コーオプ教育

コーオプ実習成果報告会(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学工学部の特徴であるコーオプ教育、その中心と位置づけられる「コーオプ実習」は8週間にわたる企業での就業体験です。応用化学科では3年生を対象に本年度の前期に行われましたが、昨日、12月12日にはその「成果報告会」が開催されました。

 この「成果報公会」はコーオプ実習に参加した3年生諸君が実習の経験を振り返り、そこで得たものをポスター形式で発表するイベントです。我々応用化学科、そして電気電子工学科の3年生が参加する「成果報告会」はこれで2回目。機械工学科の学生が参加する夏の「成果報告会」も含めると4回目の開催となります。約200人が発表するので2会場、40分×3回の交代制となりました。我々教職員はもちろん、コーオプ実習に協力していただいた受け入れ企業の皆さんも招待させていただきました。

Img_2266

続きを読む

全学教職員会にて「コーオプ教育」に関する発表が行われました。(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学の工学部の特徴の一つであるコーオプ教育は、最大8週間の企業での有給の就業体験であるコーオプ実習を中心とした実学に基づいた教育プログラムです。

 今回、本学の教職員、全員が参加する「全学教職員会」において、このコーオプ教育、とくにコーオプ実習についての発表が行われました。ご担当は戸井コーオプセンター長。工学部設立に合わせてコーオプ教育導入が決定された経緯から始まって、コーオプ実習に学生が派遣されるまでの教育内容、実習のスケジュール、終了後のフォローアップなど、コーオプ教育の一連の流れまでをまとめて解説する内容でした。工学部以外の教員・職員の皆さんも、このコーオプ実習について耳にしたことはあったかと思いますが、本格的に内容について聞くのはこれが始めてではないかと思います。

Img_18791


続きを読む

コーオプ実習顔合わせ・情報交換会(2年目)が開催されました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先週の金曜日(2月9日)に「コーオプ実習顔合わせ・情報交換会」が開催されました。コーオプ教育も2年目に入りましたから、この会も2年目、四回目の開催となります。

 コーオプ実習は8週間、約2ヶ月の企業での就業体験です。これは大学の授業15週間+試験1週間のサイクルのちょうど半分なので、一学期を二つに割って、年4期のクォーター制で実施します。4月からの1期、2期は夏学期に、9月からの3期、4期は冬学期に相当し、今回の「コーオプ実習顔合わせ・情報交換会」は1期、2期に行われる応用化学科、電気電子工学科の3年生のコーオプ実習のキックアップイベントです。

 さて、このイベントも4回目の開催、コーオプ実習が開始されてから一年が経過し、来期から実習に参加するのは本学部の2期生となります。当初、手探りの状況で開始したコーオプ実習ですが予想外の問題に直面することもなく、最初の一年間は順調に進んでいると感じています。本学コーオプセンターを始めとしたスタッフの働きはもちろんですが、実習生の受け入れ先として本学のコーオプ教育に参画していただいている企業の方々のご協力の賜物だと感謝する次第です。

 さて、本日のイベント、コーオプセンター長の司会で、いつもの通り学部長による挨拶からスタート。

Img_1716

続きを読む

コーオプ実習成果報告会が開催されました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学工学部の特徴であるコーオプ教育、その中心と位置づけられる「コーオプ実習」は8週間にわたる企業での就業体験です。応用化学科では3年生を対象に本年度の前期に行われましたが、昨日、12月13日にはその「成果報告会」が開催されました。

 「成果報告会」は、コーオプ実習に参加した3年生諸君が実習の経験を振り返り、そこで得たものをポスター形式で発表するイベントです。応用化学科と電気電子工学科の3年生、約200人が発表するので、40分×3回の交代制となりました。我々教職員はもちろん、コーオプ実習に協力していただいた受け入れ企業の皆さんも招待させていただきました。中には本学科の2年生、これからコーオプ実習に行く予定の学生諸君の姿も見えました。

 

Img_1599

続きを読む

模擬面接のこと(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「模擬面接」は学生諸君の就職支援の一環として本学キャリアサポートセンターと我々教員とが協力して行う就職活動の際の面接の予行演習です。対象は本学の3年生。応用化学科の第一期生も三年生の秋を迎え、この「模擬面接」の対象となります。

 通常、この模擬面接は研究室の先輩が面接官役となります。すでに就職活動を終え、実際の面接を経験した4年生が、一研究室あたり数名キャリアサポートセンターで講習を受けて面接官役の準備をします。(図は講習での資料です。) その後、研究室毎に模擬面接を行い学生に対するフィードバックと共に結果をキャリアサポートセンターに報告する、というのが本学の一般的なスタイルです。

 もっとも、今回の模擬面接の対象者は本学科の第一期生。ということは先輩がいない世代でもあるわけで、面接官役になる人を別途探してくることになります。幸い、応用生物学部やメディア学部、応用生物学部の4年生の皆さんの協力を得ることができ、工学部最初の模擬面接を先週の金曜日と今週の月曜日(今日ですね)に行うことができることになりました。

Photo

続きを読む

コーオプ実習顔合わせ・情報交換会が開催されました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 つい先日「コーオプ実習終了報告会」について紹介したのですが、今回は「コーオプ実習顔合わせ・情報交換会」の紹介です。終了したのにまた?いえいえ、これは次のコーオプ実習の始まりのイベントなのです。

 コーオプ実習は8週間、約2ヶ月の企業での就業体験です。これは大学の授業15週間+試験1週間のサイクルのちょうど半分なので、一学期を二つに割って、年4期のクォーター制で実施します。4月からの1期、2期は夏学期に、9月からの3期、4期は冬学期に相当し、先日の「コーオプ実習終了報告会」は3期、4期に行われた応用化学科、電気電子工学科の3年生のコーオプ実習の締めのイベントでした。今回のイベントは機械工学科の2年生が3期、4期に行う実習のキックアップイベントです。

 さて、このイベント、実は昨年の8月11日のブログでも取り上げています。コーオプ実習が開始されてから一年が経過し、来期から実習に参加するのは実は本学部の2期生となるのです。当初、手探りの状況で開始したコーオプ実習ですが予想外の問題に直面することもなく、最初の一年間は順調に進んでいると感じています。本学コーオプセンターを始めとしたスタッフの働きはもちろんですが、実習生の受け入れ先として本学のコーオプ教育に参画していただいている企業の方々のご協力の賜物だと感謝する次第です。

 さて、本日のイベント、開始はいつもの通り学部長による挨拶から、まずスタート。

Img_1379_2

続きを読む

コーオプ実習終了報告会(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学の工学部の特徴の一つであるコーオプ教育、その中でもメインイベントとも言うべきなのがコーオプ実習です。最大8週間の企業での有給での就業体験、応用化学科と電気電子工学科の学生は3年生前期にこのコーオプ実習が設定されています。この時期、応用化学科の3年生はちょうど実習を終え、久しぶりに本学に全員集合することとなりました。

 さて、「コーオプ実習終了報告会」についてです。つい先日、実習を終えた2期の学生、一足先に帰ってきた1期の学生が集まり、実習での経験を互いに披露し合うのがこのイベントです。同一企業、同一業種で3名~5名が1グループとなり、相互のディスカッションが行われました。

 実習先で自分が経験したことを報告し、同じ実習先にいた他の学生の体験と比較し、さらに他の企業での実習の話に耳を傾ける。多種多様、どれひとつ同じではない、それがコーオプ実習の特徴です。

Img_1367

続きを読む

コーオプ教育世界大会(戸井コーオプセンター長)

| 投稿者: tut_staff

(今回はコーオプセンターの戸井センター長の記事を掲載します。機械工学科ブログ電気電子工学科ブログにも同様の内容の記事が公開されています。)

こんにちは、コーオプセンター長の戸井です。

6月5日から8日まで、タイのチェンマイで開催されたコーオプ教育等に関 する世界大会に出席して来ました。正式名称は、WACE(World  Council and Assembly on Cooperative Education) World Conferenceで、 今回で第20回目となります。世界各国から1000人を超える参加者を得て盛大 に開催されました。

1

開会式の 様子

続きを読む

コーオプ実習(トライアル)の事例発表会・交流会(笹岡コーオプセンター長)

| 投稿者: tut_staff

(本学工学部の特徴、就業力を高める本格的なコーオプ教育について笹岡コーオプセンター長が直接紹介するブログ記事です。本記事は工学部電気電子工学科BLOGにも掲載されます。)

 コーオプセンター長の笹岡(コーオプ教育担当)です。

Photo_2

 工学部の学生ではありませんが、コンピュータサイエンス学部及びメディア学部の2,3年生、20名が12社に分かれて8月上旬から9月中旬にかけて1週間から4週間程度のコーオプ実習を経験しました。そのうち、医療系のIT企業1社(医療系のパッケージシステムの研究開発、販売)、モノづくり系企業2社(自動車用金属加工部品や医療・介護機器製作、ロボット等の試作、量産設計・製作・販売)で実習をした学生とそれぞれの企業代表者が、コーオプ実習から得られた成果や学び、企業からは実習生に対する評価や今後への期待などを発表して頂きました。当日雨で心配しましたが結局、申し込まれた企業の大部分、計47社に参加頂け、写真の通り、第1部の事例発表会、第2部の交流会とも大変盛況なものとなりました。

 事例発表会においては、学生からは、プロジェクトを任されたもの計画通りにいかず苦労したが最後は期限を守ってやり遂げたこと、周りとの社員とのコミュニケーションでのエピソードや大学で学んだことが現場で意外と役立つことなど視野が広がったことなどが色々述べられ非常に奥の深い内容でした。

 学生達は当初、初めて企業で本格的に働くということで不安もあり、さぞ大変だったと想像しますが、無事乗り越えてくれたようです。とにかく、今回は試行ということで事前教育も2コマ(3時間)だけでしたが、それでもこのようにしっかり成果を出してくれて本当にうれしいかったです。本番の工学部の学生は1年もかけて事前教育を受けた後に企業に派遣されますので、さぞ立派な成果を出してくれるのかな~と思いました。

 企業からもコーオプ実習で来た学生が非常に頑張って成果を出してくれたこと、今後とも本学のコーオプ教育への取り組みに期待しているなどのエールが送られました。

続きを読む

「東京工科大学の魅力は...」コーオプ演習Ⅰ実習講義より(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

「東京工科大学の魅力は何ですか?」

「はい、高尾山に近いことです!」

えっ!そこ!?

 実はこれ、コーオプ演習Ⅰという授業の一コマです。ブレインストーミングの例題として「東京工科大学の魅力」を50個挙げましょう、というややむちゃ振りのお題に対する答えの1つ。ブレーンストーミングを知っている方なら、なるほど、とお思いではないでしょうか。

 さて、これまでも折に触れて紹介してきた本学のコーオプ教育ですが、1年生後期には「コーオプ演習Ⅰ」という授業が行われています。授業内容は、講演会などもありますが、主にグループワークとプレゼンテーションです。
 コーオプ教育では後々、企業での実際の業務にかかわって仕事に参加することになります。その時、チームで問題に対処する能力を養うため、グループで活動する、そのテクニック・やり方を身につけよう、というのがこのグループワークの目的です。

 高校まで、いえ、大学に入ってもほとんどの授業は個人の能力に焦点をあてた内容になっています。極端な話、学科試験で問題に協力して解答したら不正行為になってしまいます。もちろん、個人の能力を伸ばすのがこの段階での授業の目的ですから、これはこれで正しい。しかし、実際の会社、いえ、社会は個人の能力だけで問題解決ができるほどシンプルではないことが多い、したがってグループでの作業が必須となるのです。

Photo

続きを読む