための活動、ということになります。

 本学ではときどき紹介している「全学教職員会」(こちらの記事や、こちらの記事)がそれに当たるのですが、今回紹介する「オンラインツール活用講習会」もその一つ。ただし、こちらは授業の実践に沿った内容だったので教員を対象に任意参加で行われました。開催は8月28日の金曜日。八王子キャンパスが夏の休業に入る直前の開催となりました。

 内容はタイトル通り授業で活用するオンラインツールについての講習会ですが、メインとなったのは「Moodle」と「Zoom」の二つです。実施形態もタイトル通りで、Zoomを利用したオンラインでも実施となりました。

Photo_20200902082601

続きを読む

東京工科大学の遅い夏休み(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 いえ、普通の夏休みという意味なら本学はすでに夏休みに入っています。大学の授業はすでに終わっていますからね。でも、我々教員や職員の人たちは学生さんが休みの間もいろいろやることがあります。授業がお休みでも大学としてはお休みにはならないのです。

 とは言え、本学も例年、お盆の時期はキャンパスを閉じてお休みにしていたものです(こちらの記事こちらの記事など)。正確にはお盆休みではありません。設備点検のために一週間ほどキャンパスを閉鎖する、というものです。厳密に言えば、点検作業の業者の人たちはキャンパスに出入りするのですから完全な閉鎖でもありません。。

 まあとにかく、このお盆のキャンパス閉鎖。これもまた今年、2020年には例年通りとは行きません。コロナウイルスの感染拡大を防止するための4月からのキャンパス閉鎖はここにも影響しています。例年よりずっと後ろにずれ込んだ授業スケジュールのために、8月末の本日8月31日がキャンパス閉鎖のスタートとなりました。これから9月7日まで、我々教員もお休みの期間に入ります。

20161_2_20200830163801

続きを読む

大学院の入試(A日程)が行われます(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 明日(2020年8月29日)には東京工科大学大学院の入試(A日程)が行われます。われわれ応用化学科に対応するのは工学研究科、サステイナブル工学専攻。工学部の三学科が一つの専攻にまとまっているイメージです。

 今回の入試はA日程と呼ばれるもの。大学院の入試は複数回行われるのですが、その中で受験者数が多い回だと思います。

 さて、今回の試験の内容は…、

 Photo_20200827140801

続きを読む

早期卒業・卒業論文審査会を開催します(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 我々応用化学科では例年、この時期には卒業論文の中間審査会を行っています。(こちらの記事こちらの記事で紹介しています。)でも、今年度は新型コロナウイルスの問題で発表形式での審査会は断念することとなりました。学生諸君は報告書などを提出し、それに今までの研究への取り組みや理解度を考慮して審査を行うことに。例年は発表会がこの夏の中間報告会と冬の最終報告会の二回、提出物は卒業論文の一回なのですが、ことしは逆になったというわけです。

 では、この夏は発表会はないのか、というとそうではありません。「学士・修士一貫早期修了プログラム」を利用して5年間で修士号を取得しようとする学生さんたちは卒業研究を半年早く進めていますから、この夏が最終発表会の時期になります。最終の報告会ですし、人数も少ないことからここは対面で普通の発表会をしましょう、ということになりました。

20161_2_20200821060601

続きを読む

「お盆休み」って何?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 研究室では試薬や実験器具、細々とした部品や材料など、いろいろな物品が必要になります。これを一つ一つ買い出しに行くのは大変なので、この手のものを手配して届けてくれる出入りの業者さんがどこの研究室にもいるものです。

 さて、先日私の研究室にも業者さんがやってきました。

ありがとう。そう言えば、先日頼んでおいた電熱線、いつ頃届くんだろう。

そうですね、発注先の会社が休みになるので一週間はかかりますね。

えっ、休み?何、なんかあったの?

いえ、お盆休みですが...。

忘れてましたよ。世の中は今まさにお盆休みなんですよね。

Obon_nasu_kyuri

続きを読む

少しさびしい卒業の日(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 2020年、3月19日は本学科の2期生の卒業式が予定されていました。残念ながらこの卒業式は今般のコロナウイルス問題のために中止となりました。それだけではありません、学科で予定されていた学位記の授与式、学部、学科でそれぞれ行う予定だった卒業記念パーティーもキャンセルとなってしまいました。今年は各研究室にて学位記を手渡すことで卒業式の代わりとすることとなったのです。

 さて、本来の予定では卒業式の会場は本学の八王子キャンパスの体育館。鎌田キャンパスの卒業生を含めて卒業生全員が一堂に会するはずでしたから、本来だったら下の写真のようににぎわうはずでした。(写真は昨年2019年3月のものです。)

Img_2442

 ところが今年は以下の通り。全く人気が無くて寂しい限りでした。

Img_3156

続きを読む

学位記授与(卒業)はなむけのメッセージ(高橋学科長)

| 投稿者: tut_staff

<今回は今年度の卒業生に向けた高橋学科長からの祝辞を紹介します。>

 新型コロナウイルス感染・拡大防止の観点から、本学における学位記授与式は中止となりました。工学部応用化学科では、学科で行う予定であった学位記授与式を中止し、卒業課題を履修した研究室で学位記を授与しました。


 大学生活の締めくくりである学位記授与において、以下の卒業生諸君へのお祝いのメッセージを応用化学科から届けました。

 ご卒業おめでとうございます。皆さまの門出を祝ってメッセージをお送りします。

 皆さんは東京工科大学工学部の第2期生として入学し、勉学に勤しんでこられました。大学入学後の第一印象はどのようなものだったでしょうか。大学に入って、さぁ、何をする? 何をしようか、と考えていた人もいるでしょう。
 学部長 大山先生(入学時)から、「皆さんは学びたいと考えて大学に入学したのだよね」と言われたことを覚えていますか? その学びたいという気持ちを貫き、1年生の教養科目から応用化学の専門科目まで学びを進め、4年生では東京工科大工学部応用化学科での学びの “皆さんそれぞれの” 集大成である卒業論文を執筆しました。1年生の基礎科目から卒業論文までの成果が認められ、学士(工学)の学位を獲得したのです。

 皆さんの努力を讃えるとともに祝意を表したいと思います。心より、おめでとうございます。

 大学での学びでは、コーオプ実習もありました。大変な業務に勤しむことになった人もいたでしょう。きっと、これからの人生のどこかで役立つことがあると思います。また、大学生活では、授業だけでなくサークル活動のような課外活動でも大いに学生生活を満喫した人も多いのではないでしょうか。

Dsc_0647 Dsc_06482020

続きを読む

より以前の記事一覧