授業・学生生活

「サステイナブル工学プロジェクト演習」最終報告会本選(2020)(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

「サステイナブル工学プロジェクト演習」については本ブログでも何回かとりあげています。こちらこちら、そしてこちら 

 昨日、1月6日には半年、というか後期14回の授業の最終回として「最終報告会」の本選が開催されました。本選、とあるのは先週予選を行い選抜された班による発表会であること(これは本選の本の部分)と、今回の選ばれた班が学部長賞で表彰されること(これが本選の選の部分)によります。

 「サステイナブル工学プロジェクト演習」は本学工学部の3年生によるグループワーク形式の授業です。特徴としては3学科合同の授業であること。異なる学科の学生が集まってグループワークを行うことになっています。三学科合同で約300人、通常授業は二クラスに別れ、それぞれ27班、28班でのグループワークとなります。

 予選では全体で55班がグループワークの成果を7会場に分かれて発表し、その中から10班が今回の本選に進みました。

 発表の内容は工業製品やサービスのLCAによる評価と機能的、経済的価値を統合化した環境効率の算出です。さらに対象とした工業製品やサービスに対する改善提案を行い、その環境効率への影響を検討しました。LCA評価では環境ラベル「エコリーフ」に登録さている公開情報を利用して実際の製品に近い条件での評価をおこなっています。一方、改善提案については各班のメンバーが自分の学科のバックグラウンドを生かしつつ自由に発想しています。

 と、ここまでは例年通りの内容なのですが、今回2020年度の最終発表会はやはり新型コロナウイルス感染症の影響を受けています。最大の違いはやはりオンラインでの実施になった、ということです。

Photo_20210107061201

続きを読む

新年の授業が始まります(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 我々工学部応用化学科が所属する東京工科大学の八王子キャンパスは1月4日まで閉鎖、本日5日から活動を再開します。昨年は6日から授業が再開していたのですが、今年は一日早い授業再開です。

 実は1月4日までの期間、本学八王子キャンパスは年末年始休業期間となっていて防火・防犯体制が強化されています。お休み、という以前にキャンパスには原則立ち入り禁止となっています。卒業論文の追い込みで実験をしたい4年生諸君には申し訳ないのですが、ここは英気を養ってもらうところでしょうか。

20161_2_20210104121701

続きを読む

壁に耳ありZoomに目あり(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 私の居室(教授室)の入口の扉は普段はオープンにしています。これは学生さんに声をかけてもらいやすい様に、という配慮なのですがたまには閉める必要があるときも。例えば成績に関わるものを扱っているときとか。ということで今回のお話しは教授室の扉を閉める必要がある場合についてのお話しです。

 今日も今日とて午前中は授業が多くてなかなか時間が取れません。午後になって学生さんとまとめて打合せを、となりました。ここは Zoom をつかって次から次に実験の進め方などを決めてゆきます。大きな方針がきまると個別の作業のお話しも。この作業は人手がいるな、せっかくだから今日の内に片付けよう。僕も参加するからこの打合せの後に手の空いている人は集まってね。

 そんなこんなで Zoom 打合せも終了。手順を確認して作業を始めますか。うーん、どうしよう。服を気にしなくて良い様に作業服に着替えましょうか。

 えっ、そこは白衣では。いえいえ、実は私は作業服派でして自分の実験で白衣を着ることはほとんど無いのです。そう言えば今の白衣もオープンキャンパスを行う、という名目で大学の広報費用で買ってもらったのではなかったか。実質コスプレですな。

 

Stand_sagyouin_man

続きを読む

「実験日通知書」のこと バリアフリーな授業に向けて(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 2020年度後期の授業は新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために授業の実施方法にいろいろな工夫をしています。たとえば「対面ただし遠隔受講可」な授業はその代表例。でも学生実験となるとこれは対面一択、となるのですがそれでも三密を防ぐために通常通りの運営は難しい。そこで例年は週1日全員参加で行っている学生実験を、週二回に分けて一回ごとに半数の学生が実験をする、というスタイルで実施することとなりました。

 私も参加している1年生後期の学生実験「工学基礎実験Ⅱ(C)」の実験では例年、全体を四つのグループに分けて四テーマの実験を交代で行う、という実施方法をとっています。今年は実験日が週2回、月曜日と金曜日になったので一日に二テーマずつ二つのグループが実験すれば良い。と、ここまでは簡単なのですが、さて実験テーマと実験の曜日はどのように配置しようか。非常勤講師の先生たちにも実験の担当をお願いしているので勝手に曜日を動かすことはできません。そこで月曜日はこの実験テーマ、金曜日はこれ、と決める必要があります。そうなると学生は月曜日に実験をする週と金曜日にする週とが人によってバラバラになる、ということになります。

 いくら何でもこれは複雑すぎるのでは...。ということになって考えたのが「実験日通知書」です。これは各週の月曜日と金曜日に実験がある・ない、実験するテーマはどれ、という情報を一覧表としてまとめたもの。学生ごとに実験日はばらばらなので(実際には数パターンのうちどれかなのですが)、この「実験日通知書」も学生1人1人のその人専用のものを作って配布しています(といっても学修支援システムの moodle にまとめてアップロードしているので紙を配るわけではありませんが)。

Template_jikanwari_nichi_20201210063401

続きを読む

模擬面接を実施しました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

「模擬面接」は学生諸君の就職支援の一環として本学キャリアサポートセンターと我々教員とが協力して行う就職活動の際の面接の予行演習です。対象は本学の3年生。応用化学科の三年生も当然「模擬面接」の対象となります。

 この模擬面接は研究室の先輩が面接官役となります。すでに就職活動を終え、実際の面接を経験した4年生が、一研究室あたり数名、面接官役のを務めます。研究室毎に模擬面接を行い学生に対するフィードバックと共に結果をキャリアサポートセンターに報告する、というのが本学の一般的なスタイルです。

 

Syukatsu_mensetsu_man_20201208171801

続きを読む

パネルディスカッション「理想的な工学教育の在り方を考える」を開催しました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 我々応用化学科は工学部に属していますが、本学の工学部は機械工学、電気電子工学、そして応用化学の3学科体制となっています。授業も大部分は学科単位で行いますが、一部の授業は工学部共通で行われるなど一体で運用されている部分もあります。

 ということでFD活動(Faculty Development、教育方法についての能力向上を目指した活動)にも学部単位のものがあります。今回ご紹介する

東京工科大学工学部 パネルディスカッション「理想的な工学教育の在り方を考える ニューノーマル対応型教育メソッドの確立を目指して」

もその一つです。

 今年2020年は新型コロナウイルスの感染拡大への対応で大学教育は大きな影響を受けることとなりました。まずは一般には可能性として議論されるだけだった遠隔授業が図らずも大々的に導入されたこと。前期の後半から夏休みを挟んで後期にかけて、対面の授業を一部再開することとなりましたが、決してもとと同じ授業風景が帰ってきたわけではありません。変化の中には悪いものもあれば良いものもある。我々は良いものを伸ばし悪いものを解決することで新しい教育メソッドを作って行かなければなりません。そんな思いから工学部教員全員参加のパネルディスカッションが企画されたのです。

Photo_20201203061901

続きを読む

「ハイブリッド授業」のメリット・デメリット(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「ハイブリッド授業」という言葉にはいろいろな意味合いがあり得ると思います。ここではこのブログで何遍も述べてきた「対面ただし遠隔受講可」の授業ということにしましょう。そのメリット・デメリットは何でしょうか?

 漠然とメリット・デメリットといっても焦点がぼやけてしまいます。まずは誰にとってのメリットであり、誰にとってのデメリットかをハッキリさせるために学生の立場と教員の立場を分けて考えてみましょう。

 まず、学生の立場から。学生からすれば授業を受ける際の選択肢が増えるわけですから、これは確実にメリットがあると言えるでしょう。対面の授業より遠隔の授業が良いならそちらを選ぶ。やっぱり対面が良い、という人は大学に来れば良いのです。選択肢が増えるということは遠隔と対面の良い方を選ぶことができるのですから、もともと対面が良いという人に新たなメリットはないものの、対面より遠隔が良いという人にはメリットがあるわけです。ですから学生全体に対してはメリットがあると言えると思います。

 では教員についてはどうでしょうか?

 School_class_20201129210801

続きを読む

後期授業は半分まで終了しました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 9月の終わりにスタートした2020年度後期の授業は本日(11月20日)で金曜日の授業が第7回まで終了、来週から第8回に入ります。実は一部の授業、具体的には火曜日から木曜日の授業は一足先に先週で7回を終了しています。月曜日と金曜日の授業は学園祭(結局本年度は開催できませんでしたが)のために1週おくれとなってる、そのせいで本日やっと全ての授業で第7回が終了となるのです。

 さて、一学期の授業は14回、それにテストを加えると15回ですから後期の授業は今週で半分が終了、そして来週から後期の後半が始まる分けです。2020年度ももう大詰め、ということでしょうか。(少々気が早いですか?)

 本学工学部は一部にクォーター制を取り入れた変則的な制度(私は「ハーフ・アンド・ダブルクォーター制」と呼んでいます。)をとっているので前期の折り返し点では本当に学期(前期前半=1期と呼びます)が終了するのですが、後期の折り返し点は別に区切りがあるわけではありません。ただ、私個人は本学工学部の別学科の授業を手伝っているので、ああっ、後期も半分おわったんだなぁ、と感じています。

52_2_20201117235401

続きを読む

学生実験の「レポート発表会」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 応用化学科の1年生の学生実験は「工学基礎実験」という名称です。工学部共通の命名なので応用化学では正確には「工学基礎実験(C)」。前期はⅠなので今学期、後期の1年生の学生実験は「工学基礎実験Ⅱ(C)」となります。

 さて、後期も始まって8週間。半分弱の実験が終了したので表題の「レポート発表会」を開きました。提出されたレポートを教員がみて、これは、と思えるレポートを書いた学生さんに発表を依頼。それに加えて教員からの講評を行う、という会です。

 昨年までは普通に教室で行っていたのですが、今回は「対面ただし遠隔受講可」という授業形態になりました。レポートを発表してくれる学生さんの中にもネットワークの向こうから参加する人が多かったですね。

Photo_20201118080401

続きを読む

サステイナブル社会のエネルギー源(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 我々応用化学科が所属する工学部の大学院は「工学研究科」ではなく、「サステイナブル工学研究科」という名称です。サステイナブル工学の確立を目指す、という方針を明白に示した訳です。

 さて、その大学院の授業のなかで私は「サステイナブル工学概論」という授業を受けもっています。

 と、ここまでは実は先日の記事の焼き直しです。そのときは SDGs とサステイナブル工学の関係について学生諸君の考えを紹介したのですが、今回のお題は「サステイナブル社会」ではどんなエネルギーが使われているか、という問いかけです。

 まず、一番多かったのは太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーです。こちらの記事で触れたように現在の普及率がまだまだ低くて「全一次エネルギーに対して再生可能エネルギーの占める割合はまだ3.6%に過ぎ」ないことは授業でも触れているのですが、将来の、という前提で考えれば強い期待が持たれていることが分かりました。

 とは言え、小規模なエネルギー源で地産地消的な供給体制をイメージする人もいる一方で、大規模な太陽発電プラントを作って超伝導ケーブルや化学物質の可逆な反応を利用してエネルギーを世界中に送る、というグローバルなイメージを持つ人もいます。具体的な一つの決まったイメージはないようです。太陽発電衛星など、壮大なイメージを挙げた人も一定の割合でいましたね。

D80d353df6b64623e8294d76a7ebcc98

続きを読む

より以前の記事一覧