日記 コラム つぶやき

当事者と第三者 情報公開は「正しい」ことだろうか?(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 昨年、NHKで「自宅で死を迎えること」についての報道がありました。

 自宅での自然な穏やかな死を迎えることを希望していたおばあさんが家で倒れたときに、それを見た家族が動転して慌てて救急車を呼んだところ、本人の希望していない蘇生を施され病院へ搬送されそうになった事例です。このケースではかかりつけのお医者様が間に合い、自宅でお見送りをできたそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_1002.html

 本人は希望していないとしても、救急隊員の立場では蘇生処置をして病院に運ぶ社会的道義的「義務」があります。しかし、それは本人と家族の立場には、望まないものです。

 さて、このとき、そのおばあさんの命の選択権は誰にあると考えるべきなのでしょうか。社会でしょうか本人を含めた家族でしょうか。これは倫理の問題です。個人の権利とコンプライアンスの衝突です。

 この衝突の原因は何だったのでしょうか?。なぜ、このような衝突が起きてしまったんでしょうか。

 いろいろな学会の倫理規定は「情報の公開」を明示しています。しかし、情報公開は常に最善の選択ではありません。これは講義「安全工学」で取り上げたシティコープビルの事例から示されます(ブログ2016.7.15)。

 救急搬送のケースにおいて、このようなコンプライアンスと本人の希望の葛藤を生じさせたものは、家族による救急通報という「情報の公開」ではないでしょうか。本人と家族とかかりつけのお医者様の間でことをおさめれば、何の問題もなく、本人の希望する静かな最後を迎えられたでしょう。

 私はむかし、危機管理のまねごとを行なっていました。

Fig

続きを読む

英文字略称(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 2019年3月9日土曜日に、REHSEという研究会の定例研究成果発表会に参加しました。と書き始めると、「おやっ?片桐先生、ぼけたかな、前の原稿そのままだぜ」と思われるかもしれません。今回はこのREHSEという5文字略称について雑感です。

 REHSEという略称は、「特定非営利活動法人 研究実験施設・環境安全教育研究会」の略称です。このようにフルネームで名称を書けば、その研究成果発表会の内容も推察できると思います。しかし、このフルネームは長くて憶えられないし、使いにくいですね。そこで、このような長い名称の略称にはしばしば英語、あるいはローマ字の頭文字による略称を使います。

 でも、この手の略称は3文字くらいのものが便利で多いようです。1文字や2文字だと他の略称とかぶりやすく、4文字以上だと憶えにくくなります。

 NHKは日本放送協会のローマ字からとっています。でも、今ではNHKでわかっても、日本放送協会では分からない人もいるのではないでしょうか。

 NTTとKDDは混乱します。NTTは日本テレフォン・テレグラムの略です。一方KDDは国際電信電話ですね。なんで国内向けに英語を使って、国際向けを日本語にしているのでしょうか。納得しにくい者があります。

 化学の世界でもこのような略称(abbrebiation)を多用します。

Fig

(自分の名前を元素記号だけで作れますか?)

続きを読む

地震と夏みかん(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 3月11日、いわゆる「3.11」は東日本大震災が起こった日です。あれから8年が過ぎましたが、今でもこの日には地震に関連したいろいろな話題がでてきますね。

 さて、この地震について私の個人的な記憶を書いてみよう、というのが今回の趣旨です。

 2011年3月11日、まだ東京工科大学の工学部も応用化学科も設立されていない頃です。私は大阪大学の基礎工学部というところに所属していて豊中市のキャンパスにいました。地震か起こったちょうどその時間、卒業間近の学生さんと論文の修正について打合せをしていた。地面の揺れを感じて、はじめは大きな地震ではないな、と感じたのですがいつまで経っても振動が止まらない。やたらに長い時間揺れ続けていた記憶があります。(地震からかなり後になりますが、東日本大震災の地震の震動の広がりをグラフィカルに示した動画を見たのですが、震源地よりはなれた地域の方が長く揺れが続いていたようです。)

 これは大きな地震がどこかであったのかも知れない。そう考えて東京の実家に電話をかけたのですが、これが普通に通じました。

大きな地震があって夏みかんが木から落ちた

これが実家からの情報です。うーん、一番大きな事件が「夏みかんの落下」であるとすれば、要する両親ともに無事だ、という事だね。

Natsudaidai

続きを読む

追いコンのシーズンはご用心(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 そろそろ卒業生の追いコンのシーズンですね。追いコンでは追い出す方も追い出される方も気が緩みます。お酒の「呑み過ぎ」になりがちです。呑み過ぎにはご用心ご用心。

 さて、安全工学の講義を思い出して、まず予防対策を立てましょう。予防対策は主に幹事の役割です。荒ぶる羊の群れをどのようにコントロールするかは、幹事の手腕の見せ所です。その際、安全を第一に、楽しむことよりも優先しましょう。うちの大学の場合、そのような飲酒を伴う追いコンは学外の飲食店で行なうことになります。

1.幹事は呑むことをあきらめましょう。幹事はホスト役に徹しましょう。お酒を楽しむよりも、周りを楽しませることに喜びを見いだしましょう。高度な判断力を必要とする危機対応(局限対策)のためにも、素面(しらふ)でいましょう。車でなくても呑み会にはハンドルキーパーは必要です。

2.飲酒の会合に未成年者のいないことを事前に確認しましょう。特に部活動やサークルなど、未成年の紛れ込みやすい追いコンでの確認は必須です。未成年に飲酒させると、その会場の飲食店に大きな迷惑をかけます。必ず確認しましょう。

3.飲み放題プランを避けましょう。飲み放題だと無理して呑んじゃう奴も出ます。「ひとりビール1本、後は自分のお金で別途注文。注文の際には幹事に申し出ること。後で個々に請求します。」とすれば、無理な呑み過ぎを防げます。これまでの経験では、マーライオン事案(以下マー事案と略します)はお酒に慣れていない方が、飲み放題プランではっちゃけた時に発生します。それを防ぐためにも、飲み放題ではなく、いちいち幹事を通して飲み物を注文させましょう。

4.幹事は参加者の顔色を常時チェックしましょう。赤から紫になると要注意です。その後の白は要警戒です。そのような顔色でトイレに行ったら、付いて行きましょう。男女混合の会の場合は、そのためにも幹事は男女ペアーにしておきましょう。

5.お開きの30分前以降はアルコールの注文をやめましょう。その一杯が命取りです。暖かいお茶などで酔い覚ましを図りましょう。

 特に上記3を厳密に実施すると、次回から幹事役を外してもらえます。

 危機管理(予防対策)に失敗した場合は危機対応(局限対策)になります。安全工学の講義で述べたようにBCPを事前に立てておきましょう。

Img

続きを読む

Don't trust over 40℃!(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 私は仕事で時々オーストラリア内陸部の乾燥地帯に行くのですが、この2月末にも出張してきました。ご存じの通り、オーストラリアと日本、南半球と北半球では季節が逆転しています。日本の春も遠いですが、オーストラリアも秋には早い季節。その上、今年の夏ははじめこそ涼しい日が多かったそうですが次第に暑い日が増えてきたとか。今回、私たちが立ち寄った Leonora という町ではこの数日40℃越えの日が続いていたといいます。

 さて、遊びに来たわけではありません。早速フィールドワークを始めたのですが写真の様な状況に。ちなみにこの温度計、車の中の日の当たらない場所に置いてあったものを取り出して測定しています。

 この状況下で少し作業をして思ったのが表題の「Don't trust over 40℃」。このフレーズが頭に浮かんで何遍も何遍もくり返すのです。この時点で少々おかしかったのでしょうか。本来は「Don't trust over 30 (大人を信じるな!)」ですが、年齢はともかく、気温が40℃を越えると誰も信じられなくなります。中でも一番信じられないのは自分自身です。

Img_2365

続きを読む

「加温」の意味は「温度を加える」?(西尾教授)

| 投稿者: tut_staff

 私達の生活では様々な言葉が使われていますが,その使われ方は,ご存じの様に流動的です.言葉の流動性は,専門用語も例外ではありません.例えば,私の研究に関連した用語「陽極酸化」の英語は,はじめは”Anodizing”でしたが,現在は”Anodization”が主流になっています.黎明期から関わってきた方々からすると”Anodization”は受け入れ難い用語の様ですが,それぞれをキーワードとして文献を検索したところ,”Anodizing”は15408件,”Anodization”は43002件であり,倍以上の開きが生じていました.(ちなみに私も,”Anodization”を違和感無く使っています.)

 実験に関する用語で,最近まで気になっていたものに「加温」があります.この言葉は,試料を100~200℃に維持する際に学生が使い始めたのですが,初めて聞いた時から受け入れ難い感覚がありました.私にとって,それまで使っていた「加熱」や「昇温」の方が,はるかにしっくりします.ある時,大学図書館にある国語辞典で「加温」について調べてみたところ,ただ1つの辞典が取り上げており,そこには「冷えないように温度を加えること。」と書かれていました.温度は,一般的には熱に関する尺度ですので,この説明では,「尺度を加える」という,変な意味になってしまいます.しかし,その一方,普段から違和感無く使っている「加速」も「速度を加えること。」とありますので,自分の中に矛盾を抱え,もやもやした状態となっていました.

20160304174919

続きを読む

時には挫けそうになることも(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学 応用化学科のブログであるこのブログですが、昨年末に1000回を超えて現在も更新中です。

 本ブログ、実は某企業のサービスを利用して運営されています。(先ほど確認しましたがブログからは企業名が見えないようになっていましたので、ここでは名前を伏せておきましょう。)当然私もこのサービスを利用して記事をアップしているのですが、時に下図のようなメッセージを見ることに。

 さて、このメッセージ、知らない人には何のことかわからないと思います。ブログのシステムではブラウザー上に構築されたエディターを使って原稿を作成するのですが、作った原稿をネットワークを経由してシステム上に保存する際、その保存に失敗したことを示すのがこのメッセージなのです。要するに今まで書いた原稿がパーになった、というお知らせ。こまめにアップロードをしておけば最小限の損失で済ませられるのですが、興が乗ってたくさん書き込んだ場合に限ってこの画面をみることに。_| ̄|○

Photo_5

続きを読む

「世界で最も大食いな8人が世界の小食な半分の36億人に匹敵する食料を食べている」なら大問題ですが(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 タイトルを見て何の話か、と思われたかもしれません。これは「世界で最も豊かな8人が世界の貧しい半分の36億人に匹敵する資産を所有している」を元ネタにしたものです。

 要するに貧富の差が激しい、という話で先に紹介した「マイケル・サンデルの白熱教室2018」もの第4回で触れられている情報ですが、さてオリジナルはどこから出てきたのでしょうか。

 少し調べてみるとOxfamという団体からの発信でした。Oxfamは貧困の無い公正な世界を目指す国際協力団体でオックスフォードで設立されたといいます。「オックスファム」という名前にその影響が残っています。上記の事実は、この団体の2017年の年次報告書「99%のための経済」のなかで言及された事実だそうです。

 この事実は現在の世界の極端な格差を象徴的にしめすものであり、Oxfamの主張としては「納めるべき税金はなるべく回避する。支払うべき賃金はなるべく抑える。カネの力で政治を動かし、経済のルールを自分たちの都合のよいように書き換える。こうした方針を取る大企業や大富豪が、格差の拡大を加速させてい」るのであり、「経済を私たちの手に取り戻し、「ヒューマン・エコノミー(人間らしい経済)」を実現しなければ」ならない、と言います。

Wealth3338164_1280_2

続きを読む

オーストラリアの物価は高い?安い?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 私(江頭)は研究の関係でオーストラリアによく出張するのですが昔(20年くらい前)はオーストラリアはすごく物価が安いと感じていたのですが、最近はオーストラリアの方が物価が高いと感じています。

 とまあ、これは感覚のお話。少しデータに基づいて検証してみよう、ということで以前紹介した購買力平価で計算してみました。

 購買力平価は二つの異なる国の通貨の価値を換算する指標。同じ商品が同じ量だけ買える、という基準で二つの通貨の換算レートを定めるものです。本当はそれぞれの商品ごとに購買力平価を計算できるのですが、簡単のためにすべての商品の平均値を用いて計算された値が用いられています。

 OECDの主要統計をまとめたサイトでは購買力平価は米ドルを基準として計算されています。オーストラリアドルと日本円の米ドルに対する購買力平価のデータを使って日本円基準でのオーストラリアドルの購買力平価の経年変化を計算したのが下図の青いマークのデータです。これはオーストラリアドル1ドルで買えるものを日本円で買ったらいくらになるか、つまりオーストラリアドル1ドルの商品を買う力、購買力、の指標です。

 一方、私たちがオーストラリアに行ってお金を使う場合、まずは為替レートに準じたレートで円をオーストラリアドルに交換しなければなりません。

Photo_2

続きを読む

応用化学科懇親会@ひな鳥山(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 これを読んでいるあなたが学生さんなら、先生と会うときは学生大勢に対して先生1人、せいぜい一対一ぐらいでしょう。先生がたくさん集まっている、という風景はなかなかレアなのでは?少なくとも私が学生のときはそうでした。大学院の入試で学科の全教員を前にして面接を受けたときには「多勢に無勢とはこのことだ」と怯んだ記憶があります。

 さて、そんな「先生がぞろぞろ」というイベントが学科の懇親会。応用化学科では年に一度は懇親会という名の飲み会を行っています。今回の懇親会は2月19日に八王子にある「ひな鳥山」といういろり焼きのお店にて。このひな鳥山というお店、個室の奥に水路が通っていて船で料理が運ばれてくる、という趣向です。もっとも船と言っても料理をいれたお盆が載るくらいのサイズで、さすがに人が漕いでくる訳ではありません。

Img_company_001

続きを読む

より以前の記事一覧