授業・学生生活

オンライン授業のメリット・デメリット(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにオンライン授業の形で始まった2020年の新学期、5月20日からスタートした授業も一週間を超えて2回目の授業が進んでいるところです。

 学生諸君はこの新しい授業の形態をどのように考えているのだろうか?我々教員も手探りの授業形態なので学生の意見を聞いてみたい、問題点があれば改善したいし、良い点があればそれを伸ばしてゆくべきだ。そんな考えから1年生を対象としたフレッシャーズゼミという授業で「オンライン授業」の良いところ、悪いところについてグループ討論をしてもらいました。

 私のフレッシャーズゼミのクラスでは3つのグループに分かれて討論を行ってもらいましたが、まとまった内容はみなよく似ていました。

 メリットとして挙げられていたのは「通学時間と交通費の削減」そして「お金の節約」。まあ確かにその通りですね。少し違う視点かも知れませんが「対面ではないためプレッシャーがあまりない」という意見も。中には「朝、二度寝出来る」という意見もありましたが、先生それはよくないと思うな。

Online_school_girl

続きを読む

オンライン授業の一週間(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 全面オンラインに移行した2020年の新学期、最初の一週間が過ぎたところで我々応用化学科の全教員でWEB会議形式で情報交換を行いました。もともと水曜日がいろいろな会議が行われる曜日ですが、今学期は水曜日から授業がスタートしたのでちょうど一週間が終わり、二週間目に入るところで学科の会議の日程がまわってきたのです。

 教員が1人ずつ自分の担当している授業の実施方法と学生の反応、その他の気がついた点について話していきます。ちょうどこの日の午前中に学生さん達にやってもらったグループワークと同じ様なことを教員がやっている構図です。

 さて、私の感想は、先生方は皆いろんな方法を工夫しているんだなー、という事。特に本学の学習支援システムの moodle については、まだまだ知らない使い方があるのだな、と思っています。授業開始前の出席の代わりにアンケートを取ること、アンケートには「もう実験用の白衣を注文しましたか?」といった重要な確認事項を入れること、アンケートに答えることでその日の授業内容にアクセスできるようにすること、などなど。

Photo_20200528074101

続きを読む

今日(5月20日)から授業が始まります(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 新型コロナウイルスの感染拡大によって延期されていた新学期、とうとう本日(2020年5月20日)から開始となります。とはいえ、八王子キャンパスは閉鎖中。新年度の授業はネット経由で遠隔授業として行われるのです。

 普通の「新学期」であれば大学のキャンパスに向かうたくさんの学生でスクールバスが混雑し、キャンパス内にも多くに人が歩いていて、そして新学期最初の授業のために決められた教室に入れば多くの学友と再会することになります。でも、今年の新学期はそうはいきません。今日の1限スタートの時間(8時50分)に決められたURLにアクセスしてオンラインの授業をうける。いささかドラマチックさに欠ける地味な新学期となりそうです。

52_2_20200519190501

続きを読む

今年もやります 危険物取扱者・消防設備士 特定試験@東京工科大学(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 今年も9月18日に危険物取扱者の特定試験をここ東京工科大学で行います。今年はそれに加え、消防設備士の試験も同時に実施します。詳しくは学生ポータル(2020年4月2日)「危険物取扱者、消防設備士特定試験について(予告)」に掲載しました。そちらを必ずご覧下さい。同日の学生ポータルに「危険物取扱者(甲種・乙種)資格試験対策講座の案内」も出しております。あわせてご覧下さい。
 気をつけていただきたいのは、学生ポータルの掲示板は「重要なお知らせ」と「新着情報」に分かれているのですが、この2つの掲示は「新着情報」の方のみに掲載されています。そのため,「昨年度は見つけられなくなった」「見つからない」という苦情がずいぶんありました。

 さて、昨年との大きな違いは
 (1) 消防設備士試験を同時に行ないます。
 (2) 専門学校の学生さんも参加します。
の2点です。消防設備士は火災報知器や消火器の工事や設営・点検を行なうための資格です。その消火設備により8つの類に分かれています。また甲種と乙種があります。甲種のそれぞれの類ごとに資格になります。具体的にいえば、火災報知器の点検で長い棒の先にトーチをもって、確認している作業に必要な資格です。

Fig1_20200402172601

 

続きを読む

静かすぎて寂しい春の八王子キャンパス(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 3月が終わって4月が始まりました。ということは新しい年度の始まり、新学期の始まり、ということで例年はイベント盛りだくさんの季節なのですが、今年(2020年)はコロナウイルス問題の影響で大学の行事は軒並みキャンセル。本学のキャンパスも「人影もまばら」というレベルを通り越して「人っ子1人いない」状態になっています。

 昨年度の終わり頃から学生は基本的に出校停止となっていました。でも教職員は普通に大学に来ていましたので、例年通りの「休み中のキャンパス」という風景でした。大学の授業は15週間プラス定期試験の学期を夏と冬にくり返す30週間プラスアルファというスケジュールなので、年に20週間近くは「休み中のキャンパス」の状態になるのです。(この機を利用して改装や補修の工事が行われていたりします。たとえばこの記事とか。)それより人が少ない状態といえば年末年始夏のお盆の時期で、こちらは原則キャンパスは閉鎖されています。

Img_3162

続きを読む

本日発表、研究室配属(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 2月4日に開催した「研究室配属に関する説明会」、その結果を反映して、本日研究室配属の結果が公開されます。

 2月始めに説明会で3月6日に配属発表、約一か月といいうのは時間がかかりすぎでは?そう思った人も多いかも知れませんね。でもこの期間、学生諸君は興味のある研究室を訪問したり有意義に時間をつかう人も多くいます。

 研究室配属は学生さん達の希望優先しています。この場合、どうしても希望者数のばらつきが起こるので何らかの調整が必要となります。このため、本学科での配属は

「学生の希望、研究室への適性、GPA、習得単位数等」を総合的に判断する

という申し合わせになっています。ここに「GPA、習得単位数」が入っているのがポイントです。これら、成績情報を使った調整は後期の成績が確定した後でないとできないのですから。

52_2_20200229140201

続きを読む

実験レポートは卒業論文の練習(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 前回紹介した「実験レポート作成法」でも触れられていたのですが、学生実験で作成するレポートはだれが読むことを期待して書くのでしょうか。「実験レポート作成法」では

実験レポートは、実験について何もかも知っている先生に向けて書くものである

とされています。

 ならば、実験レポートで実験方法について説明するところは、たとえば

実験テキストp〇〇からの手順に忠実に行った

などと書けばよさそうなものです。わざわざテキストの内容をまとめなおすなんて飛んだ茶番だとしか思えない。いっそのこと

実験テキストを参考に成功裡に実験を終了しました。終わり。

でも良さそうな。どうせ結果のわかっている実験なのですから各自が体験して実感すればそれでOK。えっ、それじゃあ本当に実験したかわからないって?♪あんたの生徒を信じなさい♪

 実際のところ、学生が実験をしているところを先生は見ているわけですから、さぼっていればすぐにわかります。ちゃんと実験していることをわざわざレポートで確認する必要はないでしょう。それでも実験が成功したかどうかを確認したいのならば、実験結果のデータを提出すれば良いのでは。レポートではなくて実験の終わりに実験結果のデータを提出すれば確認できるはずですよね。

 もちろん、こんなやり方はNGです。なぜなら、表題のとおり、「実験レポートは卒業論文の練習」という位置づけがあるからです。

Document_ronbun_taba

続きを読む

令和最初の天皇誕生日、の振り替え休日(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今日(2020年2月24日)は前日の天皇誕生日が日曜日と重なったために振り替え休日となっています。本学も今日はお休み。普通のことのように思われる方がほとんどかと思いますが、私には少し感慨深い。今日はお休みなんだ!

 大学は毎週授業を行う必要がありますから月曜日や金曜日に集中する振り替え休日をまともに実施していては月曜日や金曜日の授業が遅れてしまいます。そんなわけで振り替え休日は「休日出校日」になることが多いのです。月曜日が休み、といってもあんまり休みになる気がしていなかったので少し得した気分。感慨深いなぁ。

 さて、2月23日が天皇誕生日となったのは今年からです。元号が変わると同時に天皇誕生日も移動するわけですね。

 

Hata_kokki_flag_japan

続きを読む

サステイナブル工学になぜLCAが必要なのか(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学工学部の特徴のひとつ、それが「サステイナブル工学」です。「サステナブル」という言葉はそれなりに知られている言葉ですし「工学」はもっと一般的な言葉ですが、両者を併せた「サステイナブル工学」は実はかなり新しい用語でしょう。実を言えば「サステイナブル工学」という言葉は、まだいろいろな人がそれぞれにこの言葉から連想する以上の内容、共通の語義のある言葉とは言えないと思います。

 本学の工学部が設立された際に「サステイナブル工学」を我々なりに定義し、イメージが先行する「サステイナブル工学」に具体的な内容を与えたい、そう考えたときに基本となったのは「三つのP」すなわち「Planet(地球環境との調和)、People(生活の質の向上)、Prosperity(経済の活性化)という三つの視点を同時に考慮してバランスをとる」という考え方です。

 もともと工学には二つのP、つまり「People(生活の質の向上)、Prosperity(経済の活性化)」のバランスをとる、という考え方がありました。簡単に言えば「より良い製品をより安く」供給するのが工学の役割。そこにもう一つのP、「Planet(地球環境との調和)」を加えようというコンセプトです。



Photo_20200220091501

続きを読む

ハーバーとボッシュ、偉いのはどっち? 5年目 (江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 これは本学科1年生向けの「サステイナブル化学概論」というオムニバス形式の授業での私のレポート課題、本当は「どちらの業績を評価するか」という質問です。私の授業ではハーバーボッシュ法の説明をして、毎年この質問をすることにしています。

 ハーバーボッシュ法は空気に含まれる大量の窒素ガスを植物が利用できる形態に変化させる技術です。この方法でほぼ無尽蔵の窒素肥料を合成することが可能となり、70億を超える人口を支える現在の農業の礎となった偉大な発明です。

 ハーバーとボッシュ、フリッツ・ハーバーとカール・ボッシュ、の名前はこの空中窒素固定技術では必ず一緒に出てきます。しかし、その役割は大きく異なっていました。大ざっぱに言えば窒素、水素、アンモニアの平衡関係を解明し、高圧条件下で触媒を用い、比較的低温でアンモニアを合成する方法を考案したのがハーバーであり、高圧で水素を扱う場合に起きるいろいろな困難を一つ一つ解決して実用化したのがボッシュだ、という役割分担になります。

 さて、今年の結果はハーバーがかなり優勢でした。

 

Photo_20200208061801

続きを読む

より以前の記事一覧