授業・学生生活

それでもあなたは間違っているー物質収支のはなし(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 学生実験で「蒸留」の実験をしている、という話はずいぶん前のこちらの記事で紹介しています。実はその後の見直しで一時中断していたのですが、今年度から再開しています。

 さて、この実験ではエタノールと水を混ぜて図のような装置によって蒸留を行い、得られるエタノールの純度と回収率とを求めるという内容なのですが、同時に物質収支についても検討してもらう事にしています。

 「物質収支」という言葉を聞いたことがない人も多いかと思います。文字どおり「物質」の「収支」のことで、マテリアルバランスと言ったほうがピンとくるでしょうか。

 今回の実験では「三口フラスコに入れたエタノールと水の混合液」の量(質量です)が「蒸留された溶液」と「三口フラスコに残った溶液」の質量の和に等しいか、という確認。さらにエタノールのみに注目して「入れたエタノール」が「出てきたエタノール」と「残ったエタノール」の和になっているかも確認することになっています。

Photo_20201030090001

続きを読む

そろそろ来年の時間割の話をしよう(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 来年の話をすると鬼が笑う、と言いますがこちらは鬼が大爆笑しそうな来年度、つまり2021年4月からの時間割のお話しです。

 本学の工学部は2015年の開設です。私もその時からこの大学にいたので、時間割がまさにゼロから作られていく過程を目撃しました。まず最初の年度は1年生しかいませんから時間割の調整も比較的簡単。2年度目でもまだ余裕。などと思っていると3年度目の時間割は結構大変なことに。

 はじめのうちは、朝1限はなるべきはずそう、せっかく大学に来ているなら空き時間をなくそう、などといろいろ学生さんに配慮した時間割が組まれていたのです。でも、3年度目になると必要な授業を巧く配置すること自体が難しいパズルの様に。教員への配慮も無くなって、私は月曜1限から5限までぎっしり埋まる、という時間割になってしまいました。

 とは言え、これは3年度目がクライマックスで4年度目になるころには一段落。大学の4年生は基本的に卒業研究が中心となるので時間割の設計は実質的には3年度目で終了しているのです。

 さて、開設4年目で時間割は完成。あとはそのままか、というとそんな事はありません。

School_jikanwari_junbi

続きを読む

期末試験のこと (江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 私のところに大学の学務課から「【八王子キャンパス】2020後期 定期試験時間割(案) 確認のお願い」というメールが届きました。そうです、期末試験の時間割についての連絡がきた、つまり本学では後期の定期試験を行う、ということです。

 いや、大学で試験があるのは当たり前だろう。

 それはそうなのですが、前期は授業がオンライン化されていたために定期試験を実施できなかったのです。試験では本人確認が必要ですし、カンニング対策も重要です。これをオンラインで行うというのは(原理的にはいろいろな方法が考えられると思いますが)実際には困難だ、という判断で前期は試験なし、ということになりました。

 当然「【八王子キャンパス】2020前期 定期試験時間割(案) 確認のお願い」というメールが来ることはなかったのですが、後期は対面授業となった科目も多く、それらの授業では試験を実施することもできる様になったということです。

52_2_20201027024601

続きを読む

板書には iPad + Apple Pencil が最高な件(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 板書って、iPad は黒板の代わりにはならないでしょう。

 それはそうですね。実は今回のお話しは「対面授業、ただし遠隔受講可」の授業についてのお話しです。本学では対面授業を重視していますが、学生個々人の異なる状況に配慮して遠隔受講も可能とする、という取り組みをしています(こちらの記事をご覧ください)。理屈はその通りだとしてどのように実践するのか、ということで対面の授業をしながら配信もする、という授業の実施方法についても検討しました(詳細はこちらの記事に)。

 授業を配信する場合、そのまま「授業を配信する」と考えると難しい。逆に「オンライン授業を対面で実施する」と考えればやりやすいのでは、と考えました。でも今までの対面授業の中でどうしてもやり続けたいことがある。私にとっては黒板に板書することがそれでした。自分の授業の中で定番になっていて、これをオンラインでやるにはどうするべきか、というのが課題になったのです。

 ビデオカメラで黒板を写す。これが一番単純な発想なのですが、この場合文字はそれなりに大きく書かなくてはなりません。それに受け手の学生さんの状況によっては充分な解像度の映像が送られるかどうか分かりません。

 ならば、PCの画面上に文字や図形を書いてその画面を授業の参加者と共有したらどうだろう。マウスで文字や図形を書くのは難し過ぎるからペンタブレット(PCに接続する入力装置で、ペンを利用するもの)で書けば良いのでは。

 なるほどこれなら「板書」をきれいな映像で発信できそうだ、と思ったのですがペンタブレットというものはキーボードの様にPCの前にどっしりと腰を落ち着けて操作するものなんですよね。これでは、チョーク一本で黒板に線を書き足して行く様な、今までの感覚とはほど遠いものになりそうです。

 ならペンタブレットじゃなくて普通のタブレットなら良いのでは。タブレット自体をネットにつないで、そこから発信するということで。これなら片手にタブレットを、もう一方の手でペンを持ちながらスクリーンの前で説明しながら絵や式を書くことができそう。

Blogbloggingcloseup768472

続きを読む

履修登録、完了!(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 これを読んでいるあなたがもし高校生、あるいは中学生だったらまだあまり実感はないかもしれません。大学生になったら自分の受けたい授業を受けることができる「選択」という制度があります。例えばわれわれの応用化学に入学した1年生。月曜日1限は「国語」とか「算数」といった教科が決まっているわけではありません。後期の月曜1限には「芸術論/哲学と思考/人間と倫理/世界の宗教/日本語リテラシー/政治と社会」という六つの授業のなかから自分の受けたい授業を選ぶ、つまり選択すればよいのです。(もっともこれは学生番号が奇数の人の話。偶数の学生さんは月曜日の2限が選択授業の時間です。)

 もちろん、どんな授業も選択、というわけにはいきません。例えば我々応用化学科の場合なら「学生実験」。これはさすがに全員に受けてもらいたい授業ですから「必修」の授業だ、と言われるのです。

 中には「選択必修」という授業もあります。どっちやねん、と言いたくなりますが「選択必修の授業のうちからず○○個以上の授業をんで受講するように」という縛りがあるのですね。

 さて、「選択」なのだからどの授業を受けるか、を意思表示するプロセスが必要です。それが履修登録。今回は10月6日が1,2年生、7日は3,4年生、そして8日には再チェック、という日程で行われました。

Template_jikanwari_nichi

続きを読む

2020年度後期の時間割(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 つい先日の話、都合で昨年度の時間割と今年度の時間割を比較する必要があり、2019年度の工学部時間割(工学部の三学科は一体で時間割をつくっています)を取り出しました。半年と少ししか経っていないはずなのですが見てびっくり。時間割ってこんな感じだっけ?

 以下に2020年度(左)と2019年度(右)の時間割を載せています。ともに後期のものですが詳細はともかく見た目が全く違う。昨年の時間割はほぼ白黒で、注意を促す赤色が少し使われている程度。一方で今年の時間割は黄色地青地に黒文字赤文字と実にカラフルです。昨年までの時間割はガイダンス時に印刷したものを配布していました。でも、今年はオンライン化でネットからダウンロードすることになりました。だからといって、カラー印刷が不要になったからカラフルに、という訳ではありません。(まあ、それもあるのかもしれませんが。)

Photo_20201012083101

続きを読む

私には「直近の活動限界」があるらしい(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「あなたには直近の活動期限があります。」というタイトルの見慣れないメールが届きました。はて、新手のスパムでしょうか。困ったものだ、と思ったのですが出所は東京工科大学のクラウドサービスセンターです。一体何だろう、と開けてみると…。

 講義の課題提出の期限た近づいているよ、というお知らせでした。moodle という本学で使っている学習支援システムから送られてきたものでした。

 私は自分以外の先生の授業を取っているわけではない(というか取れない)のですが、moodle では自由に(というか勝手に)ほかの先生の授業ページを覗くことができます。その際、学生というロール(資格)で登録することになるのですが、その記録に従って私に早く課題を出すように催促のメールが来た、ということの様です。

Photo_20201006024001

続きを読む

「オンライン授業」について考えてみる その2 (江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 前回に引き続いて「オンライン授業」について考えてみましょう。今回想定するのは大教室でたくさんの学生を相手にする授業です。この手の授業は「マスプロ授業」、つまり大量生産のような授業と言われて教育効果に疑問がある、とされてきました。では、これをオンライン化するとどうなるのでしょうか。

 いままでやっていた授業を映像にとってそのまま流す、それが一番簡単なオンライン化でしょう。その場合、話を聞いている学生は完全に聞いているだけの状態になります。他の学生と私語をしない分だけ教育効果がある?いえ、学生さんがオンライン配信を聞いている正にその機械は誘惑に満ち満ちているのです。本人にやる気が無い場合は教育効果はないのでは。(まあ、本人にやる気が無い場合はどんな方法でも教育効果は無いのですが。)

 ということで、学生には自分で文章を読んでもらいましょう。読む作業は映像を見たり音声を聞いたりするよりもずっと能動的な作業ですからちゃんと頭に入るでしょう。いままで使っていたスライドに解説文をつけて、それを読んでもらう。分からないところは教科書を参照してもらいましょう。

 これにプラスして課題もやってもらいます。授業で取り扱ったテーマについて独自に調べて簡単なレポートを書く、というもの。こらなら学生も遊んではいられません。うん、これで対面授業を越えるオンライン授業の完成だ。Online_school_girl_20201004111801

続きを読む

「開放教室」のこと(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 あの「漂流教室」の続編が...、とかそんな話ではありません。新学期から本学で開始された制度で、これもまた新型コロナウイルスへの対応の一つです。

 本学では新学期から対面授業を積極的に実施しています。もちろん感染にたいする対策をとり、学生のみなさんの個別のリスクにも配慮しつつ実施しています。とはいえ全ての授業が対面授業になったわけではありません。教養科目を中心にオンラインの授業もまだそれなりに行っています。そのままだと「対面」と「オンライン」の授業がまだら模様になった時間割ができあがるのですが、それでは「家でオンラインの授業を受けた15分後に対面授業」など瞬間移動が必要になってしまいます。

 もちろん、時間割を調整してこのようなジャンプを少なくするようにしているのですが、それでも曜日によって、人によってはオンライン授業と対面授業が連続する、という状況が起こってしまいます。

 瞬間移動はあり得ないですし、対面の授業を家で受けることも無理です。結局、オンラインの授業を大学で受講する、というのが解決策でしょう。ということで大学でオンラインの授業を受ける教室、つまり学生さんが自由に居られる教室が必要だ。それが「開放教室」だというわけです。

006620_10_2

続きを読む

「対面授業、ただし遠隔受講可」な授業、やってみた!(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「対面授業、ただし遠隔受講可」の必要性についてはこちらで説明していますが、要するに今回のコロナウイルス問題に対する対応として、本来なら対面で受けて欲しい授業でも、リスクの高い学生には外部から遠隔での受講を可能にしよう、そういうタイプの授業をつくろう、ということです。時間割の策定の際には理論的な可能性の話でしたが、実際に実施されるとなると具体的な手段が当然問題となります。

 はて、どんな形でやろうか。オンラインの授業は今までも経験がありますし、対面の授業ももちろんやったことはあります。というか、今までずっとやってきたことです。でも両者を合わせるのはどうなのか。

 色々考えて、基本的な方針として「対面の授業をオンラインで配信する」のではなくて「オンラインの授業を見た目が対面授業の様に配信する」ということにしました。授業の中で、教師はいろいろなことをやっています。立って話す、のが基本ですが学生に問いかけたり,教室の中を歩き回ったり。スライド見せる、板書をする、サンプルを見せる、実験をしてみせる、などなど。

 これを全てオンラインで配信しようと考えたら専任の撮影スタッフが必要なのではなかろうか。

Vlcsnap2020093008h38m15s004

続きを読む

より以前の記事一覧