イベント

オープンキャンパスを実施しました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 以前このブログでも紹介した通り、8月25日の日曜日、本学八王子キャンパスのオープンキャンパスが開催されました。われわれ応用化学科も片柳研究棟7階の学生実験室を中心に、教員、アルバイトの学生諸君が協力して訪問してくれた高校生諸君、ご父兄の皆さんをお迎えしました。

 8月に入って2回目のオープンキャンパスは例年8月1回目のオープンキャンパスより参加者数がやや少なくなるそうですが、それでも例年2000人を超える見学者が訪れるそうです。別のイベント(予備校の模試など)を加えると日曜日にも関わらずこの日八王子キャンパスを訪れる人数は3500人と見積もられていましたが、ふたを開けてみると予想以上の訪問者があり、前回のオープンキャンパスを超える人数の参加者があったといいます。

 下の写真は昨日のキャンパスの様子です。結構な人数がキャンパス内を常に歩いている、という状況は授業期間中でもまれなのでは。授業の間の休み時間はもっと大勢の人が移動していますが、のべつ幕無しに、というは珍しい状況です。

Img_2657

続きを読む

8月25日(日) オープンキャンパスを実施します(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 8月25日、この記事が公開される次の日曜日に本学の八王子キャパスでの今年4回目のオープンキャンパスを実施します。

 高校の夏休みも後半に入り、受験生の皆さんもいろいろな大学のオープンキャンパスに参加したかも知れません。次回25日のオープンキャンパスは今年度最後のオープンキャンパスとなります。

 オープンキャンパスの詳細はこちらのページに。全学共通のイベントは「入試説明会」が開催されます。こちらは11時半からと13時10分からの二回行われますので、会場を回る予定に合わせて参加されてはいかがでしょうか。会場の回り方が分からない方は「キャンパスツアー」も準備されています。片柳研究所一階のエントランスから、本学の学生スタッフが皆さんをご案内します。

 そして、応用化学科のオープンキャンパスは片柳研究棟の7階の学生実験室で行われます。

Photo_20190820175301

続きを読む

コーオプ実習顔合わせ・情報交換会が開催されました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 コーオプ実習は8週間、約2ヶ月の企業での就業体験です。これは大学の授業15週間+試験1週間のサイクルのちょうど半分なので、一学期を二つに割って、年4期のクォーター制で実施します。4月からの1期、2期は夏学期に、9月からの3期、4期は冬学期に相当し、この夏休み前に応用化学科のコーオプ実習は無事終了することができました。さて、8月8日に行われた今回の「コーオプ実習顔合わせ・情報交換会」というイベントは機械工学科の2年生が3期、4期に行う実習のキックアップイベントです。

 さて、本日のイベント、司会は就職委員長の須磨岡先生、開始はいつもの通り学部長による挨拶から、まずスタート。

 

Img_2626

続きを読む

オープンキャンパスを実施しました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 8月に入って世の高校生諸君は夏休みを謳歌されていることと思います。本学でも高校生諸君に向けたオープンキャンパスを夏休みの8月中2回計画しています。昨日、8月4日の日曜日にはその第一回目が行われました。

 例年、この8月はじめのオープンキャンパスは多くの学生さん、父兄の皆さんに訪れて頂き、年間のオープンキャンパスで最大の参加者となるのが恒例となっているそうです。今年はお昼の時点で学生さんが1400名ほど、父兄の方もその半分程度で計2000名を越える参加者を記録したそうです。

 今年の7月は寒い雨の日が多かったのに月末から急に暑くなりました。まるで梅雨の6月から急に8月の暑さにジャンプして7月が無かったようなお天気。この暑い中、果たしてどの程度の参加者が集まるのかと思いながら会場の準備を進めていましたが、昨年度を越える多数の皆さんにご参加頂き、ありがたく思っています。

 我々応用化学科も学生実験室を利用した体験実験と修士1年生によるポスター発表に加えて、学科長による学科紹介と教員の研究紹介とを各2回の実施しました。全体の来訪者が増えていることを反映してか、今年の第1回オープンキャンパスの約2倍の訪問者を迎えることができました。

Img_2616

高橋学科長の学科紹介。部屋が一杯だったのでガラス越しの撮影です。

 

続きを読む

8月4日(日) オープンキャンパスを実施します(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学の授業は先週の金曜日(7月26日)で終了しました。これから1週間の試験期間をへて前期終了は8月5日となります。これで大学生はやっと夏休みに入るのですが、高校生の皆さんはすでに夏休みに入っているかと思います。

 夏休みにはいろいろ楽しい予定もあるかと思いますが、大学のオープンキャンパスを見学するのにも良いシーズンかと思います。と、言うわけで今回は本学の夏休みのオープンキャンパスについて紹介しましょう。

 八王子キャンパスでの夏休み最初のオープンキャンパスは8月4日に予定されています。予約は不要ですが、こちらから事前受付を行っていただくと当日の受付がスムーズにできるそうです。スタートは10:00(9:30受付開始)で 16:00(15:00受付終了)となりますが、入退場は自由です。

 さて、オープンキャンパスに行ったことのない人は「何をやっているのかな?」と思われるかも知れません。キャンパスがオープンになって中には入れるとして、それから?

 実態はちょっと高校の学園祭に似た雰囲気になっています。学園祭は、常設のクラスや部活の出し物と講堂でのスケジュールを組んだ発表会とで構成されていますが、大学のオープンキャンパスでもそれぞれの学部の説明会や入試説明会、大手予備校講師による一般入試対策講座などがスケジュールに入っています。学園祭の常設の出し物に近いのは各学部による展示や研究紹介のコーナーでしょう。我々応用化学科も片柳研究棟の7階の学生実験室を中心に学科説明・体験コーナーを準備しています。

Photo_20190731044101

続きを読む

サイエンスイングリッシュキャンプ in 東京工科大学(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「サイエンスイングリッシュキャンプ in 東京工科大学」は化学の実験を、最先端の設備を持つ東京工科大学の応用化学科の学生実験室で体験する、高校生向けのプログラムです。タイトルに「イングリッシュ」とあるのは実験中は英語でコミュニケーションをとることになっているからです。

 高校生が大学など専門的な研究機関に来て実験などを体験する、という試みとしてのサイエンスキャンプは一般的に行われている試みだと思います。ただ、そこに英語でのコミュニケーションという要素を加えたものは珍しいのではないでしょうか。「ものづくりと産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められる現代。」に対応したプログラム、ということですね。

 まず実験テキストは英語で。実験を実施するときはグループを作って行いますので、そのグループ内でのやり取りも英語です。もっとも、全てのコミュニケーションが英語、と言うわけではありません。実験に際しての安全に関する注意など、一部には日本語での講義もあります。

Photo_20190727115301

 なんと、昨年につづき今年も台風の到来と重なってしまいました。

続きを読む

フレッシャーズゼミ・ポスター発表会(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「フレッシャーズゼミ」は本学全体で行われている一年生向けの授業です。本学固有の授業なのでしょうか、「フレッシャーズゼミ」で検索すると本学のサイトの以下の説明が表示されました。

1年次演習科目「フレッシャーズゼミ」では、全教員が15名程度の新入生を受け持ち、読み・書き・プレゼンテーションするスキルを演習スタイルで教育し、学生の日本語能力を強化する。

 大学に入ると「クラス」というものが無くなってしまい、学生諸君は時間ごとに授業の行われる教室を転々とすることになります。大学で自分の居場所ができるのは研究室に配属された後となります。これが通常の大学のスタイルなのですが、入学から数年の間、居場所の無い期間は大学生にとっていろいろな意味でリスクの多い期間でもあります。

 そこで、本学ではアドバイザー制度を設けて新入生の時点からいわゆる「担任の先生」のような教員を一人一人の生徒に割り当てています。

 フレッシャーゼミはいわばその「担任の先生」が受け持つホームルームの様な授業だ、と思ってください。1年生向けのその授業時間の中で、学生諸君はグループワークを行ってポスターを作成し発表会を行った、それが今回の発表会です。

Img_2581

 

続きを読む

オープンキャンパスを実施しました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 以前このブログ記事でも紹介した通り、7月14日の日曜日、本学八王子キャンパスのオープンキャンパスが開催されました。われわれ応用化学科も片柳研究棟7階の学生実験室を中心に、教員、アルバイトの学生諸君が協力して訪問してくれた高校生諸君、ご父兄の皆さんをお迎えしました。

 今回のオープンキャンパスは今年度2回目のオープンキャンパスです。

 今年のオープンキャンパス、応用化学科では、学科紹介、就職体験談と研究紹介、体験実験や各研究室によるデモ実験を含めた研究紹介が内容でした。これは前回通りなのですが、今回の研究紹介では研究室については私が担当、ほかに修士の学生諸君によるポスター発表についてのショートプレゼンテーションを行いました。ポスター発表+ショートプレゼンテーションは学会でもよく行われる発表のスタイルですから、いわば「模擬学会」ですね。

 また、今回もツアー形式(数名~十数名の訪問者の方をガイド訳の本学学生が案内する形式)の見学も多く、本学科の展示会場にも多数のツアーでの見学者が来場されました。

Img_2575  

 

続きを読む

7月14日(日) オープンキャンパスを実施します(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 大学とはどんなところなのか?大学にいる人間にはその風景が当たり前すぎて誰もが良く理解してくれている様に思い込んでいるふしもあるのですが、外部の人、特にまだ大学というものに行ったことがない高校生諸君にとって、大学はやっぱりよく分からないところでしょう。そう考えると大学が一般の人に開放される機会は、大学を知る、という意味で貴重なチャンスです。(もっとも大学は普通の日でも別に閉鎖されているわけではないのですが...。)私が高校生の頃にも学園祭などで大学を訪れる機会があり、それなりに「大学とはこんなところか」と思ったものでした。

 さて、最近では多くの大学で高校生向けの見学会「オープンキャンパス」が開催されているので、実際に大学を見る、というチャンスは確実に増えています。本学でも例年、この季節から夏休みに渡って数回の「オープンキャンパス」を実施しています。

 本学の八王子キャンパスでの直近のオープンキャンパスは7月14日、つまり次の日曜日に実施します。これは今年2回目のオープンキャンパス。前回6月16日のオープンキャンパスは昨年度以上の来場者があったとのことですが、さて、今回はどうなるでしょうか。

 八王子キャンパスのオープンキャンパス、予約不要で入退場自由ではありますが、工学部を見学するなら10:10からの学部説明会に参加してもらうのが標準のコースでしょう。 工学部の学部説明会では従来からの学部長の説明に加えて、学生による「コーオプ実習」の体験報告を行っています。「コーオプ実習」は企業での8週間にわたる有給の就業体験。本学工学部の特徴的な教育システムですが、ここでは入学希望の高校生諸君の少し先輩の学生さんから自身の経験に基づいた話をしてもらおう、という企画です。昨年度から開始した企画ですが非常に好評だとのこと、是非ご参加ください。

 また、共通イベントとなる「先端研究+入試説明会」(11:25~、12:20~)、「城南予備校によるAO入試対策講座 」(13:10~)も注目です。

Photo_20190709060901

続きを読む

本年度最初のオープンキャンパスを実施しました。(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先週末このブログでも紹介した通り、6月16日の日曜日、本学八王子キャンパスのオープンキャンパスが開催されました。われわれ応用化学科も片柳研究棟7階の学生実験室、そして4階、5階の研究室を中心に、教員、アルバイトの学生諸君が協力して訪問してくれた高校生諸君、ご父兄の皆さんをお迎えしました。

 今回のオープンキャンパスは今年度最初のオープンキャンパスです。

 今までのオープンキャンパスではゲストの皆さんは一度片柳研究棟地下のホールに集合していただき、そこをスタートポイントとしていたのですが、今回からは受付出登録を済ませると、すぐに興味のある学科・学部を訪問できるスタイルに変わりました。(事前受付を利用するとスマホ画面のチェックだけで受付を済ませることができます。)おかげで10:00の開始時間からすぐに学生実験室や研究室を見に行く、というルートも選びやすくなったと思います。ただ、今回は10:10から工学部全体で「学部・学科説明会」「学生によるコーオプ実習体験報告」という工学部全体でのイベントがセッティングされていましたから、まずはこちらを見ていただいて7階学生実験室をみるか、4階5階の研究室公開を訪れるか、が標準のコースだったと思います。(学部説明会等のイベントは13:50に再演がありますので、そちらに参加した方も多かった様です。)

 片柳研究棟7階にある応用化学科学生実験室での展示は例年通りの学科紹介に加えて学生による研究発表が新企画です。

 

Img_2544

 二部屋ある学生実験室の南側は体験実験や研究紹介のスペース。廊下を挟んで向こう側では...

 

Img_2541

本学科の学生が自分の研究内容を発表していました。

 

続きを読む

より以前の記事一覧