授業・学生生活

新年度の授業がスタートします(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 2021年度新学期の授業は本日4月14日の水曜日から授業スタートとなります。例年と比べれば少し遅いスタートですが、新型コロナウイルス問題による緊急事態宣言のためにキャンパス閉鎖となった昨年2020年の新学期に比べれば「いつも通り」といっても良いくらいですね。

 昨年前期はオンライン授業をメインに、後期には対面の授業と「対面、ただしオンライン受講可」の授業を組み合わせて実施したのですが、今期は一部の授業を除いて原則対面の授業となっています。

 もちろん、三密の回避、社会的距離の確保、マスク着用などの感染防止策をとっての対面授業の実施です。たとえば学生実験では1学年を二つのクラスに分けて、週二回の実験日に分けて実施するという体制を取ることになっています。このため時間割の組み替えなどの作業を行って準備をすすめてきました。(ただし学生実験室は化学物質を利用する関係上換気能力が大きく設定されていますので、従来通りの実施でも密閉状態にはならないと見積もられています。)

20161_2_20210413062101

 

続きを読む

東京工科大学の基本理念(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 大学の事務の人が数人の作業服の人たちと研究室の入口に。

 あのー、リネンの掛け替えに来ました

 はい、どうぞ。

あれ、リネン?この部屋にシーツやタオルとか無いよな。天井って布張りだったっけ?

 まあ、この記事のタイトルでおわかりの通り、リネン(linen)じゃなくて理念だったんですよね。

 以前から全ての教室に本学の「基本理念」が下の写真のような額に入れて掲示されていました。今回「掛け替え」が必要になったのはこの理念が更新されたからです。

_000-2

続きを読む

卒論発表!スライドの前に下書きを作りましょう(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学の応用化学科では、そろそろ卒業論文の発表会が開催されます。初めて自分だけで行った研究である卒業研究、その発表会ともなれば学生諸君の緊張如何ばかりか。特に今年度は卒業論文の中間発表会が新型コロナウイルス感染症の関係で中止されました。多くの学生さんにとってはこれが初めての個別発表の舞台となるのです。

 そんなわけで本学に限らず、発表を予定している学生さんたちに少しアドバイスを、と思ったのが今回のタイトル。「スライドの前に下書きを作りましょう」です。

 最近の発表はノートPCをプロジェクターに接続して発表を行うのが一般的になっています。その際のノートPCでは多くの学生さんがMicorsoft社のPowerPointなどのプレゼンテーション用のソフトを利用すると思います。最近のプレゼンテーション用のソフトは簡単にテキストやイラスト、図などを配置したきれいなスライドを作ることができます。ただ、この「簡単に」というのがくせ者。この「簡単に」はおそらくレタリングセットや製図机を使って物理的にスライド原稿を作ることに比べたら「簡単」ということに過ぎないと思います。

 プレゼンテーションは複数のスライドを使って一つのお話し、ストーリーを聞き手に説明するためのものです。ですから発表の最初の作業は発表の内容、つまりストーリーを決めることです。次の作業はストーリーを説明しやすい様にスライドの並びを決めること。続いてスライドの細かいルックをきめて、さあ、やっとスライドの作成です。

 プレゼンテーション用のソフトといわれるものが簡単にしてくれるのはこの最後の段階、スライドの作成だけなのではないでしょうか。発表の初心者にとって難しいのは実は「ストーリーを説明しやすい様にスライドの並びを決めること」の方で、これにはプレゼンテーション用のソフトはあまり役立たないと思います。

 「いや、プレゼンテーション内でのスライドの順番を簡単に変更できるのだから...」という声が聞こえてきそうですが、果たしてそうでしょうか。全てのスライドが完成しているならその通り。研究歴がそれなりにある人は作り貯めたスライドの順番を組み替えて発表することも多いので、そんな用途にはぴったりでしょう。でも、卒業研究の発表では作り貯めたスライドなどありません。ほとんど全てのスライドを自分で作るとなるとそれなりの時間がかかってしまいます。

 「ストーリーを説明しやすい様にスライドの並びを決めること」は、具体的にはどんな作業なのでしょうか。まずは、いくつかのスライドを作って並べ替えながら話してみる(本当に声に出す必要はありませんが)。これをくり返しながら話しやすい並び順を見つける。話しにくい部分があればスライド作り替える、あるいは作り足すなど。そんな作業だと思います。この作業をするとき、プレゼンテーション用のソフトで作るような立派なスライドは必要ありません。なんなら手書きのラフスケッチ、ポンチ絵で良いのです。

 そう、下図のような感じで充分です。

10221

続きを読む

大学院修士の最終審査会を開催します(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本日(2021年2月4日)から二日間に渡って東京工科大学工学部、じゃなかったサステイナブル工学専攻(工学部に対応します)の修士二年生の最終審査会が行われます。このブログを読んでいるあなたが高校生なら、大学のその先、大学院については漠然としたイメージしかないかも知れませんが、工学系では大学院は修士課程と博士課程に分かれていて通常修士が2年間、博士が3年間となっています。今日から開催される発表会のメインは修士二年生の発表ですから修士修了にむけての最終発表会となります。

 

Photo_20210204061501

続きを読む

「研究室配属に関する説明会」を開催しました。(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「もうすぐ4年生も卒業ですね。そろそろ3年生も研究室に配属されるということですか。」

 いえいえ、実はこの説明会、対象は2年生なのです。そうです、2年生が研究室に配属されます。でも配属されるのは2年生の3月。そのあとすぐに3年生になりますから、実質的には3年生の初めからの配属となります。

 「えっ?3年の初めって早くない?」その通りですね。実はこれ、本学工学部の特徴であるコーオプ教育との関係で決まりました。応用化学科の学制諸君は3年の前期にコーオプ実習として学外での研修を行うことになります。従って、3年前期、学生諸君は大学から離れて学外に出る時間が長くなります。早期の配属を行うとしたら3年前期には無理。夏休みを過ぎれば3年後期になってしまいます。ということで、少々早いですが2年後期末のこの時期に説明会となったのです。

_000

続きを読む

オンラインで卒論提出、やってみた!(2020年度)(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 おっとこのタイトル、卒論提出じゃなくて提出卒論の回収をやってみた!ですね。(私が卒論を出すわけじゃないし。)というわけで、昨日のこのブログの記事で紹介したとおり、1月28日は本学応用化学科の卒業論文提出日でした。今年度は新型コロナウイルス感染症対策ということで卒論提出もオンライン化したので、今回はその感想を、ということです。

 さて、卒論提出のオンライン化の実際のやり方を少し紹介しましょう。基本は moodle の課題提出の機能を利用しました。学生さんからみると卒業論文とその概要を1ページにまとめた資料をPDFにしてアップロードするのが最初の作業。しばらくすると moodle 上で提出課題に対して100点の評価が入る。これで提出完了。もし問題がある場合は別途連絡が入り課題が再提出受け入れの状態になる、という流れになっています。

 では教員側の作業は、というと学生さんが課題を提出すると担当の教員にメールが届くことになっています。(とは言っても論文提出期間は限られているので、moodle の提出課題リストのページに張り付いていますが。)そして、提出されたPDFファイルの中身を確認して問題がなければ100点の評価をつけます。本当の意味での内容確認は副査の先生の仕事ですから、ここでの確認内容は形式的なものです。例年はフォルダーに綴じた紙の論文を提出していたので形式的なチェックでもひっかることが間々あったのですが、今回PDFになったことでほとんどの卒論は問題なく受け入れることができました。

Document_sotsugyou_ronbun_taba-1

続きを読む

卒業論文提出日(2020年度)(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 応用化学科の四年生はこの春卒業の予定。いま卒業研究の仕上げにかかっていますが、今日と明日(28日,29日)は卒業論文の提出日となっています。

 卒業論文の提出というのは大学の中では結構なビッグイベントです。提出しなければほぼ自動的に留年決定なのですから、普通のレポートの様に期日までにポストに入れる、という訳にはいきません。場所と時間を決めて担当の教員に提出することになります。内容をチェックして規定を満たさないものは却下。受け取ってもらえた場合は「受領証」に判をもらいます。この受領証は卒論を提出した大切な証拠書類ですから、卒業証書をもらうまで大切に保管することになります。

 と、ここまでは実は去年までの対応です。今年から卒業論文の提出はオンラインで行うことになったのです。

 昨年まで、提出する論文は本編とそのコピー2部。全部で3部を提出していました。印刷する時間もそれなりに必要ですし、紙の量も結構なもの。それが今年からはPDFで対応できるのですからありがたいですね。

 さて、応用化学科の提出日は本来本日(28日)なのですが、明日は一応の予備日。何かの事情で提出できなかった人向けの時間です。この場合は理由書を作成、指導教官が確認して押印することが必要条件、となっていてここだけオンライン対応していません。まあ、例年ほとんど利用されることのない制度なので、その辺はあまり気にすることもないでしょう。

52_2_20210127205701

続きを読む

今日から期末試験(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本日2020年1月22日から後期試験がスタートします。これから一週間と1日、1月29日の金曜日までが試験期間となります。最後の授業が終了したのは今週の月曜日、1月18日でしたから、少し勉強するために間を置いたスタートということなのでしょうか。

 実はこのスケジュール、本来は2月2日まで実施、2月3日は予備日と設定されていました。でも実際は一週間と1日ですべての試験が終了できる、ということになったのですね。これは例年に比べて期末試験を実施する授業が比較的少ないためです。授業中の課題などで採点し遠隔だけで完結する授業が前期に引き続いてそれなりの数ある、ということです。とはいえ、本学科で行っている「対面ただし遠隔可」の授業ではほとんどが対面での試験を行いますので応用化学科の学生諸君は例年通りに試験を受けることになっています。

52_2_20210121122601

 

続きを読む

今学期の授業は昨日(1月18日)で終了しました。(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 お正月休みが終わって二週間になりました。実は今学期の授業は昨日(1月18日)で終了です。

 本当は新年に入って最初の1週間(1月5日~)で火、水、木曜日の授業は終了していたのです。でも月曜日の金曜日の授業は残っていました。(休日の都合で月曜日や金曜日の授業は潰れやすいのです。)新年二週目の最初の月曜日が休日だったため金曜日の授業はともかく、月曜日の授業は三週目の昨日にまで延び延びになった、というわけですね。

 二週目の月曜日も「休日登校日」にしてしまえば早く終われたのですが、その日は「成人の日」。学生諸君の中にはまさに主役の新成人たちも多いのですから、さすがにこの日はお休みに。ということで昨日まで授業が長引いた、ということですね。

 その今週の金曜日には早くも試験期間がスタート。予備日まで含めると冬学期の授業期間の本当の終わりは1月29日です。

52_2_20210117205701

続きを読む

「サステイナブル工学プロジェクト演習」最終報告会本選(2020)(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

「サステイナブル工学プロジェクト演習」については本ブログでも何回かとりあげています。こちらこちら、そしてこちら 

 昨日、1月6日には半年、というか後期14回の授業の最終回として「最終報告会」の本選が開催されました。本選、とあるのは先週予選を行い選抜された班による発表会であること(これは本選の本の部分)と、今回の選ばれた班が学部長賞で表彰されること(これが本選の選の部分)によります。

 「サステイナブル工学プロジェクト演習」は本学工学部の3年生によるグループワーク形式の授業です。特徴としては3学科合同の授業であること。異なる学科の学生が集まってグループワークを行うことになっています。三学科合同で約300人、通常授業は二クラスに別れ、それぞれ27班、28班でのグループワークとなります。

 予選では全体で55班がグループワークの成果を7会場に分かれて発表し、その中から10班が今回の本選に進みました。

 発表の内容は工業製品やサービスのLCAによる評価と機能的、経済的価値を統合化した環境効率の算出です。さらに対象とした工業製品やサービスに対する改善提案を行い、その環境効率への影響を検討しました。LCA評価では環境ラベル「エコリーフ」に登録さている公開情報を利用して実際の製品に近い条件での評価をおこなっています。一方、改善提案については各班のメンバーが自分の学科のバックグラウンドを生かしつつ自由に発想しています。

 と、ここまでは例年通りの内容なのですが、今回2020年度の最終発表会はやはり新型コロナウイルス感染症の影響を受けています。最大の違いはやはりオンラインでの実施になった、ということです。

Photo_20210107061201

続きを読む

より以前の記事一覧