イベント

新入生ガイダンスと記念写真(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先週の金曜日、4月の2日に本学にはじめてやってきた新入生たち。今週に入って月曜日は学部ガイダンス、火曜日は入学式ときて水曜日、4月7日には学科のガイダンス、となりました。

 学科ガイダンスは応用化学科の約100名弱の新入生と我々教員約10名の参加となり、大きな教室を用いれば距離をとって実施が可能です。授業を受けるためのガイダンスや大学での生活上の注意といった工学部全体のガイダンスにつづく内容に加えて、我々応用化学科の教員全員による自己紹介なども。

 アドバイザー教員(入学から卒業研究のための研究室に配属されるまでの間、学生各自の相談役になる教員のことです)との顔合わせもこの学科ガイダンスの時。さらに授業受ける教室の場所を確認するために学内を回るちょっとしたツアーも実施しました。ツアーの途中では片柳研究棟をバックに恒例の写真撮影なども。

Img_3325

続きを読む

2021年度入学式(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 昨日、4月6日に東京工科大学の入学式が行われました。

 入学式の会場は本学の蒲田キャンパスの地下アリーナです。例年、本学の入学式では大学のすべての学部の新入生が参加して行われていました。デザイン学部、医療保健学部の新入生は蒲田キャンパスに、メディア学部、コンピュータサイエンス学部、応用生物学部、そしてわれわれの工学部の学生は八王子キャンパスに通います。でもこの入学式のときばかりは全学部が一同に会する、はずだったのですが今年は新型コロナウイルス感染症対策のため、午前の部、午後の部の二回に分けての実施となりました。

 我々工学部の入学式は午後の部で行われました。

Photo_20210407052001

続きを読む

工学部の新入生ガイダンスを開催しました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学の今年の入学式は4月6日(この記事が公開される日)ですが、実はその前日の4月5日にガイダンスがスタートしています。新入生向けには工学部としてのガイダンスと応用化学科の学科単位のガイダンスがあるのですが、まずは工学部としてのガイダンスから。工学部全体だと新入生は約300名の大所帯ですが、片柳研究棟の地下ホールを利用して距離をとった上で対面で実施することができました。

 最初は山下工学部長からの挨拶。歓迎の言葉に続いて本学の基本理念を示し、新入生諸君のこれからの学生生活への期待の言葉でまとめられました。

Fig1_20210406062601

引き続き、教務委員会から大学での授業の受け方の説明を。これは私(江頭)が担当し、教養学環に作成してもらった海外研修などの紹介ビデオを含めて解説。ここまでで約1時間、ということで一休みです。

 休み明けは「大学院の勧め」と題してサステイナブル工学専攻長の片桐教授からのお話。新入生諸君は大学に入学したところですが今から卒業後のことも考えて、大学院について知っておきましょう、ということですね。

Fig2_20210406062601

続きを読む

新入生がやってきた!(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学の今年度の入学式の予定は4月6日(火)となっていますが、実は新入生の皆さんは一足早く東京工科大学のキャンパスに来てくれました。本当に最初のキャンパスへのお目見えは4月2日の金曜日。じつはこの日はノートPCセットアップガイダンスが行われたのです。

 本学の特徴として学生全員がノートPCをもって授業に臨む、という点がありました。これは我々応用化学科を含む工学部が開設されたときから、というかそれ以前からの制度です。学生さんの中には入学時に自分のノートPCを持っていない、という人も多いので、その人達のために大学が推奨ノートPCを決めて共同購入を行っています。4月2日のノートPCセットアップガイダンスでは新しく共同購入した新入生諸君にノートPCが手渡され、同時にPCのセットアップのガイダンスも行われるのです。

_001-2

 4月2日に大学に来てくれた新入生諸君は、まず入学関係の書類のセットを受け取ります。大切な学生証もその一つ。これで学籍番号がわかります。同時に大学のドメイン名のついたメールアドレスの告知も。

続きを読む

バーチャルオープンキャンパスの特別プログラムの動画に参加しました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 こちらの記事で紹介したように東京工科大学のバーチャルオープンキャンパス、要するにオンライン版の大学紹介が行われました。その中の一つのコンテンツがしたの動画「SDGs×東京工科大学 ~2030年への挑戦~」です。実はこの動画には私も参加していました。

 何で私が呼ばれたのかな、と思いますが、タイトルにもある様にこの動画のテーマはSDGs。工学部は2015年の設立当初から「サステイナブル工学」を柱の一つとしていましたから「サステイナブル デベロップメント ゴールズ」となれば工学部の紹介をしなければ、ということになったのでしょうね。

 実のところ、2015年ごろはサステイナブルという言葉もそんなに広く知られてはいなかったと思います。いや、それなりに知られていたとは思いますが、今ほど有名ではなかった。この言葉が広がった理由の一つはやはりSDGsの影響が大きいのでしょうね。

Photo_20210329182001

続きを読む

ガイダンスのシーズンです(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本日3月29日からの1週間の途中で3月は終わり、つまり2020年度が終わります。先日卒業式を行ったので本学はお休みの期間。4月に入ると新入生を迎えるのですが、その前に一つやっておくべき事が。それが在校生に対するガイダンスです。

 我々工学部のガイダンスは3月26日。1年生、というか新2年生、それに新3年生、新4年生に向けた授業のために教員は準備進めていてますが、その内容をガイダンスで学生諸君に告知するわけです。

 「入学時はともかく、大学でガイダンスなんか必要なの?」

 はい、必要です。本学に固有の「コーオプ教育」や大学院進学のための情報、珍しいところでは大学がライセンスを導入しているソフトChemDrawやSciFinderのアップデートなど、在学生にも必要な情報を一気にまとめて伝達する、ガイダンスはそのための絶好の機会です。

52_2_20210325194301

続きを読む

“モルフォプレート”作りの出張実験(西尾教授)

| 投稿者: tut_staff

 今年度も,都立小松川高等学校の藤田陽子先生から化学実験講習会の依頼を頂き,3月23日に訪問して「モルフォプレートの作成」を行いました.ちょうど2週間前の3月9日には原教授が担当し,オンラインで触媒の魔法について講演しましたが,21日に緊急事態宣言が解除されたので,私は運良く対面で実施することができました.小松川高校での実験講習の担当は3年目になるのですが,毎回学生が「超」がつくほど積極的なので,非常にやりがいのある実験となっています.油性ペンを使って試料に自在なパターンを入れられるのですが,名前を書くだけでは周りから冷やかされるほど皆さんの熱が入っていました.今回も作品を撮影させてもらいましたので紹介します.

Fig1_20210325191701 Fig2_20210325191701 Fig3_20210325191801 Fig4_20210325191801 Fig5_20210325191801

続きを読む

今週末からスタート!「東京工科大学バーチャルオープンキャンパスDAYS」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学に限らずどの大学も同様だと思いますが、2020年の新型コロナウイルスの感染拡大以降、例年の様にオープンキャンパスが実施できない、という状況に陥っています。それでも例年通り大学に進学する人たちは居るわけですから大学からの情報発信は必要。対面のオープンキャンパスがダメならオンラインで、ということで東京工科大学では「バーチャルオープンキャンパス」を実施しました。

 さて2021年度は、はたした対面のオープンキャンパスを開催できるのでしょうか。今現在では判断が難しいこともあり、今年度もはじめは昨年度と同じく「バーチャルオープンキャンパス」としてオンラインで実施することになっています。第一回は下図にある様に3月26日~29日。まだぎりぎり2021年度に入っていませんね。

Photo_20210323181001

続きを読む

贈る言葉(学科学位授与式での研究科長送辞)(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

前々回前回の記事でもご紹介したように3月19日には本学の学位記授与の式典がありました。特に今年度は大学院修士の一期生を送り出す年でもあり、我々応用化学科では学科の全ての卒業生が一同に会して学位記を受け取るセレモニーの場を設けました。以下はその際の、大学院の工学系研究科サステイナブル専攻の専攻長である片桐教授から、大学院を修了する諸君への「贈る言葉」です。)

 今朝、坂を上っていると、カスケードのとこのツツジの植え込みの少しはげているところに、つくしが顔を出していました。

 また、午後、再度坂を上っていると、フーズフーの方向に白い小さな花、ユキノシタでしょうか、良いにおいがしていました。春を感じました。

 学位を勝ち取った皆様,おめでとうございます。

 

 学位は法的に認められた学術称号です。位です。あなたの学術的な能力の保証書です。その価値はあなたの学術的な能力にあります。しかし、その価値は学位にあるのではありません。そこを勘違いしないようにして下さい。学位がエラいのではなく、あなたがえらいのです。

 学位はあなたの矜持です。社会の中でますます自分の能力を磨き、学位にふさわしい能力を維持し発揮し活躍し続けて下さい。

 

 少し,怖いことを申します。社会に出て、これからの10年ちょっとがあなた方の成長のタイムリミットです。

52_2_20210322161901

 

続きを読む

2020年度の卒業式(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 あっ、正確には「学位記授与式」ですね。昨年度は中止となった卒業式ですが、今年は何とか実施ができました。とは言え2019年度以前とは比べるべくもない。もちろんコロナウイルス感染拡大がその原因です。

 今年の八王子キャンパス体育館の卒業式前の様子は以下の通り。人っ子一人いなかった昨年度よるは賑わっていますが、学生と父兄の方々で混雑していた2019年度以前とくらべると人の人数は少ないですね。

_002_20210321174801

 もちろんこれは感染症対策として密を避けるための工夫あってのこと。まず最大の変更点は卒業式を大きく三つに分けて行ったこと。蒲田キャンパスは午前に、八王子キャンパスの学部では午後に二回に分けて実施されました。

続きを読む

より以前の記事一覧