書評

「不都合な真実」と「プラスチック・クライシス」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今回の記事も前回と同様、日本版ニューズウィーク2019年11月26日号の特集「プラスチック・クライシス」を読んでの感想です。前回同様、このブログの内容は私(江頭)の個人的意見であり、学校法人片柳学園、東京工科大学、あるいはその一部(工学部、応用化学科)の組織としての意見をかならずしも反映するものではありません。

 さて、今回注目したいのはプラスチックの問題点として指摘されている「プラスチック片が海中で有毒物質を吸着するリスク」とそれが食物連鎖と合わさったときの問題(注意深く読むと明言はされていませんが、おそらく有毒物質の生物濃縮の問題)についてです。

 プラスチックを通じた有害物の生物濃縮という現象のコンセプトは私も理解できます。その重要性を考えて「詳細かつ長期的な研究が必要」だと私も思います。ただ、この記事を通じて(あるいは他の議論でも)この現象のリスクの大小を具体的に理解できるようなデータが全く無い、と私には見えるのです。このような現象が起こりうる、その理屈は分かるのですが、実際に危険なほどにその現象は起こっているのでしょうか。

 ここで思い出すのは地球温暖化問題についての映画、アル ゴア氏の「不都合な真実」です。2006年の映画であり、今と違って批判的な意見もずっと多かった時代に地球温暖化の危険性を警告した作品です。世間にまだ受け入れられていない危険について警告する、という点では今回の記事とよく似ています。

Vlcsnap2017100510h26m38s155

続きを読む

ニューズウィーク日本版「特集:プラスチック・クライシス 」を読んで(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今回の記事は日本版ニューズウィーク2019年11月26日号の特集「プラスチック・クライシス」を読んでの感想です。私が読んだのは電子版(Kindle版)で、18ページから27ページまでの記事を対象としています。なお、このブログの内容は私(江頭)の個人的意見であり、学校法人片柳学園、東京工科大学、あるいはその一部(工学部、応用化学科)の組織としての意見をかならずしも反映するものではありません。

 さて、前回、前々回とプラスチックを紙に切り換える取り組みについて紹介しました。今回は、そもそもプラスチックの何が悪いのか、という話をするところだと期待されているかも。そう思って表題の「プラスチック・クライシス」という特集を題材に選びました。残念ながら、どうもこれは失敗だったようだ、というのが今回の結論です。

 まず、特集1ページ目(18ページ)の文章と2ページの写真、これはおそらく紙版では見開きのページとなっていて、この特集の導入となっている部分です。写真はなかなか刺激的な「鳥の死骸の腹を開くと、なかには大量のプラスチックが入っている」という図なのですが、これはどこでどのようにしてとられた写真なのでしょうか。そもそもこれは写真なのか、よくできたCGなのか。あるいは写真をつかったコラージュなのか。

目を背けたくなる写真だ

と文頭にあるので、おそらく写真なのでしょう。でもどうやって撮影したのでしょう。どこかの海岸を歩いていて、突然腹がかっさばかれた鳥の死骸に出くわしてそこにプラスチックのかたまりが...。そんな事があるのでしょうか。(本当にあるのなら場所を教えて欲しい。そこには近づかないようにします。)あるいは鳥の腹を撮影者達が開いたのでしょうか。最初の一羽でこの状態なのか、たくさん鳥を捌いて一番プラスチックが入っていたものを選んだのか。そしてプラスチックが見えやすいように配置をアレンジしたのか、しないのか。たくさんの疑問が吹き出してきます。

 別にCGでもコラージュでも構わないのですが、本文を読んでもキャプションを見ても判断がつかない、というのが気になってしまいます。ニューズウィークは科学の論文の雑誌ではありませんから、そんなところにこだわるのがお門違い、ということなのかも知れません。

 とはいえ、最初のこの引っかかりは特集を読み進めても全く解消されないのです。

Photo_20191202121401

続きを読む

「天気の子」を観てきました。(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 この記事は応用化学科教授の江頭が前半はネタバレ無し、後半はネタバレ全開(それほどでもない?)で「天気の子」について語るブログ記事です。

 夏休みに入ったので話題の映画「天気の子」を観てきました。

 この映画、予告編の最初に

「あの日私たちは世界の形を決定的に変えてしまったんだ」

という台詞があるのですが、これ、実は現実世界にも当てはまりますよね。「あの日」は産業革命の始まった18世紀後半のいつか。「私たち」は70億人の人類全体と解釈すれば「私たち」の活動によって大気中の二酸化炭素濃度が上昇し、それによって気象という「世界の形」を変えてしまった、という意味では現状をそのまま表現している訳です。こういう見方をすると「天気の子」の物語は気候変動問題のメタファーに見えてきます。

Img_2635

続きを読む

書評「毒ガス帯」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「コナン」というと昔は筋肉ムキムキの蛮族か異様に身体能力の高い少年のことだったのですが、最近は「見た目は子供、頭脳は大人」な探偵と言うことになっているのでしょうか。今回はその名前の元になったという作家、コナン・ドイルの小説「毒ガス帯」について紹介したいと思います。

 この作品のテーマはズバリ「人類滅亡」です。

 ある日天文観測データの異常から地球全体が今までと違う状態にある宇宙の領域に入り込もうとしていることに気がついた科学者。その状態変化は人間、いや全ての動物に対して致命的な影響を与えることが予想された。科学者はかつての冒険旅行の仲間達を呼び集め、変化の影響を緩和する酸素ガスによって十数時間の間、延命を計る。彼らの元に人類の最後の情報が次々ととどけられ、やがてその情報も途絶えた後、最後の酸素ガスボンベがそこをつくのだが...。

 というストーリー。この「冒険旅行」というのは同じくコナン・ドイルによる「失われた世界(ロストワールド)」で描かれた恐竜の生き残った秘境への冒険譚のこと。つまり、この「毒ガス帯」は「失われた世界」の続編なのです。

 なぜわざわざこの小説を紹介しようかと思ったのかですが、これは以前の記事(「2050年人類滅亡!?」釣りタイトルもほどほどに、という話)でも紹介したように「人類滅亡」という事象について少し真面目に考えて見たいと思ったからです。

 

51yphzf9yl

 

続きを読む

書評 マルサス 「人口論」 (光文社古典新訳文庫)(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「人口論」は18世紀の英国の経済学者、トマス・ロバート・マルサスによる古典的な書物です。原著は1798年に英語で書かれた書物ですが、日本語にも翻訳されており、吉田秀夫氏による1948年の翻訳版は青空文庫で無料で読むことができます(全部ではありませんが)。今回紹介するのは2011年に光文社から斉藤 悦則氏による翻訳で 「光文社古典新訳文庫」の一つとして出版されたもので、私はその電子書籍版を読みました。「新訳文庫」とタイトルにある通り、より現代的な訳文で読みやすくなっています。

 「人口論」の第一章で著者のマルサスは以下の二つを前提として議論を進めるとしています。

第一に、食糧は人間の生存にとって不可欠である。

第二に、男女間の性欲は必然であり、ほぼ現状のまま将来も存続する。

(「性欲」って...。1948年版の翻訳では「情欲」となっていてなかなかの品格なのですが、まあ、新訳の方が分かりやすいですね。)

 さて、この前提からマルサスは

人口は、何の抑制もなければ、等比級数的に増加する。

と結論します。それに対して

生活物資は等差級数的にしか増加しない。

といいます。前後の文脈から「生活物資」は食糧を意味しているとみなして良いでしょう。

 この二つの条件から人間の社会で飢餓が無くなることはない、全ての人が豊かに暮らせる理想的な社会が到来する(「人間と社会の完成」と表現されています)ことは不可能だ、と述べているのです。

41tbn2qdmil_sx347_bo1204203200_

続きを読む

書評「マイケル・サンデルの白熱教室2018」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 書評とは少し違うかも知れませんが、今回は「マイケル・サンデルの白熱教室2018」について書いてみたいと思います。私が見たのは今年(2019年)のお正月にやっていた再放送で、本放送は2018年の6月から行われていたようです。

 さて、「マイケル・サンデルの白熱教室」、2018とついている様に以前から続いている番組の最新版です。最初の「白熱教室」の放送は2010年だったでしょうか。講堂一杯の学生と討論形式で進めるという授業形式はなかなか高度なもので、私の周りでも話題になった記憶があります。

「なるほど...。君の名前は。」

というサンデル教授のものまねが流行っていたような。

 さて、2010年の「白熱教室」は大学(ハーバード)の講義でしたから対象者は学生。2018では「世界の若者たち」という括りで背景の異なるいろいろな人たちが参加しています。もちろん、流ちょうに英語を操れることは必須ですし、その上で場所が非英語圏のギリシャの遺跡と設定されていることから非常に偏った人選となることは致し方ないでしょう。世界の、という割りに日本人は1人もいませんし、インドの農民や中国共産党の若手幹部の姿も見えません。それにプラスして「若者」という方にも疑問が。30代後半って若者なんでしょうか?

 こうなると、今回の議論に参加している「世界の若者たち」はかなり偏った構成になっていて、欧米の高度な教育を受けて非常に成功した、しかも高齢化の進んだコミュニティのメンバーだ、ということがいやが上にも意識されてしまいます。

 要するに恵まれすぎるほどに恵まれている人たち。ハーバード大学の講義であった最初の「白熱教室」ならこのような偏りも織り込み済みです。「正義論」は社会のリーダー層にむけた教養として教えられている。2018年版も同じ前提を共有しているのですが、この番組を作成した人たちはその点について意識的だったのでしょうか。

Photo

続きを読む

書評 ユヴァル・ノア・ハラリ「サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福」河出書房新社(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 正月のNHKのBSでこのベストセラーの解説番組をやっていました。面白そうだったので、正月の休みに少しどっしりとした本を読もうかなと思い正月2日の初詣の帰りに購入しました。しかし、正月の休み明けの7日現在、まだ上巻を読み終え、やっと下巻に入ったところです。普通この厚さの本は上下巻でも2日あれば読破できるのに、いろいろ引っかかって全然前へ進めません。読みはじめて少し後悔しています。まだこの後に続編の「ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来」が控えていると考えると,気が遠くなります。

 視点は確かにおもしろい本です。というよりも視点でごりごりと押してきています。歴史書のような顔をした哲学書です。

 上巻はサルとヒトとの違いを「認知革命」というキーワードで分析しています。しかし、この議論の論拠は必ずしも完全ではありません。特に今から7万年前のトバ・カタストロフィについての記述とその意義を欠いています。

 トバ・カタストロフィとは、インドネシアのトバ火山の噴火による大きな地球環境の変動により、サピエンスは数千個体にまで減ってしまった(ボトルネック)という学説です。この人類という種のボトルネックにより人類の多様性は失われてしまったと言われています。実際、サピエンス種の体格などのばらつきは犬などに比べて比較的小さいものです。トバ・カタストロフィについては異論も多く、まだ確立したものではありません。しかし、この説を採用すればこの本「サピエンス全史」の主張するいろいろな事象をよりスマートに説明できるのに、著者はそれをあえて採用していません、そこにある種の意図を感じます。

 他の動物はそのような地域的な拡散を行なわなかったのに、サピエンスはなぜユーラシア大陸から全世界に広がらなくてはならなかったのか?。それについての記述には、このような大きな地球の気候変動についての記述を必要とするのではないか?。それを無理矢理に人類の自発的な行動である、としたいように読めます。このようなことを考えながら読むと、ページが前に進みません。

Img

続きを読む

書評 高橋洋一著「未来年表 人口減少危機論のウソ」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

高橋 洋一

 

「未来年表 人口減少危機論のウソ(扶桑社新書)」

 

扶桑社(2018)

 

 この本のタイトル、明示はされませんが

河合 雅司著「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)」講談社(2017)

を意識してつけられているのだと思います。(こちらの本については以前このブログでも紹介しました。)ただ、注目してほしいのは「人口減少危機論のウソ」というサブタイトルであって「人口減少論のウソ」ではない、という点です。人口減少が起こることは当然のこととしてみとめたうえで、でもそれは危機ではない、というのが本書の主張です。「だからどうした?」という帯の煽り文句からわかるように、人口減少による変化は変化として受け入れることは可能であり、むしろ人口減少に危機感を感じて馬鹿なことをしないことが大切だ、というのです。

 

 「馬鹿なこと」とは何か。国としては移民の受け入れであり、個人としては国の年金制度を利用しないことだ、といいます。

 

 

 

51cef2fval_sx305_bo1204203200_

続きを読む

書評 堺屋太一著「平成三十年」その3 物価の安定は何をもたらしたか(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 前回、前々回と堺屋太一氏の著作「平成三十年」について書いています。平成9年から10年にかけて連載されたこの小説で予測された未来とくらべて現実の日本はどう違っているのでしょうか。

 小説の冒頭、主人公の月給が200万円という記述があります。高給取りだなあ、と思いますが実は物価が上がっているのでそれほどでもない。主人公はどちらかというと経済的には苦しいと感じているのです。

 さて、現実の日本はどうだったのでしょうか。1989年の平成元年からの三十年間、ごく初期を除いてほとんど物価は上昇しませんでした。物価が上昇しないこと、これは社会に大きな影響を与えたと考えます。

Photo

続きを読む

書評 堺屋太一著「平成三十年」その2 資源危機はなぜ起こらなかったのか(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 堺屋太一氏の著作「平成三十年」については昨日の記事で評させて頂きました。そこでも書いたのですが平成9年から10年にかけて連載されたこの小説で予測された未来とくらべて現実の日本は安定した状態にある様に見えます。その原因の一つはそれなりの意識改革、制度改革が進んでいることですが、今ひとつの原因は本書で予測されたような「資源危機」が起こらなかったことにあると思います。今回は「資源危機」がなぜ起こらなかったのかを考えてみたいと思います。

 

 もちろん「資源危機」は架空の歴史的な事象であり二〇〇〇年代末に起こった原油や金属資源の不足とそれによる価格の高騰のことです。

 

 おそらく堺屋太一氏は一九七〇年代に起こった「石油危機」をモデルとして「資源危機」を描写したのだと思います。中国など東アジアを中心とした世界規模での高度経済成長がつづけば自ずと資源の限界に衝突するはず。資源の不足が危機的な状況を作り出し、資源を持たざる国の代表である日本は閉塞状況に追い込まれるだろう。これはまさに「石油危機」の際に感じられた雰囲気なのだと思います。

 

 確かに実際の歴史でも資源不足の傾向が見られ、2008年には1バレル100ドルを超える、という事態になりました。しかし2008年に実際の起こったのは金融危機であり、その影響で経済は足踏み状態になり、その結果で原油価格の暴落したのでした。

 

Photo

 

 

 

 

続きを読む

より以前の記事一覧