授業・学生生活

本日から対面授業が再開します(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本日(2021/10/18)から我々工学応用化学科が所属する八王子キャンパスで対面授業が再開となります。授業そのものは新学期の始まり、9月27日からスタートしていました。当初は最初から対面授業を中心に進める予定でした。しかし、新型コロナウイルス感染症の感染拡大への対応として発令された緊急事態宣言に呼応して今月15日までのオンライン授業を中心とした対応が決定された、という経緯があります。(この辺の事情はこちらの記事でも説明しています。)

 ところが、何というか、コロナウイルス感染症の新規感染者数もピークを越え、緊急事態宣言はいつの間にか取りやめに。(正確には9月30日です。)その後も感染者数はどんどん減っています。今回の対面授業の再開は遅すぎた、とまでは言いませんが、機は熟したとはいえるでしょう。

20161_2_20211016215701

続きを読む

水曜日の午後は「半ドン」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 応用化学科水曜日午後の時間割。1年生、2年生は選択の語学が中心。3年生は基本的に授業なしです。

水曜日となれば週の真ん中。疲れが溜まるといけないから水曜日は「半ドン」にできるように考えられているな。

でもちょっと待って。1年生は「コーオプ演習Ⅰ」という授業で、3年生は「創成課題等」(「等」って何だよ)の授業で「全体会」というのがあることになっています。しかも「実施の場合は別途掲示」という注釈つき。

 学生さんから見ると変な時間割、となるでしょうか。でも我々教員からみるとちゃんと理由があるのです。

 

Weekmark3_wed_20211006064701

続きを読む

新型コロナウイルスワクチン職域接種(第2回)が行われました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学の八王子キャンパスで新型コロナウイルスワクチンの職域接種を実施する、という話題は以前この記事でふれています。(なお、ワクチンの職域接種は本学の蒲田キャンパスでも実施します。)第1回目は9月1日(こちらの記事)で、昨日(9月29日)は第2回目の接種が行われました。

 自分がワクチン接種の1回目を受けたのは7月の11日。2回目は8月1日(ファイザーなので間は3週間です)でした。本学での職域接種の1回目がちょうど一ヶ月後、モデルナワクチンの間隔は4週間ですから約一ヶ月。夏のはじめから始まったワクチン接種のイベントも秋を迎えてやっと終わった様に感じます。

 もっともこれは私の身の回りでの感じ方。二回目の接種が終わったのは全人口の6割程度ですからワクチン接種はまだ道半ばなのです。

20161_2_20210929182001

 

続きを読む

後期の授業が始まりました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 2021年度、後期授業は今週9月27日から始まりました。夏休みも終わり、14回の授業と期末試験の新しい学期が始まるのです。

 高校生の皆さんからするとずいぶんゆっくりした新学期スタートだ、と思われるかも知れませんが、本学の夏休み入りが8月13日だったことを考えると夏休みの長さはそれほど長くない、ということになります。特に4年生諸君は卒業研究の中間発表がありましたからそれほど夏休みをエンジョイできなかったかも知れないですね。

 さて、実は今週には本学での新型コロナウイルスに対するワクチンの職域接種も予定されています。学生諸君も接種できる様に今週の火曜日は臨時休講。その翌日も副反応に備えて休講となりますから、最初から週5日中3日しか授業はありません。ちょっと拍子抜けでしょうか。でも私としてはこのような準備運動の期間があった方がうれしいですね。

52_2_20210926081501

続きを読む

新型コロナウイルスワクチン職域接種(第1回)が行われました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学の八王子キャンパスで新型コロナウイルスワクチンの職域接種を実施する、という話題は実は以前このブログでもふれています。(なお、ワクチンの職域接種は本学の蒲田キャンパスでも実施します。)昨日9月1日はその第1回目の実施日でした。

 八王子キャンパスの正門の真っ正面にある「本部棟」の前に人が並んでいる(と言っても密を避けてまばらに、でしたが)のを見て、なるほど今日が職域接種の日か、と納得しました。本学の本部棟とそれに連なる職員食堂は、じつは今までも毎週日曜日に八王子市が実施するワクチン接種の会場として提供されていました。今回の職域接種も同じ場所を会場として使う、というのは合理的ですよね。

 聞けば「職域接種を実施」というニュースが入ったとき、すぐに本学も手を挙げたのだそうですが、本日やっと実施できることに。大学としては学生さん優先で予約を取っていましたが開始前に教職員にも枠が開放されたので、希望する学生さんには行き渡ったのだと思います。研究室の学生さんに聞くと、すでの地元で日程が決まっている人もいましたが、何人かはこの機会に大学で接種を受けるとのことです。

52_2_20210901162701

続きを読む

「教育用ITシステム活用セミナー」が開催されました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 授業といえば教科書があって黒板があって…それはそれで今でも有効な教育方法だと思います。とはいえストイックに従来の方法にこだわる必要もありません。ITを活用して省ける手間は省いて、より効果の高い授業を目指さなくては。

 ということで本学では「先進教育支援センター」が中心となって教育用ITシステムの維持管理、新規機能の導入や学生向けのサポート、そして教員向けの情報提供を行っています。今回、8月30日、31日に開催された「教育用ITシステム活用セミナー」はまさに教員向けの情報提供の場、という位置づけです。

 初日は基礎編として本学のITシステムの説明、Moodleの基礎、そしてMicrosoft365についての紹介。「Moodleのコースは教員なら誰でも作れるのか!」「Microsoft365にもFormsがあるのか!」など、基礎編とは言っても新発見はあるものです。

 そして二日目は上級編、ではなくて「学生目線編」です。

Photo_20210831161701

続きを読む

仮履修登録のこと(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 履修登録についてはこちらの記事で紹介しています。小中高とは違って大学の授業は学生一人一人が選択するものが多い。だから学生が自分でどの授業をとるかを決めて、それを大学側に知らせる必要がある。そのための作業が履修登録となります。通常の履修登録は授業開始から1~2週間程度で行われています。後期の授業開始は9月の終わりごろ。従って本来の履修登録は10月に入ってから、と予定されています。

 さて、タイトルの「仮履修登録」は今回初めて実施する試みです。実施する内容は本番の履修登録とほぼ同じですが、実施期間が授業開始のかなり前に設定されているのです。

 なんで「仮履修登録」が必要なのか。じつはこれ、コロナウイルス感染症対策の一環なのです。いままでも感染対策として履修人数が多くて学生間の適切な距離が保てない授業についてはオンラインで実施する、などの感染対策をとっていました。その際、履修人数については例年の実績などから見積もっていたのですが、今回は「仮履修登録」によってより具体的に履修学生の人数を把握しよう、というのです。事前に正確な人数が分かれば、学内で実施する授業も人数と教室のサイズを適切に配分することができます。

School_class_seifuku

続きを読む

八王子キャンパス、今日から活動再開です。(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先の記事に書きましたが8月12日~18日の夏期休暇期間の間、八王子キャンパスは原則閉鎖となっていましたが、本日(8月19日)から再度オープンです。

 日本の大学のほとんどは二期制(セメスター制)で前期(多少前後しますが4月から9月)と後期(10月から3月)との二学期で運営されています。本学工学部は一部クォーター制が含まれますが、基本的には二期制ですから、夏期休養期間は前期から後期への切替のタイミングなのです。

 さて、本学での前期の授業日程をみると4月の初めからガイダンスがあり、4月14日から授業スタート、7月30日に授業終了でその後の試験期間を含めると夏期休暇期間ぎりぎりの8月6日までが前期の授業期間です。

 後期の授業の開始は9月27日から。学生諸君の夏休みは1ヶ月以上になります。

 さて、前期の始まりが4月1日で後期の始まりが9月27日。

あれ、一年を半分に分けるとすれば後期は10月1日からスタートでは?

その疑問、ごもっともです。

52_2_20190815215701

続きを読む

八王子キャンパスの夏期一斉休休暇(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学工学部応用化学科の卒業論文中間発表会は8月11日まで。4年生諸君にとっては12日から夏休みとなる訳ですが、今年は私達教員も同じ。12日からの一週間は八王子キャンパスの一斉休暇期間となっていてキャンパスは閉鎖、我々教員でも原則的に入ることができないのです。

 キャンパス閉鎖だと言っても大学が完全に活動を停止してしまう訳ではありません。郵便物の受け取りから緊急事態対応まで、大学側の都合ではどうにもならないタスクもあるわけですから。最近はリモートワークにも皆が慣れてきたので以前より柔軟な対応が可能です。もっとも、いつでも半分職場とつながった状態にいなければならないという問題もあるわけで、一概に良いことかどうかは意見の分かれるところかも知れません。

20161_2_20210813040601

続きを読む

「次のスライドお願いします」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 前期の授業、そして試験が終了して夏休みに突入、と言いたいところなのですがこと4年生についていえばクライマックスはこれから。前期に行った卒業研究の成果を発表する卒業論文中間発表会が予定されているのです。

 コロナ禍の中での開催ということで我々も気を遣います。いつもは1つのPCに学生諸君の発表用のファイルを集めて、同じPCをつかって皆が発表していました。ですが感染防止の観点からこれは宜しくない。ということで昨年度の発表会では各自がPCを持ち込んで発表、としました。

 ところがこれが結構大変。PCの交換に時間がかかることは覚悟の上だったのですが、PCへの接続がうまく出来ない学生さんも少なからずいたのです。中にはPCを再起動する人までいて、かなりのタイムロスになりました。

 昔、プロジェクター導入の初期にはありふれた光景だったのですが、最近とんと見ない懐かしの光景が再現されて少しビックリ。やっぱり学生さんは自分のPCをプロジェクターにつなぐ、という経験が不足しているのかも知れません。

 さて、今年はどうしよう。やっぱり1つのPCにファイルを集めるところまでは例年通りにするしかない。でも学生さんに操作させるとなると毎回消毒する必要が。うーん、ここは操作係の人を別に配置すれば良いのでは。

Setsumeikai_seminar

続きを読む

より以前の記事一覧