日記 コラム つぶやき

阪神淡路大震災から25年(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 阪神淡路大震災は1995年1月17日の早朝、大坂・神戸・淡路島一体をおそった大規模な地震のことです。本日(2020年1月17日)、阪神淡路大震災から25年、四半世紀の月日が流れたことになります。

 高校生、大学生の皆さんはまだ生まれる前でしょうか。当然、当時の記憶は無いかと思います。私も当時は東京に住んでいたので、この地震については報道を通じての知識しかありません。

 私が最初にこの震災の情報に触れたのは1月17日の早朝、地震が起こったすぐ後のNHKのニュースだったと記憶しています。「大阪で大きな地震があった」という情報で、神戸についての言及はありませんでした。その後「大阪から神戸方面に向かったところ、甚大な被害が出ている様子だった」とつづき、やがて地震による被害の大きさが明らかになっていったのです。

 本当に大きな災害の場合、被害の中心地から第一報は届かない。これは後の東日本大震災の時も経験したことで、一般的な現象なのかもしれません。

 同様に、被害の総計が次第に増えてゆく、という現象も東日本大震災のケースと共通していました。ニュースとして報道するのは確認された被害の総計ですが、確認作業が手間取るほどの巨大な災害では、次第に増えてゆく被害状況を目にしながら憂鬱な気分をかき立てられることになるのです。

 さて、この阪神淡路大震災、日本における災害ボランティアがはじめて本格的に活躍した、という側面は不幸の中でもポジティブな位置づけのできる部分です。

2016011700053457roupeiro0004view

続きを読む

「eラーニング」をやってみた(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「eラーニング」は私の学生の頃には影も形もなかった(たぶん)ので自分でやってみるという経験それほど多くはありません。そこで、

学生もすなるeラーニングといふものを教授もしてみむとするなり

と言うわけではありませんが、今回のネタは「eラーニング」のコースをやってみた、というお話です。

 受講したのは一般財団法人公正研究推進協会(APRIN)提供の研究倫理教育eラーニング「APRIN eラーニングプログラム (eAPRIN)」というものです。実はこれ、私が個人的にeラーニングや研究倫理に深い関心があって、という話ではなくて「東京工科大学における研究費の不正使用及び研究活動に係わる不正行為の防止に関する規程」という規定に従って本学の関係者全員が受講することになったものです。

 さて、まず内容はさておき、eラーニングという形式についての印象。テキストを読んで、それに関するクイズに解答する、という形式だったのですが、私の場合は「疲れる」という感想です。自分のペースで進めてゆけば良いということは分かっているのですがどうしても気がせいてしまいす。eラーニングでは自分が教材を読み進めなければ先に進みませんから大急ぎで読む羽目に。さらに最後にクイズがあると思うと緊張してしまって普通の本を読むテンションとは明らかに違っていました。うーん、ビデオを利用したeラーニングの方が良かったかも。でも、ビデオよりテキストの方が効率は良いとは思います。

Photo_20200109120901

続きを読む

カラー印刷あれこれ(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 こちらの記事でも紹介した学会発表についてのお話。最近の学会発表ではプロジェクターでPCの画面を写して発表する口頭発表でも、自分で印刷したポスターを持ち込むポスター発表でも発表でつかう図や表、写真なのはどれもカラーで表示可能です。

 特に写真などはカラーか白黒かでかなり印象が違いますからカラーで表示できるメリットは大きいですね。(写真は写真でも電子顕微鏡写真なんかはカラーにはできませんが...。)それに、グラフは白黒でも表現可能ですが、カラーをうまく使えばデータの判別がし易くなって見やすいグラフを作ることができます。

 と言うわけで、発表に際してカラーの写真やグラフを利用する、というのは学会発表では一般的なことです。でも、発表に際して配布される予稿集(発表内容を簡潔にまとめた紙資料)はどうでしょうか。ペーパーレス化でそもそも紙資料を作らない、という学会もありますが発表会場での利便性を考えるとまだまだ印刷物への需要は健在でしょう。そこで問題になってくるのは紙資料をカラーで印刷するのにはかなりお金がかかる、ということです。

 まあ白黒なら黒のトナーを一回定着させれば良いのに対して、カラーなら少なくとも3原色、できればそれに黒を加えた4色のトナーをそれぞれ定着させる必要があるわけです。これはコスト高にならざるを得ない。

 写真はともかく、グラフなら工夫して「カラー・白黒両対応」のものを作ることもできます。「青線と赤線で二つのデータを表示」するところを「青実線と赤点線で二つのデータを表示」しておけば色データが失われて白黒になっても「実線と点線で二つのデータを表示」できるわけですね。実際、グラフを作るときは「まず白黒で作って後から色を付ける」といったテクニックもあったのですが、これはいかにも面倒です。それに学会の紙資料は大抵複数の人の原稿の寄せ集め。全員が白黒化に配慮した原稿作りをしてくれるとも限りませんから、お金をかけて全てラカー印刷か、それとも多少げ情報のロスを覚悟で白黒印刷か、という究極の選択を迫られることとなります。

Photo_20200108174201

続きを読む

「サステイナブル」?、 「サスティナブル」?、「サステナブル」?2020年版(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 我々応用化学科が所属する東京工科大学工学部、その柱の一つがサステイナブル工学教育です。では「サステイナブルって何?」と思ったひと、言葉自体が分からないひとはどうすれば良いのでしょうか。「ググれ!」ということで今回は「サステイナブル」と検索の話を。

 「サステイナブル」とは "sustainable" という英語をカタカナになおしたもので...、と始めた途端に問題が生じます。 "sustainable"って「サステイナブル」じゃなくて(イのない)「サステナブル」では、いや(イが小さい)「サスティナブル」だろう等々、表記のゆらぎがあるのです。

 ものは試しで実際に検索してみましょう。Google検索で検索してヒット数からどの表記が主流なのか比べてると、

 「サステナブル」 4,630,000

 「サスティナブル」 1,550,000

 「サステイナブル」 2,950,000

という結果が。我らが工学部おすすめの「サステナブル」は第二位。一位の「サステナブル」の半分くらいのヒット数でした。

 「サステナブル」が主流なのかなぁ、でも「サステナブル」で検索したときの画面は以下のとおり。これってAKB人気の影響なんじゃないの。

Photo_20200108061501

 

 

続きを読む

「ちょっと深呼吸」いや、「深吸呼」じゃないか?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 我々応用化学科の学生は1学年で100名弱、私が担当してる2年生の選択の授業などでは大体70名が授業を受けています。いわゆるマスプロ授業(マスプロダクション=大量生産の様に一つの教室に大人数を入れて行う授業のこと)とは違って普通の高校のクラスの2倍程度の人数ですからひとりずつ名前を呼ぶ形で点呼をとることができます。まあ、本学の場合はネットで出席を取ることが普通ですから「点呼」をするのは例外的なケースです。
 さて、この「点呼」という言葉ですが「1人1人名前を呼ぶ」という意味ですよね。この場合の「呼」という字は「呼ぶ」という意味です。

 実は「呼」という字にはもう一つ意味があります。「息を吐く」という意味で、この用法で一番一般的なのは「呼吸」でしょう。というか、呼吸以外でこの用法を聞いたことがないような。あえて言えば人が呼吸で吐き出した息のことを「呼気」と呼ぶ程度でしょうか。以前このブログでも「人間は呼吸で吸気の中の全ての酸素を取り入れることはできない。呼気には16%程度の酸素が残っていてる。」という話をこちらの記事で紹介しています。

Shinkokyu_man

続きを読む

2019年は台風大型化始まりの年?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 2019年も大晦日。皆さん今年を振り返っていろいろな思い出があるかと思いますが、今回のお題は大型台風、具体的には10月12日、13日に伊豆半島から関東地方へ、そして東北地方に抜けていった台風19号についてです。

 ここ数年、毎年大きな台風がやってきて問題になっていたのですが今年の19号は東京を直撃したことで大きな社会的な関心を集めることになりました。個人的にもこの台風の影響で本学の学園祭(紅華祭)が縮小開催になってしまったこと、さらには我々応用化学科の初めての同窓会が中止になってしまったことなど影響の大きな台風でした。

Photo_20191231083501

続きを読む

「科学者」とは誰でしょう?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 確か大学院生だったころの話だと思います。研究室で「自分は科学者」と名乗るかどうか、という話題になりました。私が「化学工学の研究者とはいえるけれど科学者とは言いにくい気がします」と言うと先生が「アメリカなどでは意外とカジュアルに自分のことを Scientist と言うものだよ」と教えてくれました。

 医者だったら免許があって国が認定された人が「医者」ですよね。でも「科学者」という名称には対応する資格というものはありません。大学の教員は理系なら「科学者」でしょうか。でも企業の研究員でもノーベル賞の吉野先生が「科学者でない」という人はいないですよね。極論すると「自分は科学者だ」という人が科学者だ、というのが一番妥当な答えなのかもしれません。

 そんないい加減なことでよいのでしょうか?

 

Job_scientist_man

続きを読む

映画「スターウォーズ 最後のジェダイ」と三つの時定数(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 おっと、今回のネタはスターウォーズについてですがただいま絶賛上映中の「スカイウォーカーの夜明け」の話ではありません。先日テレビ放送もされた前作、スターウォーズエピソード8のお話です。

 この映画の評価とか好き嫌いのお話はさておいて私としてはこの映画、どうにも変なお話だと思うのですすが、その違和感について「時定数」という観点から説明したいと思うのです。

 まず「時定数」について少し触れておきましょう。厳密な定義はさておき「何かの現象が起こる時間を代表する定数」といっておけば良いでしょうか。例えば一次反応(反応速度が原料の濃度に比例する化学反応)では反応が進んで原料濃度が減るほど反応速度が遅くなり、いつまで経っても原料濃度は0になりません。ですから、反応の始まりはさておき、反応の終わりを単純に決めることはできませんが、例えば原料濃度が開始時の半分になるまでの時間をみれば早い反応、遅い反応を区別することができます。(これは「半減期」と言いますが、広い意味では時定数の一種です。)

 ポイントは早い時定数の反応と遅い時定数の反応が複合的に起こる場合、その時定数が大きく異なっていれば「早い反応を考えるときには遅い反応は止まっているとみなして良い」逆に「遅い反応を考えるときには早い反応は常に平衡に到達しているとみなして良い」ということです。大きく違う時定数の現象は相互に作用しないとみなすことで簡単に取り扱うことができるのです。

 さて、「スターウォーズ 最後のジェダイ」について。

1576566112364_20191223060501

続きを読む

八王子キャンパスの初雪(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 12月22日のよるはあいにくの雨。でも夜中には雪に変わったようで23日の朝が明けてみるといろいろなところに雪が残っていました。八王子キャンパスにも雪が残っているに違いない。そう思ってスクールバスの始発でキャンパスに来てみると確かに写真の様な感じに。

Img_3036

 辺り一面真っ白、というほどではありませんが、所々に雪が積もっていていつもの風景が少し変わって見えるようになっています。

Img_3037

 ほらこの通り、ウマの彫像の上にも雪が積もっています。

Img_3040

 こちらは反対側から見たキャンパスの様子。石畳の通路は熱が伝わりやすいのでしょうか。断熱性の良さげな芝生や木の枝には雪が融けずに残っています。

続きを読む

トマトは野菜か果物か(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 トマトは野菜か果物か。子どもの頃の私はがそう聞かれたのなら、まず間違いなく「野菜!」と答えていたと思います。だって甘くないもん。

 バナナは青いうちに収穫して黄色く熟成させてから販売する、という話を紹介したのですがトマトも昔は青いうちに収穫されていた様です。残念なことに青いトマトは収穫後に赤い色になっても大して甘みが出ません。とはいえ酸っぱい訳でもない。なんとも変な味で、子ども時代の私にとってトマトは嫌いな野菜のトップスリーには入るものでした。

 ところがあるとき(私が小学校の低学年くらいだと思います)父親が市民農園を借りてトマトを育ててちゃんと熟成した採れたてのトマトを食べさせてくれたのです。これは甘くておいしい。これなら果物というのもあり。これ本当にトマトなの、というほどの衝撃でした。これに比べたら店で売っているトマトは本物ではない、そんな風に思って積極的にトマトを食べようとは思わなくなったのでした。

Tomato_red

続きを読む

より以前の記事一覧