書評

書評 りょうしりきがく for babies サンマーク出版、2020 サイエンス・コミュニケーターを目指す人の必読書…かな?(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 本年度も後期の量子化学の講義が始まりました。毎年、第1回は量子力学の誕生の歴史の解説を行ない、その課題として「前期量子論に最も貢献したのは誰か?」という課題を出します。
 今年の一番人気はやはり「プランク」で62%の受講者に支持されました。次点は「アインシュタイン」の17%、3位は「ボーア」の12%でした。

 さて、この量子化学の第1回をその誕生の歴史から始めるのは、学生さんたちの多くがニュートン力学を引きずっているからです。マクロの世界を記述する「力を基盤とする」ニュートン力学の不都合と克服から「エネルギーを基盤とする」量子論が生まれてきたことを理解してもらい、マクロの世界の物理がミクロの世界に通用しなかったという歴史的事実を理解してもらうことから始めるためです。我々マクロの住人には、生活感覚で力は理解できても、エネルギーを理解することは困難です。生活感覚で量子の世界を理解することは極めて困難です。

 そのような講義をどのようにすすめれば、学生さんにわかってもらえるか、を考え、ネットであれこれ調べている時に、『クリス・フェリ−著「りょうしりきがくfor babies」サンマーク出版、2020年』という絵本の存在を知りました。「大学生に教えることの難しい量子論の幼児向け絵本?」「なんじゃそりゃ?」と興味をひかれました。早速、アマゾンでポチりました。

Photo_20211011041701

続きを読む

映画「赤ちゃんよ永遠に」の描くディストピア(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「赤ちゃんよ永遠に」は以前このブログで紹介した「ソイレント・グリーン」と同じくディストピア(ユートピアの反対。悲惨な未来。)を描いた映画です。1972年制作のイギリス映画で「ソイレント・グリーン」の一年前、ほぼ同時期に作成された映画であり、当時のアメリカやイギリスの人々が考えていた未来の姿を反映したものと言えるでしょう。

 正式な日本語タイトルは「赤ちゃんよ永遠に SFロボットベイビーポリス」となっていますが、原題は「Z.P.G.」。これは「Zero Population Growth (人口増加ゼロ)」の略です。

 さて、この映画は

舞台は近未来のある都市(のちにロサンジェルスであることが示唆されます)。スモッグで視界の限られた街の上空を浮遊するマシンのスピーカーから「大統領の重大発表がある」とのアナウンスが流されています。その発表の内容は「環境破壊と資源枯渇はすでに限界に達しこれ以上の人口増加は許容できない状態にある。そこで、これから30年間、すべての人々に対して出産を禁止する」という決定でした。それから8年、子供を持つことをあきらめた夫婦はこどもをまねたロボット、体温があり、子供のかかる病気にはすべて罹り、でも必ず治るように設計されている、という人形の世話をしながら寂しさを紛らわせていたのです。時には隠れて子供を作る夫婦もいますが、やがて密告されて「全人類に対する罪 ( 原語での humanity に対する罪、というのが皮肉に聞こえます)」で公開処刑の運命が待っています。依然としてスモッグに包まれたその都市で、ある夫婦もまた子供を作ることを決意するのですが…。

という内容です。

 さて、この映画の世界設定もまた映画「ソイレント・グリーン」と同様に極端に物資が不足した社会を描いていて、奇しくも同じ1972年に発刊された「成長の限界」(詳しくはこちらを)の示した未来予想に連なるものです。当時の「飽食の生活」が持続可能ではないことを薄々感じていた人々がそれぞれに物資不足のディストピアを想像して物語をつくったのでしょう。

 

71lhxqewihl_ac_sl1024_

続きを読む

書評「マイケル・サンデルの白熱教室 エリートたちよ 君の成功は努力の結果?それとも運?」(その2)(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 前回に引き続き、の2021年7月24日に放送された「マイケル・サンデルの白熱教室 エリートたちよ 君の成功は努力の結果?それとも運?」という約2時間の番組についての紹介です。なお、今回私が見たのは再放送で本放送は2021年の7月4日から行われていたようです。

 今回のタイトルは「マイケル・サンデルの白熱教室 エリートたちよ 君の成功は努力の結果?それとも運?」とありますので、アメリカ、日本、そして中国のエリート達がサンデル教授の議論の相手となっています。前半のコロナ禍についての話題から、後半ではいよいよこのタイトルの内容、「エリートの成功は努力の結果?それとも運?」なのか、という問いかけへと進んでゆきます。

 少し驚きましたが、この問に「努力の結果」だ、と応える人は中国の若手エリートでは6人中4人、アメリカでは6人中2人なのに対して、日本では6人中0人、全くいなかったのです。まあ、日本人特有の謙遜なのかも知れませんが、それにしても極端な。サンデル教授がそれぞれの意見を聞いてゆくと、中国の若者達の猛勉強ぶりが際立ってきます。中国の若者達は猛勉強によってエリートの地位を手に入れた。そのことが彼らの意見、「エリートの成功は努力の結果だ」という結論につながっているのでしょう。

 では日本の若手エリート達はどうなのでしょうか。私が大学を受験する頃には(正確にはその少し前には)、日本にもちょうど今の中国の若者達が語ったような「受験戦争」と言うべき現象がありました。でもそれも今では昔の話でしょう。

Photo_20210725212901

続きを読む

書評「マイケル・サンデルの白熱教室 エリートたちよ 君の成功は努力の結果?それとも運?」(その1)(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 マイケル・サンデルの白熱教室については以前「マイケル・サンデルの白熱教室2018」について書きました。今回私が見たのは今年(2021年)7月24日に放送された「マイケル・サンデルの白熱教室 エリートたちよ 君の成功は努力の結果?それとも運?」という約2時間の番組です。なお、これは再放送で本放送は2021年の7月4日から行われていたようです。

 最初の「白熱教室」の放送は2010年だったでしょうか。講堂一杯の学生と討論形式で進めるという授業形式はなかなか高度なもので、私の周りでも話題になった記憶があります。

「なるほど...。君の名前は。」

と学生に名乗らせて、その名前を覚えて議論を展開してゆく臨場感に、私もワクワクしたのを覚えています。

Photo_20210725131601

続きを読む

特撮映画とサイズの話(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 以前、このブログ記事で巨大蟻を描いた特撮映画「放射能X」について触れたとき「蟻が巨大化したら力持ちになるどころか歩く、いや立ち上がることさえできなくなるでしょう。」と書きました。生物が同じ形でサイズだけが大きくなるとその重さは倍率の三乗で増えるのに対して筋断面積は二乗でしか増えない。だから体重に比べて筋肉が少なくなってしまいます。このギャップを埋めるために大きな生物は手足を太くして筋肉の割合を増やす必要があります。蟻の足はあんなに細いのに像の足は太々としているのはそのためです。

 だから巨大生物の足は太々としていなければ。その点、ゴジラは合理的(?)ですね。とはいえ、ゴジラ映画にも多々「やらかし」はあります。昭和、平成、ミレニアムゴジラと日本の作品もなかなかのものですがハリウッド版も如何なものか。今回はリブート版ハリウッドゴジラの第2作「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」について書いてみたいと思います。

 この映画、私は公開当時劇場で見ています。そのときの私の感想は「カブトムシに睨まれた!」です。

 640

続きを読む

「NHKスペシャル 2030 未来への分岐点 (2)飽食の悪夢~水・食糧クライシス~」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今回は「NHKスペシャル 2030 未来への分岐点」の第2回「飽食の悪夢~水・食糧クライシス~」の感想です。

 そもそもこの番組はNHKで今年(2021年)の2月7日に放送されたものだそうです。私が見たのは5月8日の再放送されたものが、たまたま録画されていたからでした。途中ニュースを挟んで前後編各50分という長尺で、かなりの情報量。その分整理が追いついていないのかいろいろな話が雑に並べられている様にも見えてしまいます。大まかに前半が現在の世界の食料生産システムの問題。後半はその解決策を模索する、という流れになっています。

 前半では「世界の農業システムは全人類に充分行き渡るだけの食料を生産していること」を述べていて、それにもかかわらず「食料が手に入らずに困っている人が大勢いる」のだ、という問題を指摘しています。そして後半では「先進国(日本を含む)の人々の飽食、要するに食べ過ぎがその原因だ」としているのです。

 あのー、これっておかしくないですか?

Photo_20210509182701

続きを読む

小説「タイムマシン」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先週は1959年製作ジョージ・パル監督の映画「タイムマシン」について紹介したのですが、今回はその原作(の翻訳)であるH.G.ウェルズの「タイムマシン」について紹介しましょう。古い作品で、有名な作品でもある本作はいくつかの翻訳版がある様ですが今回私が読んだのは阿部知二氏による翻訳で東京創元社の「ウェルズSF傑作集」の第1巻に所蔵のもの。その電子書籍版です。

 さて、大枠のストーリーは先に紹介した映画版と同じ。

1899年の大みそかのロンドン、タイムマシンを発明した主人公が80万年未来の世界での冒険を友人たちに語る、というのが物語の筋立て。主人公は未来世界で理想郷のような暮らしを送っている人類の子孫、イーロイ人と出会います。しかし未来世界の地下には人類のもう一つの子孫であるモーロック人が住んでいる。両種族の関係には身の毛もよだつような秘密が...、という展開です。

ただ映画と小説ではいくつか興味深い相違点があります。

 まず映画では主人公は80万年後の世界での冒険のあと、すぐに現在(映画で描かれる現在なので1899年です)に戻るのですが、小説版ではそれより遙か先の未来にも旅をして地球の文明、いえ、地球の生命の終焉まで見届ける、という展開があるのです。めぼしい冒険も活劇もないのですが地球の最期という非常に思索的なモチーフでSF的な感動をうける部分でした。

 そしてもう一点。地上の楽園で暮らすイーロイ人と地下に暮らすモーロック人、この二つの人類の子孫の由来が映画と小説では全く異なっていました。(以下には小説「タイムマシン」にネタバレを含みます。)

61bqikjxc1l

続きを読む

映画「タイムマシン」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 えっ、「タイムマシン」ってそんなタイトルで良いの?などと思う人もいるかも知れません。でも大丈夫。この映画はH.G.ウェルズのSF小説「タイムマシン」の映画化で、タイムマシンという言葉、というかタイムマシンという概念そのものがこのウェルズの小説から広まったもの。いっそ「元祖 タイムマシン」とか「本家 タイムマシン」でも良いくらいなのです。

 H.G.ウェルズの「タイムマシン」の映画化は2002年のものもありますが、こちらは1959年制作のもの。監督はジョージ・パルで同じくH.G.ウェルズの「宇宙戦争」の映画化でも有名な監督です。

 1899年の大みそかのロンドン、タイムマシンを発明した主人公が80万年未来の世界での冒険を友人たちに語る、というのが物語の筋立て。主人公は未来世界で理想郷のような暮らしを送っている人類の子孫、イーロイ人と出会います。しかし未来世界の地下には人類のもう一つの子孫であるモーロック人が住んでいる。両種族の関係には身の毛もよだつような秘密が...、という展開です。

 なんだ、タイムマシンを使った異世界ものか。と思うかもしれません。ですが、この映画のなかで80万年後の世界での冒険の比重は、じつはそれほど大きくはありません。

Poster_for_the_1960_film_the_time_machin

続きを読む

書評 ファラデー原作「ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 こちらの記事で紹介したマイケル・ファラッド-の講演録「ロウソクの科学」ですが、そこで私は

実はこの本、ファラデーの口上はもれなく記録してるのですが実験に際して何が起こっているかの記述は本当に必要最小限のト書きしかないのです。(中略)前提としての知識のない子供にとってはいささかハードルが高いのではないでしょうか。

と書きました。

 同じようなことを考えた人はいるようで、実際にハードルを下げよう、というのがこちらの本

原作:ファラデー、文: 平野累次/冒険企画局、絵: 上地 優歩

「ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科」

というわけです。

321701000537

続きを読む

書評「新版 理系のためのレポート・論文完全ナビ」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

今回紹介するのは 見延 庄士郎 氏の著作

「新版 理系のためのレポート・論文完全ナビ (KS科学一般書)」(講談社 2016)

です。

 前回紹介した「実験レポート作成法」と比較すると実験レポートだけでなく卒業論文の作成までを視野に入れているところが特徴でしょう。実際、本書の第一部「実験レポート・卒業論文の内容」では、実験レポートと卒業論文との位置づけの違いなどにも触れています。

 また、第二部「実験レポート・卒業論文の文章」では良い文章、分かりやすい文章を書くにはどうするべきか。そのコツをいろいろな視点から説明しています。

 そして、第三部の「実験レポート・卒業論文の作成準備」では Wikipedia から始まって Web of Science や Scopus などのデータベースの利用法を丁寧に解説しています。

 最後の第四部「実験レポート・卒業論文の執筆」は具体的な手順についての説明。論点メモを準備しい執筆、そしてチェックをくり返すことで良い論文、レポートを作る手法が示されています。

41b5kqc7snl_sx346_bo1204203200_

続きを読む

より以前の記事一覧