推薦図書

教科書「サステイナブル工学基礎」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学工学部の特徴の一つ「サステイナブル工学」の教育です。「サステイナブル○○」は最近各方面で聞くようになりましたが、工学と組み合わせた「サステイナブル工学」はまだあまり一般的にはなっていないように思います。

 さて、この「サステイナブル工学」教育ですが、授業としては2年生前期の「サステイナブル工学基礎」からスタートします。今回紹介する教科書「サステイナブル工学基礎」はこの授業で使用する教科書として作成したものです。

 ここで「サステイナブル工学基礎」の内容が以下にすばらしいかを説明したいところなのですがちょっと気が引けます。だって、私(江頭)も著者の一人に入っていますからね。

5128jhkujl

続きを読む

「安全工学」の講義 番外編(図書紹介)(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 2年生の講義「安全工学」担当の片桐です。今回は安全工学関係の図書紹介です。

 紹介する図書は、松永和紀「メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学」光文社新書(2007)です。

 私の「安全工学」あるいは前の大学での「環境安全化学」「安全化学」「工学安全教育」を受講された方は、片桐があえて社会常識は通念に反する事象を示し、それを考えさせていたことを憶えていらっしゃると思います。

 例えば、カーソンの沈黙の春がマラリア禍の再燃を招いたとか(ブログ2016.04.26)、二酸化炭素の増大は食料危機を防いでくれるかもしれないとか、農薬を使わない有機農法の野菜の天然農薬の危険性とか(ブログ2016.04.28)、イソフラボンは体に悪いこともあるとか、ポリ塩化ビニルは地球にやさしいとか(ブログ2015.12.08)…まあ、過激な意見をあえて示してきました。もちろん、私自身もそのような私の示す「意見」を異端として示し、学生さんたちには必ず疑ってかかることを要求します。私の講義では社会常識や通念を改めて安全−危険の俎上に乗せて、学生さんが「自分で取材し直し、自分の頭で考え、自分の意見を(レポートで)表明する」ことを求めたわけです。それと同時に、絶対的正義も悪もないことの理解を求めています。

 今回紹介するこの図書は、そのような社会通念に対する反論をまとめたような本です。著者の方は農学の修士課程の後に新聞社に勤められ、その後フリーの化学ライターになられた方です。

 この本に書かれた内容は、「事実」をもとに、そのようなニセ科学を生んだ社会構造にまで分析し,述べています。メディアのありかたへの批判、メディア・リテラシーの啓蒙書でもあります。今回、遅ればせながら私はこの本を読んで、講義に使えるネタをまたたくさん見つけることができました。

 しかし、人は自分の意見に真っ向から反対する意見、あるいは自分の利益を害するような意見を快く思いません。この本は社会の通念に反対している時点で、良書であっても売れない(売れなかった)本であろう、と推察します。

31nb52aepel_sx307_bo1204203200_

続きを読む

映画「不都合な真実2」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「不都合な真実2 放置された地球」は以前に紹介した2006年の映画(そして書籍)「不都合な真実」の10年後の続編です。米国のクリントン政権での副大統領だったアル・ゴア氏が地球温暖問題について語る講演会の映像を軸に、講演で触れられた場所の映像やゴア氏自身の現在の活動、過去の回想を交えて「不都合」ではあるが「真実」である温暖化問題について啓発する、この構成は約10年後の続編であるこの映画でも共通のものです。

 しかし、10年前の「不都合な真実」では新たな問題を指摘し、人々が解決のために活動することを訴える、というシンプルな流れであったのに対し、この続編の話の流れは少し複雑です。前作で説明された温暖化のメカニズムなどは当然ながら省略されています。10年の間により明確になった温暖化の影響を示す映像は雄弁ですが、内容自体は10年前に予測されていたことと変わりはありません。そのため、本作で新たに語られるのはゴア氏自身の、そしてゴア氏に共感して動き始めた人たちの活動なのです。

 「不都合な真実」で有名になったゴア氏ですが、大統領選における不本意な敗北の後、この地球温暖化問題についての啓発活動を本格的に始動させます。世界中に人たちに呼びかけるため、自分に代わってプレゼンテーションを行える様な「気候リーダー」を育成する活動。自身の経歴を活かした世界各国の要人との対話など。パリ協定の成立の場面はこの映画のハイライトとなっています。

 しかし、その後のトランプ政権の誕生により米国政府の温暖化対策は大きく方向転換します。そして、失意の中でも希望を失わないゴア氏の姿でこの映画は幕となります。

Img_1578

続きを読む

映画「不都合な真実」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「不都合な真実」はアメリカのクリントン政権時の副大統領、アル ゴア氏の地球温暖化に対するキャンペーンを中心としたドキュメンタリー映画です。講演で観客に語りかけるゴア氏の姿、世界各地で起きている温暖化の影響についての印象的な映像、ゴア氏の個人的な回想を織り交ぜて地球温暖化の危機を理解させ、対応を促す内容となっています。

 ゴア氏が副大統領を務めた期間は1993年から2001年まで。京都議定書の採択が1997年ですから、彼の任期中に地球温暖化問題へ関心が高まった事がわかります。実のところ、ゴア氏は地球温暖化問題へ関心を高めた立役者の一人であり、2007年にはその功績でIPCCとともにノーベル平和賞を受賞しています。

 この映画でのゴア氏の温暖化問題についての説明は、彼が学生時代に教授から見せられた大気中の二酸化炭素濃度の上昇についてのグラフから始まっています。現在では広く認められている人為的な温室効果ガス(主に二酸化炭素)の排出による地球環境の変動、温暖化ですが、当時は懐疑的な人も多くいました。その状況でこのデータを最初に示している点、「わかっているな」と感じます。二酸化炭素の放出から温暖化まで、その因果関係にはいくつものステップがあり、確実性の高いものと低いものがあります。その中で地球の大気中の二酸化炭素が増えている、という事実は特に確実性の高いものです。

 映画という媒体の特性でしょうか、やや映像で煽るような場面もありますが、それでも落ち着いたトーンで分かり易く温暖化のメカニズムとその影響について説明した内容は2006年の公開から10年以上経過した今でも充分通用する内容だと思います。

 

Vlcsnap2017100510h26m38s155

続きを読む

推薦図書「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

河合 雅司

「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)」

講談社(2017)

 戦後のベビーブームを起点として増加を続けていた日本の人口ですが、2008年にピークを迎え、今は減少に転じています。本書は人口が減少してゆく将来の日本で起こると予想される事象を年表形式でまとめたものです。具体的な年と事象を並べることで、日本社会の未来をよりはっきりとイメージすることができるようになっています。

 未来に起きる事象、具体的には

2021年 介護離職が大量発生する

2027年 輸血用血液が不足する

2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる

2039年 深刻な火葬場不足に陥る

2042年 高齢者人口が約4000万人とピークに

など、現在の延長上で考えられる事柄からスタートして、「えっ、そんなことが?」と思う様なことまで、ずらりと並んでいるのです。

 ここで予測されていることは、現在既に生まれて暮らしている人が年をとることによって生じる事象です。今から本格的な少子化対策を行い、成果がでたとしても少なくとも18年の間、生まれてきた子供は働くことはできません。ですからこの年表は、ほぼ確実に起こる事態、すでに決定した未来だと言えるでしょう。

51xmlmroftl_sx305_bo1204203200_

続きを読む

推薦図書「「健康食品」ウソ・ホント 「効能・効果」の科学的根拠を検証する」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

高橋久仁子 著

「健康食品」ウソ・ホント 「効能・効果」の科学的根拠を検証する (ブルーバックス)

講談社(2016)

 先日、「代替医療の光と闇 魔法を信じるかい?」という代替医療の問題点を取り扱った本を紹介しましたが、今回紹介する本は「健康食品」の問題点を指摘したものです。

 この本で取り扱われている「健康食品」は、具体的には「トクホ」や「機能性表示食品」など、体に良いと表示をつけて売られている食品のこと。これらの「健康食品」は本当に体に良いのか、きちんとした根拠があるのだろうか、という問題意識がこの本の出発点です。

 そもそも、医薬品などのいわゆる薬は勝手に販売することはできません。その薬が安全で医薬品として効果があることが実験的に確認され、製造方法も適切であることを示し、許可をとってはじめて医薬品として販売し、その薬の効果を宣伝することができます。

 その一方で「健康食品」は薬ではありませんから、効果を確認する必要はありません。その代わりに医薬品の様な効果を謳った宣伝は出来ません。でも、これでは「健康食品」を売り込むのは難しい、ということである程度「健康食品」の効果を確認した上で、ある程度の宣伝を認めよう、というのが「トクホ」などの考え方です。

 問題は「効果の確認」と「宣伝」がそれぞれどの程度なのか、「宣伝」と比べて「効果の確認」がお粗末なのではないか。ということで実際の商品の宣伝内容とその根拠となった研究の内容を照らし合わせて検証する、というのが本書の中核となっています。具体的な商品名と宣伝に使われている図表などを示しながら、実験データが如何に頼り無いものか、宣伝が如何に誇張されいているかをこれでもかとばかりに示されていて、なかなか圧巻です。

 特に、広告で使われるグラフと対比して論文中のデータをそのまま著者がグラフ化したものを示す、という手法が何回か用いられています。グラフの作り方によってデータの見え方が違うこと、頭では理解しているつもりですが実際に目にするとハッとさせられます。

 「健康食品」の過剰な宣伝に惑わされないよう本書をおすすめします。

と書いて終わりたいところなのですが、もう少しだけコメントしたいことがあります。

51jkbrpml

続きを読む

推薦図書「代替医療の光と闇 魔法を信じるかい?」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

ポール・オフィット著

「代替医療の光と闇 魔法を信じるかい?」

ナカイサヤカ訳

地人書館、2015年

 「代替医療」とは我々が普通に病院で受けている医療とは異なった医療のことです。病院で受ける療法は大学の医学部を中心とした研究機関からスタートし臨床試験によって有効性が検証されたもの、特に病院で処方される薬は薬機法に基づいた有効性と安全性の審査をパスしたもので成り立っています。「代替医療」はその枠組みから外れた療法や医薬ですから普通に考えれば信頼性が低い医療のはずです。にもかかわらず、代替医療に頼る患者(とその家族)が後を絶たず、一方でその患者たちからお金を吸い上げて巨万の富を築く者たちがいる、本書はアメリカでの代替医療をめぐる状況について豊富な事例に基づいて分かり易く解説しています。

 普通に考えれば代替医療が信頼できないことは明かです。しかし、病気になっている患者、とくに通常の医療では回復が望めない状態の患者やその家族は既に「普通に考える」ことは出来なくなっています。病院で「治らない」と言われた患者は藁にもすがる思いで「治る」と言ってくれる人を探すことになりますが、代替医療を提供する者達の中にはその状態を利用して多額の費用を請求する者がいるのです。結果、患者は回復することはない、それどころかその代替医療自体が有害なことさえあるのですが、支払われた費用が返還されることはありません。

 結果、代替医療はビックビジネスとなり、大々的な宣伝で通常の医療への不安をあおり、多くの人々の健康に悪影響を与えながら成長を続ける。患者を犠牲にして集めた資金で今度は政治を動かし、人々を守っていた医療に関する規制に抜け穴をつくりはじる。本書が扱っているのはアメリカでの状況ですが、これは日本にも通じるものがあるといいます。

Photo

続きを読む

推薦図書 Zubric(上村訳)「研究室で役立つ有機実験のナビゲーター」(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

Zubric(上村訳)「研究室で役立つ有機実験のナビゲーター」丸善(2007)

(改訂版が出ています。)

 さて、2年になると有機化学の実験があります。この実験を行うときに参考書として手元に置いておくことを勧めます。

 大きな書店に行けば、有機化学の実験や実験手法について、いろいろな書籍が出ています。その中で、今回私がこの本を選んだのは「読める」本だからです。特に実験操作そのものに加え、ちょっとしたこつを丁寧に記述しています。

 私はこの日本語版が出版される前に英語版を既に購入していました。あるとき、この本の日本語版の著者の山口大学の上村先生に「本の査読をお願いできるかな?」と頼まれ、読んでみたら、自分のもっている本の訳でした。初版の訳者謝辞には私の名前が入っています。

 あえて、この訳本の欠点を挙げるのなら、各章の表紙にあるシャレの効いたコメントを十分に訳しきれていないところでしょう。上村先生の和訳の駄洒落はいまひとつで、「面白くない」と駄目だししたことをよく憶えています。それでも、「読んで楽しい実験書」はまれです。

47

続きを読む

推薦図書 ラピエール、モロ著 長谷泰訳「ボパール午前零時五分(上、下)」 河出書房新社(2002) (片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

461_2

 少し古い本であるが、化学物質を取り扱うみなさんにぜひ読んでおいてほしい。

 化学の安全を学んだことのある者は「ボパール」という地名を聞いて、すぐに「ボパールの悲劇」と呼ばれる化学産業上最大の犠牲者を出してしまった事故を思い浮かべるであろう。

 ボパールの悲劇とは、1984年12月に起こったインドのほぼ真ん中にあるボパールという町の殺虫剤の原料をつくっていた工場からメチルイソシアネートの漏洩が起こり、工場の周囲の住民が多数亡くなった(数千人が即死し、最終的に2万人が亡くなったとされている)事故である。

 この本は、ノンフィクションの形でこの事故の経過を詳細にまとめている。

 メチルイソシアネートは少量でもきわめて有害な試薬である。私自身、この試薬を用いた合成実験中に、ゴーグルのずれを直そうと、作業をしていた手袋を顔に近づけただけで目に激烈な痛みを受け、目が開けられなくなり、数十分間失明状態に陥った。危ない試薬であることを承知していたので、実験中には補助実験者を側に待機させていたために、洗眼などの初期治療を速やかに行うことができたため、失明には至らなかった。あのときの激烈な痛みを思い出すと、40tものメチルイソシアネートに襲われた被害者の苦しみはいかばかりであったろうかと、恐怖する。

 事故分析の三大要素、人間、設備、環境にわけて、この事故を解析してみる。

続きを読む

書評「グリーンケミストリー」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

Photo

今回紹介するのは

ポール・T. アナスタス, ジョン・C. ワーナー 著、渡辺 正、北島 晶夫訳 「グリーンケミストリー」丸善(1993)

です。

 「グリーンケミストリー」。

 日本語で言えば「環境に優しい化学」というべきものですが、その具体的な内容は漠然としています。本書はその内容を具体的な12の規則にまとめた「グリーンケミストリー12箇条」を示したことで知られています。

 グリーンケミストリー12箇条については本ブログでもすでに片桐教授が解説していますが、以下のものです。

  1. 廃棄物は「出してから処理ではなく」、出さない
  2. 原料をなるべく無駄にしない形の合成をする
  3. 人体と環境に害の少ない反応物、生成物にする
  4. 機能が同じなら、毒性のなるべく小さい物質をつくる
  5. 補助物質はなるべく減らし、使うにしても無害なものを
  6. 環境と経費への負担を考え、省エネを心がける
  7. 原料は枯渇性資源ではなく再生可能な資源から得る
  8. 途中の修飾反応はできるだけ避ける
  9. できるかぎる触媒反応を目指す
  10. 使用後に環境中で分解するような製品を目指す
  11. プロセス計測を導入する
  12. 化学事故につながりにくい物質を使う
この12箇条には化学物質の合成・開発から量産までいろいろなレベルでの行動が含まれています。
 別の言い方をすると、12箇条は応用化学の研究者にも、化学工学の技術者にも、同時に心掛けるべき行動指針を与えている、ということです。化学産業による汚染の主な原因は化学工場ですから、化学工学(化学工場を設計する学問)への行動指針は当然あるべきですが、あえて応用化学の研究にも提言を行っている点が注目されます。

続きを読む