書評

書評 井上純一「キミのお金はどこに消えるのか」角川書店(2018)(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 本屋さんでこの本を見かけたので購入しました。

 私はこの作者の別のマンガ「中国嫁日記」を昔から読んでいます。夫婦という密接な関係の中で、日中の異文化の衝突が書かれている興味深いマンガです。その同じ作者の経済に関する解説マンガです。

 学習・解説マンガは小中学生の読み物と思っていると、大間違いです。この本は大人でも、いや常識に固まった大人だからこそ,読んだ時に理解や納得が難しく感じられる本です。いろいろな近代・現代経済学の学説を交えて、現在日本の経済状況について、日本の国債(借金)のはなしから、消費税のあり方まで議論しています。

Fig

 「経済」はつくづく怪物です。人間が創り出したものなのに、人間には制御できていないモンスターです。そして、そのモンスターをどのようになつけるのかについて、まだ人類は知恵がたりません。

 我々は中学や高校の歴史や日本史で江戸時代の両極的な経済政策を学びました。ひとつは徳川吉宗と徳川宗春の葛藤です。徳川吉宗は紀州藩の藩主時代に緊縮と節約で藩の財政を立て直し,その後同じ手法で幕府の財政立て直しを行ないました。そして、庶民にも節約と贅沢の禁止を押し付けました。一方の徳川宗春はまったく逆の産業や商業や娯楽の振興により尾張藩をもり立てました。本人を含め、領民にも贅沢を許し、そのため吉宗と反目しました。しかし、どちらのやり方も経済政策としてはそれなりに成功しています。どちらが正しく、どちらが間違っているというものではありません。

 もうひとつは田沼意次の重商政策と松平定信の寛政の改革の葛藤です。これもまた、経済をなつけるために、両極端の手法でそれぞれ経済を立て直しました。

 ここで、注意しなければならないのは、多くの書籍では吉宗や定信の節約・倹約は「正しく」、宗春や意次はあたかも贅沢をする悪者のように扱われていることです。特に田沼意次の政策が破綻したのは天災とテロによるものです。そして、現在は悪いこととされる賄賂もその当時は一般的なことでした。しかし、後世の中学校や高等学校の先生方は、田沼意次が賄賂を受け取ったから悪い奴である。彼は小姓から成り上がったため卑しい考え方をしていた(一方、松平定信は吉宗の孫であり、正当な為政者である)、と教えることすらあります。そのようなバイアス=偏見は危険です。むしろ有能でのし上がってきた意次の方が、世襲に頼った定信よりも優れていると考える方が健全ではないでしょうか。これについては辻善之助「田沼時代」岩波文庫(1980)をお読みください。そして、そのような歪んだ考え方は、昭和の田中角栄のバッシングにおいても見られました。

続きを読む

気候変動を描いた映画「デイ・アフター・トゥモロー 」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先日核戦争を描いた映画「ザ・デイ・アフター」の紹介を書いていたとき、そう言えばこんな映画もあったな、と思い出したのがこの作品「デイ・アフター・トゥモロー 」です。こちらは核戦争ではなく気候変動を描いた2004年のアメリカ映画です。

 この映画が公開された2004年ごろ、気候変動と言えば温暖化するのが当然と思われていたと思います。しかし、気候変動の影響は単に温度が高くなるだけではありません。台風の進路が変わって関東が大きな台風に直撃されたり、記録的な大雨が降るなど、などいろいろな影響がありうることがこの2018年の夏にも経験されました。この映画は気候変動によって気温が下がることもありうる、という想定によって印象的なシーンに満ちあふれた作品となっています。

 気温の上昇によって北極圏の陸上の氷がとけ、真水が北極近くの海に大量に流れ込みます。その影響で地球規模での海水の流れである熱塩循環により深海に沈み込むはずだった北大西洋の海水が真水で薄められて密度がさがり熱塩循環が止まってしまう。赤道付近から両極への熱の輸送に大きな役割を果たしていた熱塩循環がとまったことによって地球の環境は新たな氷河期へと急激に移行する、というのです。

 ところが、この「急激」というのがどのぐらい急激かが問題でして、ほぼ一日で地球が氷河期になってしまう、という勢いです。ほとんど冗談のような、というか完全に冗談にしかみえません。氷河期の冷気から走って逃げるという描写まであってちょっとこれはどうなんだと思ってしまいました。

511xjczwoxl

続きを読む

核戦争を描いた映画「ザ・デイ・アフター」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

  持続可能な世界を目指すサステイナブル工学の背景にはこの文明がサステイナブルではない、つまり人類が滅亡するかも知れない、という概念があり、その一番リアルな恐怖は全面核戦争ではないか。ということで核戦争を描いた映画を紹介しています。

 今回紹介する「ザ・デイ・アフター」は1983年、アメリカの映画ですが、実はテレビ放送用の作品です。核戦争が実際に起こり核爆弾が投下されるとどうなるのか、を正面から描いた作品で、以前紹介した核戦争を描いた作品が踏み込まなかった「その日の後」に踏み込み、核戦争の悲惨さを力強く印象付けよう、という製作者の意思が感じられます。

 以前紹介した「博士の異常な愛情」では核戦争が起こることは世界の終末を意味している、したがって核戦争が脅威であることは自明である、という前提で映画が作られているように思われます。「世界大戦争」では東京を破壊して見せることで「核戦争がなぜいけないのか」を可視化していました。「渚にて」での核戦争の描写はやや変化球ですが個々人の問題としての死、家族や近しい人々の死、そして人類の死滅という、自身が生きた意味が完全に失われてしまう状況を描写し、その悲惨さこそが核の脅威の本質であると訴えています。

 それに対して本作では核戦争を生き延びた人々がみることになる現実を描写して核の脅威を示そうとしている点で大きく異なっているのです。

41s1x6tzwyl

続きを読む

映画「地球爆破作戦」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先日紹介した映画「博士の異常な愛情」は、米ソ両陣営がそれぞれ「国内のどこかに核攻撃をうければ自動的に報復攻撃を行う装置」を作動させたことで一発の核爆弾が全面核戦争の引き金となってしまう、というストーリーでした。

 今回紹介する「地球爆破作戦」の世界でも米ソが同様な装置を作るのですが、この装置に高度な人工知能が搭載されている、という設定がユニークな点です。この映画、実は核の脅威よりも人工知能の反乱の恐怖を描いた作品なのです。

 アメリカの自動報復装置に搭載された人工知能「コロッサス」は起動されるとすぐにもう一つの人工知能が存在するという結論に達します。その推論は当たっており、もう一つの人工知能はソ連の自動報復装置「ガーディアン」だったのです。コロッサスはガーディアンとの接続回線を開くことを大統領とコロッサスの設計者、フォービン博士に要求。ガーディアンも同じ要求をソ連の書記長に要求してきます。接続が確立された両人工知能は融合し一つの存在となり、全面核戦争を回避するために自らが人類を支配する、と宣言するのでした。

 自動報復装置の機能を利用して自在に核ミサイルを操ることができるコロッサスーガーディアンの支配を覆すことができるのか。フォービン博士はコロッサスに協力する振りをしながらレジスタンス活動を開始するのですが...。

51sf5zjktl

続きを読む

核戦争を描いた映画「博士の異常な愛情」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 持続可能な世界を目指すサステイナブル工学の背景にはこの文明がサステイナブルではない、つまり人類が滅亡するかも知れない、という概念があり、その一番リアルな恐怖は全面核戦争ではないか。ということで核戦争を描いた映画を紹介しています。

 今回紹介するのは「博士の異常な愛情」。1964年のアメリカ映画です。この邦題は若干はったり気味で内容とは関係ありません。でも「ストレンジラブ博士」というタイトルではインパクトは弱いですし、内容が分からないのは同じですよね。

 さて、この作品で描かれる核戦争の恐怖のポイントは意図して戦争を行ったのではなく、トラブルによって偶発的に核戦争が起こってしまう、という点にあると思います。物語はアメリカが「国内のどこかに核攻撃をうければ自動的にソ連全土に対する報復攻撃を行う装置」を開発し、その存在を世界、というかソ連に伝えようとする時点からスタートしす。実はソ連も同様の自動報復装置を開発しており、その装置はすでに起動していたのでした。

 これは東西連戦時に核武装によって戦争を回避するための理論「相互確証破壊」を分かりやすく表現したものです。相手に戦争を仕掛ければ確実に報復される、という状態なら戦争を仕掛ける人間はいないだろう。この考え方は確かに合理的なのですが、米ソ両方が同じ事を考えて同じ体制を作ったとしたら、何かの切っ掛けで戦争が始まれば人類が滅亡することになる。人類を滅亡させるための核兵器を米ソが懸命に作っている様は少し引いた目で見るといかにも奇妙であり、「相互確証破壊」の略称MADが示すとおり、狂った行動であるように見えるのです。

 この「博士の異常な愛情」という映画でおこる「何かの切っ掛け」は米軍の基地司令官が精神の平衡を失う、という事態からスタートします。

81ipewpqppl_sl1500_

続きを読む

核戦争を描いた映画「世界大戦争」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 持続可能な世界を目指すサステイナブル工学の背景にはこの文明がサステイナブルではない、つまり人類が滅亡するかも知れない、という概念があり、その一番リアルな恐怖は全面核戦争ではないか。ということで核戦争を描いた映画を紹介しています。

 今回紹介するのは「世界大戦争」。1961年の日本映画です。製作は東宝で、特技監督は円谷英二。ということでいわゆる東宝の怪獣映画の流れをくむ映画とも言えるでしょう。円谷英二氏は同じ1961年に「モスラ」、翌1962年には「キングコング対ゴジラ」を手がけています。

 前回紹介した「渚にて」が核戦争、それも直接的な核爆発を全く描いていなかったのに対し、この「世界大戦争」では核戦争による世界の崩壊をじっくりと描いて見せています。本作のクライマックスはまさにこの核戦争描写であり世界の有名な都市が破壊される様子、とくに東京が核爆弾で溶融する様子を見せつけることで核の恐怖を直接的に描写しています。CG全盛の現在の目からみると「いかにも」なミニチュア特撮映像なのですが当時としては最高レベルの映像だったのではないでしょうか。

 本作は一つの家族を中心に、日常的な生活の中に核戦争への不安が忍び込み、やがて加速度的に緊張が高まり、ついには核戦争による世界の終わりが訪れる、という構成になっています。

81eh3byp4ml_sl1442_

続きを読む

核戦争を描いた映画「渚にて」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 以前もこのブログに書いたのですが、サステイナブル工学の前提には「人類はサステイナブルか?」という問いがあり、その問いが真剣に検討されるようになったのは「人類がサステイナブルでは無いかもしれない」、つまり「人類が滅びてしまうかも知れない」という可能性がリアルに感じられる様になったからだと私は思っています。

 人類滅亡の可能性としてもっともリアリティをもっていたのは「核戦争」の恐怖だったと言えるでしょう。というわけで、核戦争を描いた映画を通じて当時の人々の感覚、核への恐怖について考えてみたいと思います。

 表題の映画「渚にて」は1959年の作品です。「世界的な規模の核戦争によって地球の北半分は高濃度の放射能で汚染され、すべての人間が死に絶えた。核戦争の被害を免れた南半球のオーストラリアの人々にも拡散してくる放射性物質による死が確実に迫っている。」という状況のもと、人類最後の人々の最後の日々をこの映画は描いています。

516vrj0cfl

続きを読む

書評「純粋人工知能批判」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本日紹介したいのは人工知能(AI)に徹底的に批判している本です。

H.L.Dreyfus, S.E.Dreyfus著 椋田直子訳「純粋人工知能批判」(アスキー出版 1987)

まず、出版年が1987年だ、ということに注目してください。これ、実は今から30年前の本なのです。

 人工知能(AI)は今盛んに話題になっていてある意味ブーム到来、という状況なのですが、この本が書かれたころも同様にAIブームでした。そうです、AIのブームは今回が初めてではないのです。

 本書に引用されたハーバート・サイモン博士の言葉

今後20年のうちに、人間にできることはすべて、機械にもできるようになるだろう。

これが1965年のこと。本書が出版された1987年にも人間にできて機械にできないことはたくさんありました。それから30年経った今でも人間にできることがすべて機械にもできるようになる気配はありません。

 本書は人工知能の研究者達の異常なまでに楽観的な物言いを強く批判しています。そのような楽観論が機械(コンピュータ)についての理解よりは人間の知性に対する無理解、というか見くびりに原因があるのでないかという立場から、人間の知性についての深い考察をすすめています。

 本書の予言どおり、当時主流だった人工知能の研究は無謀な空約束をくり返したあげく、大きな成果をあげることなく退潮してしまいました。

 では、現在のAIブームはどうでしょうか。本書の批判は現在でも有効なのでしょうか。それとも本書の批判に答えられたからこそAIブームが再燃しているのでしょうか。

41oi1uskdvl_sx298_bo1204203200_

続きを読む

書評 堺屋太一著 「知価革命(PHP研究所)」 (江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 価値あるいはGDPはどのように決まるものなのでしょうか。

 前回のブログでこのように書いたのですが、この「知価革命」という本はある意味それに対して解答を与える本であると思います。

 本書の出版は1985年。かなり古い書物です。著者の堺屋太一氏は通産官僚でしたが石油危機を予言するような小説「油断」をタイムリーに出版することで作家としてのスタートを切った人物です。作家としての評価を確たるものとした上で、その未来を予測するような小説を可能にした自らの考え方をまとめのがこの「知価革命」と位置づけることができるでしょう。

 本書では大きな歴史の変化がどのようにして起こるのか、についての考察からスタートします。

人間には新技術の開発や社会の変革によって不足するモノを獲得するための「雄々しい英知」と同時に、不足するモノを大切にするために自らの趣向や価値観を変化させる「優しい情知」を持っている。石油危機に端を発したエネルギー・資源の有限性の認識が人間の「優しい情知」に影響して「エネルギーを無駄にするのは罪悪だ」「無駄に資源を使った商品は下品だ」と感じる感性が一般的になるだろう。

 堺屋太一氏の予想はこのようにまとめられると思います。本書が書かれたから33年。この予想は的中したと言えるのではないでしょうか。

51b6kvve6rl_sx371_bo1204203200_

続きを読む

書評「アカデミック・スキルズ(第2版)――大学生のための知的技法入門」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「アカデミック・スキルズ」とは一体何でしょうか?本書の表紙には英文で「Academic Skills: Note-taking, Information Literacy, Critical Reading, Making Presentations, Writing Papers, etc.」と書かれています。つまり、「アカデミック・スキルズ」とは、ノートをとりながら講義を聴くこと、意識的に情報を集めること、注意深く本を読むこと、情報ををまとめて発表し、レポートを作成すること、要するに大学において行われている研究の内容そのものだ、といえるでしょう。本書は大学で学んだり研究したりする内容についてではなく、大学での学びや研究そのものについて、とくにその実技(スキル)について解説した本なのです。

 表紙の英文で示された本書のエッセンスは目次の構成にも反映されています。第一章で「アカデミック・スキルズとは」何かを説明したあと、ノート・テイキング、図書館とデータベースを使った情報収集、本のクリティカル・リーディング(批判的読解)、情報整理の仕方、研究成果の発表の意義とプレゼンテーション、論文・レポートのやり方、書き方を、それぞれの項目に1章を割いて解説しています。それぞれの章ではそれぞれの活動の意義や対処する際の姿勢に始まって具体的な方法やノウハウが簡潔に紹介・説明されています。まったくの初心者でもこの内容を一読すれば、大体何をするべきか、についてイメージを持つことができると思いますし、あるていど経験と知識のある人でも新たな発見があるでしょう。

1106211642_main_l

佐藤 望 他著「アカデミック・スキルズ(第2版)――大学生のための知的技法入門」東京:慶應義塾大学出版会, 2012。

続きを読む

より以前の記事一覧