授業・学生生活

前期の授業は終了、でも期末試験はありません(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本日(2020年8月11日)、東京工科大学八王子キャンパスの前期授業は終了となります。コロナウイルス感染拡大を防ぐためのキャンパス閉鎖の影響で本年度前期は開始が5月20日と大幅に遅れました。授業回数は年度初めの時点で15回から14回に短縮されることが決まっていたのですが、さらに短縮されて12回に。それでも例年よりも遅い授業終了日となっています。でも、学生諸君の夏休みはそれほど短くならずに済みます。実は例年と違って期末試験がないのです。

 学期末には期末試験があるもの、と相場が決まっているのですが、今年の状況では試験をするのも難しい。もちろんオンラインでテストを実施することは可能なのですが、それはあくまで性善説に立った場合の話です。別に学生さんを疑っている訳ではありませんが、テストは単位認定の手段でもありますから本人が受験していること、指定された以外の参考資料を見ていないことを保証する必要があります。通常は教室で試験監督がいる状態での受験、という形式でその保証を確保しているのですが、オンラインでそのレベルの保証をするのは難しい、ということです。

 結局、今学期の授業は授業中の課題やレポートを総合して評価をつけることとなりました。これは5月に授業を再開する段階で教員に周知されていたことで、オンライン授業の前提の一つとなっていました。

20161_2_20200809112601

続きを読む

フレッシャーズゼミ最終回、前期もそろそろ終了です(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今週の水曜日(8月5日)、今年度のフレッシャーズゼミの授業は最終回を迎えました。フレッシャーズゼミについては、ずいぶん前になりますが、こちらの記事で説明しています。要するに「大学になって、クラスや担任というものが無くなった隙間を補完するための授業」です。

 応用化学科ではフレッシャーズゼミの時間を利用してグループワークと、その成果の発表会を行っていますが、その発表会は先週と今週の前半で行いました(こちらの記事で紹介しています)。オンラインのポスター発表の試みは初めてだったのですが、やっぱり対面での発表とは違います。ポスター毎にオンライン会議システムの会議室を用意したのですが、その会議室に発表の途中に入ると議論に参加できないのですね。実際のポスター発表だと、ポスターを読むことである程度途中からでも発表に追いつくことができるのですが、オンラインだとそうはいかない。ポイントはリアルなポスター発表では発表者が示したいポスターの細部と、遅れてきた人のためのポスターの全体像とが両方平行して示されている、ということの様です。いつか、WEB会議システムもリアルなポスター発表会を再現できるようになるのでしょうか。

Photo_20200805132101

続きを読む

今年はオンライン! フレッシャーズゼミ・ポスター発表会(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 例年、夏学期が終わりに近づくと1年生の授業「フレッシャーズゼミ」の最終発表会の記事をブログに書いていたものです。(こちらとか。)

 「異例づくしの」というのが枕詞になっている今年、2020年ではこの最終発表会も異例の対応。WEB会議システムを使ったオンラインの発表会となりました。まず応用化学科の1年生全員と教員、それにSAさんも集まって全体の説明と、各発表の概要を30秒で説明するフラッシュプレゼンテーションを行いました。100人近くの人間がWEB会議システムに一斉に接続したらどうなるのだろう?とも思いましたが、全員マイクOFF、ビデオOFFという設定でスタートし、発表者のみがマイクをONにするいう手順が徹底していたからでしょうか、思いのほかスムーズに発表が進められました。

 その後、各教員のフレッシャーズゼミで2~3班に分かれて作ったグループ毎の発表会。これはグループで個別に会議室を設け、見学者が各会議室に自由にアクセスする、という学会で言うところのポスター発表に相当する部分です。Online_kaigi_man_20200729131501

続きを読む

新入生東京工科大キャンパスに現わる(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学の八王子キャンパスでは7月1日から一部の授業が再開されています。応用化学科では学生実験がその対象で、二班に分かれて各班週一回の実験をがスタートしています。

 学生実験や一年生向けの授業担当の先生は例外として、私達教員が新入生諸君とコンタクトする機会が一番多かったのはフレッシャーズゼミという授業です。この授業はいわば大学におけるホームルームのような授業で、週1回少人数のグループに1人1人担当の教員がついて行います。今年は入学ガイダンスもこのグループで行ったので、学生諸君と一番付き合いが長いのは担当の教員なのですね。

 とはいえ、リアルに顔を合わせて話をすることは今までできませんでした。新入生諸君がせっかく大学に通う機会ができたので、これを機に対面のフレッシャーズゼミをやろう、ということに。学生実験の時間を少し融通してもらい、大きな教室でフレッシャーズゼミのグループ毎に集まって、そこに教員も参加する、という形態です。

20161_2_20200717055901

続きを読む

「緊急用お知らせサイト」のこと(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今年度から始まったオンラインの授業、本学の場合は全学生がノートPCを持っている事が前提となっているため、比較的順調に開始することができたと思います。でも、オンライン授業の基本インフラはネットのアクセス。もしサーバーに不具合があったら…。そう考えると不安になりますよね。

 本学のサーバー類も基本的にはすべてクラウド化されているそうで障害には強いと言います。それでも何らかのトラブルがあったらどうするのか。普通の災害、台風や大雨で大学のキャンパスでの授業でも中止になることはあるのですが、そんな場合は本学のWEBサイトから情報を発信します。でも、サーバーのトラブルなら、まさにそのWEBサイトに問題が発生するわけですから、別の連絡方法が必要になります。

 と言うわけで、本学には「緊急用お知らせサイト」というものが準備されています。

Photo_20200704192201

続きを読む

活動再開!東京工科大学八王子キャンパス(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今週の水曜日、2020年7月1日から八王子キャンパスでの授業が一部ですが再開することとなりました。

 7月1日の水曜日は実は授業開始からちょうど6週間が過ぎたところ。今年の夏学期は新型コロナウイルスの感染拡大の影響をうけて12週間に短縮されているので半分が終了。いわゆる第2クォーターの始まりとなります。

 これを機に、と言うわけではないでしょうが、どうしても大学でなければ行えない授業については、登校して対面での授業を行うこととなりました。

 大学でなければ、という授業、学部や学科によっていろいろだと思いますが、我々応用化学科としてはなんと言っても学生実験が該当します。思い起こせば、今期の授業がオンラインになる、と決まったとき最初に考えたのは学生実験のこと。こればかりはオンラインではできませんからね。幸いにもコロナウイルスの感染は抑えられている状態ですから、やっと実験が行える事になったわけです。

Photo_20200625083101

続きを読む

オンライン授業のメリット・デメリット(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためにオンライン授業の形で始まった2020年の新学期、5月20日からスタートした授業も一週間を超えて2回目の授業が進んでいるところです。

 学生諸君はこの新しい授業の形態をどのように考えているのだろうか?我々教員も手探りの授業形態なので学生の意見を聞いてみたい、問題点があれば改善したいし、良い点があればそれを伸ばしてゆくべきだ。そんな考えから1年生を対象としたフレッシャーズゼミという授業で「オンライン授業」の良いところ、悪いところについてグループ討論をしてもらいました。

 私のフレッシャーズゼミのクラスでは3つのグループに分かれて討論を行ってもらいましたが、まとまった内容はみなよく似ていました。

 メリットとして挙げられていたのは「通学時間と交通費の削減」そして「お金の節約」。まあ確かにその通りですね。少し違う視点かも知れませんが「対面ではないためプレッシャーがあまりない」という意見も。中には「朝、二度寝出来る」という意見もありましたが、先生それはよくないと思うな。

Online_school_girl

続きを読む

オンライン授業の一週間(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 全面オンラインに移行した2020年の新学期、最初の一週間が過ぎたところで我々応用化学科の全教員でWEB会議形式で情報交換を行いました。もともと水曜日がいろいろな会議が行われる曜日ですが、今学期は水曜日から授業がスタートしたのでちょうど一週間が終わり、二週間目に入るところで学科の会議の日程がまわってきたのです。

 教員が1人ずつ自分の担当している授業の実施方法と学生の反応、その他の気がついた点について話していきます。ちょうどこの日の午前中に学生さん達にやってもらったグループワークと同じ様なことを教員がやっている構図です。

 さて、私の感想は、先生方は皆いろんな方法を工夫しているんだなー、という事。特に本学の学習支援システムの moodle については、まだまだ知らない使い方があるのだな、と思っています。授業開始前の出席の代わりにアンケートを取ること、アンケートには「もう実験用の白衣を注文しましたか?」といった重要な確認事項を入れること、アンケートに答えることでその日の授業内容にアクセスできるようにすること、などなど。

Photo_20200528074101

続きを読む

今日(5月20日)から授業が始まります(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 新型コロナウイルスの感染拡大によって延期されていた新学期、とうとう本日(2020年5月20日)から開始となります。とはいえ、八王子キャンパスは閉鎖中。新年度の授業はネット経由で遠隔授業として行われるのです。

 普通の「新学期」であれば大学のキャンパスに向かうたくさんの学生でスクールバスが混雑し、キャンパス内にも多くに人が歩いていて、そして新学期最初の授業のために決められた教室に入れば多くの学友と再会することになります。でも、今年の新学期はそうはいきません。今日の1限スタートの時間(8時50分)に決められたURLにアクセスしてオンラインの授業をうける。いささかドラマチックさに欠ける地味な新学期となりそうです。

52_2_20200519190501

続きを読む

今年もやります 危険物取扱者・消防設備士 特定試験@東京工科大学(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 今年も9月18日に危険物取扱者の特定試験をここ東京工科大学で行います。今年はそれに加え、消防設備士の試験も同時に実施します。詳しくは学生ポータル(2020年4月2日)「危険物取扱者、消防設備士特定試験について(予告)」に掲載しました。そちらを必ずご覧下さい。同日の学生ポータルに「危険物取扱者(甲種・乙種)資格試験対策講座の案内」も出しております。あわせてご覧下さい。
 気をつけていただきたいのは、学生ポータルの掲示板は「重要なお知らせ」と「新着情報」に分かれているのですが、この2つの掲示は「新着情報」の方のみに掲載されています。そのため,「昨年度は見つけられなくなった」「見つからない」という苦情がずいぶんありました。

 さて、昨年との大きな違いは
 (1) 消防設備士試験を同時に行ないます。
 (2) 専門学校の学生さんも参加します。
の2点です。消防設備士は火災報知器や消火器の工事や設営・点検を行なうための資格です。その消火設備により8つの類に分かれています。また甲種と乙種があります。甲種のそれぞれの類ごとに資格になります。具体的にいえば、火災報知器の点検で長い棒の先にトーチをもって、確認している作業に必要な資格です。

Fig1_20200402172601

 

続きを読む

より以前の記事一覧