書評

小説「タイムマシン」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先週は1959年製作ジョージ・パル監督の映画「タイムマシン」について紹介したのですが、今回はその原作(の翻訳)であるH.G.ウェルズの「タイムマシン」について紹介しましょう。古い作品で、有名な作品でもある本作はいくつかの翻訳版がある様ですが今回私が読んだのは阿部知二氏による翻訳で東京創元社の「ウェルズSF傑作集」の第1巻に所蔵のもの。その電子書籍版です。

 さて、大枠のストーリーは先に紹介した映画版と同じ。

1899年の大みそかのロンドン、タイムマシンを発明した主人公が80万年未来の世界での冒険を友人たちに語る、というのが物語の筋立て。主人公は未来世界で理想郷のような暮らしを送っている人類の子孫、イーロイ人と出会います。しかし未来世界の地下には人類のもう一つの子孫であるモーロック人が住んでいる。両種族の関係には身の毛もよだつような秘密が...、という展開です。

ただ映画と小説ではいくつか興味深い相違点があります。

 まず映画では主人公は80万年後の世界での冒険のあと、すぐに現在(映画で描かれる現在なので1899年です)に戻るのですが、小説版ではそれより遙か先の未来にも旅をして地球の文明、いえ、地球の生命の終焉まで見届ける、という展開があるのです。めぼしい冒険も活劇もないのですが地球の最期という非常に思索的なモチーフでSF的な感動をうける部分でした。

 そしてもう一点。地上の楽園で暮らすイーロイ人と地下に暮らすモーロック人、この二つの人類の子孫の由来が映画と小説では全く異なっていました。(以下には小説「タイムマシン」にネタバレを含みます。)

61bqikjxc1l

続きを読む

映画「タイムマシン」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 えっ、「タイムマシン」ってそんなタイトルで良いの?などと思う人もいるかも知れません。でも大丈夫。この映画はH.G.ウェルズのSF小説「タイムマシン」の映画化で、タイムマシンという言葉、というかタイムマシンという概念そのものがこのウェルズの小説から広まったもの。いっそ「元祖 タイムマシン」とか「本家 タイムマシン」でも良いくらいなのです。

 H.G.ウェルズの「タイムマシン」の映画化は2002年のものもありますが、こちらは1959年制作のもの。監督はジョージ・パルで同じくH.G.ウェルズの「宇宙戦争」の映画化でも有名な監督です。

 1899年の大みそかのロンドン、タイムマシンを発明した主人公が80万年未来の世界での冒険を友人たちに語る、というのが物語の筋立て。主人公は未来世界で理想郷のような暮らしを送っている人類の子孫、イーロイ人と出会います。しかし未来世界の地下には人類のもう一つの子孫であるモーロック人が住んでいる。両種族の関係には身の毛もよだつような秘密が...、という展開です。

 なんだ、タイムマシンを使った異世界ものか。と思うかもしれません。ですが、この映画のなかで80万年後の世界での冒険の比重は、じつはそれほど大きくはありません。

Poster_for_the_1960_film_the_time_machin

続きを読む

書評 ファラデー原作「ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 こちらの記事で紹介したマイケル・ファラッド-の講演録「ロウソクの科学」ですが、そこで私は

実はこの本、ファラデーの口上はもれなく記録してるのですが実験に際して何が起こっているかの記述は本当に必要最小限のト書きしかないのです。(中略)前提としての知識のない子供にとってはいささかハードルが高いのではないでしょうか。

と書きました。

 同じようなことを考えた人はいるようで、実際にハードルを下げよう、というのがこちらの本

原作:ファラデー、文: 平野累次/冒険企画局、絵: 上地 優歩

「ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科」

というわけです。

321701000537

続きを読む

書評「新版 理系のためのレポート・論文完全ナビ」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

今回紹介するのは 見延 庄士郎 氏の著作

「新版 理系のためのレポート・論文完全ナビ (KS科学一般書)」(講談社 2016)

です。

 前回紹介した「実験レポート作成法」と比較すると実験レポートだけでなく卒業論文の作成までを視野に入れているところが特徴でしょう。実際、本書の第一部「実験レポート・卒業論文の内容」では、実験レポートと卒業論文との位置づけの違いなどにも触れています。

 また、第二部「実験レポート・卒業論文の文章」では良い文章、分かりやすい文章を書くにはどうするべきか。そのコツをいろいろな視点から説明しています。

 そして、第三部の「実験レポート・卒業論文の作成準備」では Wikipedia から始まって Web of Science や Scopus などのデータベースの利用法を丁寧に解説しています。

 最後の第四部「実験レポート・卒業論文の執筆」は具体的な手順についての説明。論点メモを準備しい執筆、そしてチェックをくり返すことで良い論文、レポートを作る手法が示されています。

41b5kqc7snl_sx346_bo1204203200_

続きを読む

書評「実験レポート作成法」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今回紹介する本は Christopher S. Lobban と MarLa Schefter の著作で Cambridge University Press から1992年に出版された

Successful Lab Reports: A Manual for Science Students

の日本語版、畠山 雄二、大森 充香 の訳による


「実験レポート作成法 」(丸善出版 2011)


です。

 本書のイントロにも述べられている通り、論文の書き方と言った本はたくさんあるのですが、理系の学生が書く実験レポートに特化したテキストは珍しいと思います。この本はまさにそこが特徴。レポートの書き方をイントロダクション(導入)から始まって材料と方法、結果、考察の様に段階を追って説明しています。

 

 

51ukyso0zl_sx349_bo1204203200_

続きを読む

「不都合な真実」と「プラスチック・クライシス」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今回の記事も前回と同様、日本版ニューズウィーク2019年11月26日号の特集「プラスチック・クライシス」を読んでの感想です。前回同様、このブログの内容は私(江頭)の個人的意見であり、学校法人片柳学園、東京工科大学、あるいはその一部(工学部、応用化学科)の組織としての意見をかならずしも反映するものではありません。

 さて、今回注目したいのはプラスチックの問題点として指摘されている「プラスチック片が海中で有毒物質を吸着するリスク」とそれが食物連鎖と合わさったときの問題(注意深く読むと明言はされていませんが、おそらく有毒物質の生物濃縮の問題)についてです。

 プラスチックを通じた有害物の生物濃縮という現象のコンセプトは私も理解できます。その重要性を考えて「詳細かつ長期的な研究が必要」だと私も思います。ただ、この記事を通じて(あるいは他の議論でも)この現象のリスクの大小を具体的に理解できるようなデータが全く無い、と私には見えるのです。このような現象が起こりうる、その理屈は分かるのですが、実際に危険なほどにその現象は起こっているのでしょうか。

 ここで思い出すのは地球温暖化問題についての映画、アル ゴア氏の「不都合な真実」です。2006年の映画であり、今と違って批判的な意見もずっと多かった時代に地球温暖化の危険性を警告した作品です。世間にまだ受け入れられていない危険について警告する、という点では今回の記事とよく似ています。

Vlcsnap2017100510h26m38s155

続きを読む

ニューズウィーク日本版「特集:プラスチック・クライシス 」を読んで(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今回の記事は日本版ニューズウィーク2019年11月26日号の特集「プラスチック・クライシス」を読んでの感想です。私が読んだのは電子版(Kindle版)で、18ページから27ページまでの記事を対象としています。なお、このブログの内容は私(江頭)の個人的意見であり、学校法人片柳学園、東京工科大学、あるいはその一部(工学部、応用化学科)の組織としての意見をかならずしも反映するものではありません。

 さて、前回、前々回とプラスチックを紙に切り換える取り組みについて紹介しました。今回は、そもそもプラスチックの何が悪いのか、という話をするところだと期待されているかも。そう思って表題の「プラスチック・クライシス」という特集を題材に選びました。残念ながら、どうもこれは失敗だったようだ、というのが今回の結論です。

 まず、特集1ページ目(18ページ)の文章と2ページの写真、これはおそらく紙版では見開きのページとなっていて、この特集の導入となっている部分です。写真はなかなか刺激的な「鳥の死骸の腹を開くと、なかには大量のプラスチックが入っている」という図なのですが、これはどこでどのようにしてとられた写真なのでしょうか。そもそもこれは写真なのか、よくできたCGなのか。あるいは写真をつかったコラージュなのか。

目を背けたくなる写真だ

と文頭にあるので、おそらく写真なのでしょう。でもどうやって撮影したのでしょう。どこかの海岸を歩いていて、突然腹がかっさばかれた鳥の死骸に出くわしてそこにプラスチックのかたまりが...。そんな事があるのでしょうか。(本当にあるのなら場所を教えて欲しい。そこには近づかないようにします。)あるいは鳥の腹を撮影者達が開いたのでしょうか。最初の一羽でこの状態なのか、たくさん鳥を捌いて一番プラスチックが入っていたものを選んだのか。そしてプラスチックが見えやすいように配置をアレンジしたのか、しないのか。たくさんの疑問が吹き出してきます。

 別にCGでもコラージュでも構わないのですが、本文を読んでもキャプションを見ても判断がつかない、というのが気になってしまいます。ニューズウィークは科学の論文の雑誌ではありませんから、そんなところにこだわるのがお門違い、ということなのかも知れません。

 とはいえ、最初のこの引っかかりは特集を読み進めても全く解消されないのです。

Photo_20191202121401

続きを読む

「天気の子」を観てきました。(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 この記事は応用化学科教授の江頭が前半はネタバレ無し、後半はネタバレ全開(それほどでもない?)で「天気の子」について語るブログ記事です。

 夏休みに入ったので話題の映画「天気の子」を観てきました。

 この映画、予告編の最初に

「あの日私たちは世界の形を決定的に変えてしまったんだ」

という台詞があるのですが、これ、実は現実世界にも当てはまりますよね。「あの日」は産業革命の始まった18世紀後半のいつか。「私たち」は70億人の人類全体と解釈すれば「私たち」の活動によって大気中の二酸化炭素濃度が上昇し、それによって気象という「世界の形」を変えてしまった、という意味では現状をそのまま表現している訳です。こういう見方をすると「天気の子」の物語は気候変動問題のメタファーに見えてきます。

Img_2635

続きを読む

書評「毒ガス帯」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「コナン」というと昔は筋肉ムキムキの蛮族か異様に身体能力の高い少年のことだったのですが、最近は「見た目は子供、頭脳は大人」な探偵と言うことになっているのでしょうか。今回はその名前の元になったという作家、コナン・ドイルの小説「毒ガス帯」について紹介したいと思います。

 この作品のテーマはズバリ「人類滅亡」です。

 ある日天文観測データの異常から地球全体が今までと違う状態にある宇宙の領域に入り込もうとしていることに気がついた科学者。その状態変化は人間、いや全ての動物に対して致命的な影響を与えることが予想された。科学者はかつての冒険旅行の仲間達を呼び集め、変化の影響を緩和する酸素ガスによって十数時間の間、延命を計る。彼らの元に人類の最後の情報が次々ととどけられ、やがてその情報も途絶えた後、最後の酸素ガスボンベがそこをつくのだが...。

 というストーリー。この「冒険旅行」というのは同じくコナン・ドイルによる「失われた世界(ロストワールド)」で描かれた恐竜の生き残った秘境への冒険譚のこと。つまり、この「毒ガス帯」は「失われた世界」の続編なのです。

 なぜわざわざこの小説を紹介しようかと思ったのかですが、これは以前の記事(「2050年人類滅亡!?」釣りタイトルもほどほどに、という話)でも紹介したように「人類滅亡」という事象について少し真面目に考えて見たいと思ったからです。

 

51yphzf9yl

 

続きを読む

書評 マルサス 「人口論」 (光文社古典新訳文庫)(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「人口論」は18世紀の英国の経済学者、トマス・ロバート・マルサスによる古典的な書物です。原著は1798年に英語で書かれた書物ですが、日本語にも翻訳されており、吉田秀夫氏による1948年の翻訳版は青空文庫で無料で読むことができます(全部ではありませんが)。今回紹介するのは2011年に光文社から斉藤 悦則氏による翻訳で 「光文社古典新訳文庫」の一つとして出版されたもので、私はその電子書籍版を読みました。「新訳文庫」とタイトルにある通り、より現代的な訳文で読みやすくなっています。

 「人口論」の第一章で著者のマルサスは以下の二つを前提として議論を進めるとしています。

第一に、食糧は人間の生存にとって不可欠である。

第二に、男女間の性欲は必然であり、ほぼ現状のまま将来も存続する。

(「性欲」って...。1948年版の翻訳では「情欲」となっていてなかなかの品格なのですが、まあ、新訳の方が分かりやすいですね。)

 さて、この前提からマルサスは

人口は、何の抑制もなければ、等比級数的に増加する。

と結論します。それに対して

生活物資は等差級数的にしか増加しない。

といいます。前後の文脈から「生活物資」は食糧を意味しているとみなして良いでしょう。

 この二つの条件から人間の社会で飢餓が無くなることはない、全ての人が豊かに暮らせる理想的な社会が到来する(「人間と社会の完成」と表現されています)ことは不可能だ、と述べているのです。

41tbn2qdmil_sx347_bo1204203200_

続きを読む

より以前の記事一覧