日記 コラム つぶやき

「対面授業」?「面接授業」?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本学のWEBサイトを見ていただくと(2020年8月現在)「重要なお知らせ」としてコロナウイルスに対する対応についての記述があります。その中では例えば

新型コロナウイルス感染症に対応した
対面授業等の実施に向けた取組みについて

などがあり、本学では「対面授業」が再開されていることが記されています。では「対面授業」とはなにか。文章中では別途定義することなく当たり前に出てくるのですが「対面による教育研究指導等」「対面による実験・実習科目等」とあるので、まあ大学のキャンパスに来て、教員と学生が顔を合わせて授業を行うことを言う、というのは常識的に分かると思います。

 さて、これが「面接(めんせつ)授業」となっていたらどうでしょうか。今の文脈を踏まえれば「対面授業」と同じ意味だとわかると思いますが、でもなんか変なような。

 「面接」という言葉を聞くと入学・入社に際しての面接を強く思い出してしまいます。素で「面接授業」と聞けば就職のための指導なのか、と思ってしまいそうですね。

 

Syukatsu_mensetsu_man

続きを読む

研究室とコーヒー(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 子供の頃からコーヒーが大好き、という人は少ないのではないでしょうか。(コーヒー牛乳なら別ですが。)私も子供の頃にはコーヒーなどほとんど飲まなかったと思います。それは学生になっても同じ。受験生のころにはインスタントのコーヒーを飲んだような気もしますが…。

 私がコーヒーを飲むようになったのは大学生になってから、それも研究室に所属するようになってからのことでした。私が卒業研究の際に所属していた研究室にはちょっとした談話スペースがあり、そこでいろいろな学年の人たちが集まって、いろいろな話をする場所になっていたのです。そのとき、皆で飲んでいたのがコーヒー。ちょっと本格的で豆をひいて粉にしてからお湯をそそいでつくる、というコーヒーの楽しみ方を知ったのもその場でだったと思います。

 さて、ここからいろいろなコーヒーの味わいを知って...と蘊蓄を語れれば良いのですが、残念ながら私にはコーヒーの味の善し悪しは今ひとつ理解できませんでした。そのうち、まあインスタントでも良いよね、という感じになったのですが、そもそもコーヒーを飲む、という習慣そのもは今でも残っています。

Coffee01_blend

続きを読む

梅雨明けが「八月って、それはないでしょう!」というわけでもない(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 何もかもが異例尽くしの2020年はお天気まで異常。東京を含む関東甲信越地方では7月中には梅雨が明けず、なんと梅雨明けが宣言されたのは8月1日になってから。こんなことは今まで聞いたこともありません。地球温暖化の…。

 などと書きそうなところなのですが、果たして本当でしょうか。いまはいろいろと便利になっていて、こんな疑問にもすぐに答えが見つかります。気象庁のこちらのページでは1950年からの梅雨入り、梅雨明けの日付のデータを一覧することができます。関東甲信越地方の梅雨明けが8月に入った記録をピックアップすると

1982年 8月 4日ごろ
1998年 8月 2日ごろ
2003年 8月 2日ごろ
2007年 8月 1日ごろ

となっています。いままでも梅雨明けが8月になる、ということは複数回ありました。ちなみに、平均の梅雨明けは7月21日ごろ。今年は確かに梅雨明けが遅いのですが、それでも前代未聞というほどではないのですね。

_tsuyu_title

続きを読む

ヒゲとマスク(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 以前、こちらの記事にも書きましたが私はこの年になるまでマスクをつける習慣がありませんでした。幸いなことに重度の花粉症でもなく、風邪をひくことも少なかったので、まあ普通の事だったのですが2020年からはそうも言っていられません。感染症対策のためにマスクは必須、とくに大学のキャンパスに通う様になってからは毎日マスクを付けるようにしています。

 最初はマスクを付けることに抵抗感があったものの、そのうちに慣れてきました。快適とは言えないけれど、まあ不快って程でもないな。そんな感想に一度は落ち着いてたのですが...

 7月1日以降、本学のキャンパスに学生にも解放されて、必要に応じて研究室の学生が登校するようになりました。研究室配属前の学生諸君も主に学生実験の授業のために登校しはじめたので、ますますマスクは必須に。

 さて、それは良かったのですがこれ以降、私はマスクの意外な問題点に気づかされることとなりました。それも、私がヒゲを生やしているから。

Photo_20200728134301

続きを読む

栄光の FX-702P (江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 最近、仕事の都合上でプログラムをいじる機会が増えてきました。特にデータ整理の関係でExcelに組み込まれているVBAというBASIC言語の一種を使う事に。

BASICのループは for だっけ Do だっけ、

とか、

IF文はどう書くんだっけ、THEN GOTO、いや GO TO は良くない!

などなどとやっています。

 そんなこんなで思い出したのが、私がはじめて使ったプログラミング言語はBASICだったなあ、ということ。大学の3年生の時だったと思いますが「プロセス工学」という授業で化学プラントに関連した物質収支の問題を解くのに使ったのが最初でした。当時はまだパソコンも高価だった時代です。(いわゆる今のPCとは違ってメーカー各社が独自の規格で作成していました。)私は比較的手軽にプログラムが使える関数電卓の一種、プログラム電卓と言われていた CASIO の FX-702P を購入したのですが、その中に組み込まれていたのが簡易版のBASICでした。

 当時は名機との誉れ高かった FX-702P ですが、今のPCとは比較にならないほと非力でした。ユーザーメモリーが 1,680 Mbyte、じゃなくて kbyte でもなくて、 1,680 byte でした。プログラムに使える変数の数が限られていたのはもちろん、プログラムそのものも1000文字程度しか書けない、という代物です。実際、宿題で「10段の蒸留塔の物質収支を計算せよ」と出題されたのに配列変数の要素数が10個に限られていたので、9段の計算しかできませんでした。(各段の上下を取り扱うと一つ足りなくなるのです。)

Photo_20200726105701

続きを読む

映画「妖星ゴラス」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 以前このブログにて紹介した映画「地球最後の日」では地球が太陽系に侵入してきた遊星と衝突して破壊される、というまさに天文学的な確率の事象を想定したSF映画、いや、空想科学映画でした。地球を脱出するロケットを建造した人々は若者たちをそのロケットに乗せて破壊された後に地球の軌道にのこる遊星の伴星へと移住させる、というストーリー。その時、この映画のポイントは

この映画で中心的に描かれているのは宇宙船の建造には数百人のスタッフが必要だが、その宇宙船の乗れるのは数十名のみ、という状況です。

と書きました。

 その「地球最後の日」から11年後の1962年に作成された本作「妖星ゴラス」も、同様の状況を扱った日本映画です。

 「ゴジラ」をはじめとする特撮映画で有名な円谷英二氏が制作かかわった作品だけあって、特撮映像の大盤振る舞い。「地球最後の日」に比べると、これでもかとばかりに驚きの映像が次々と出てきます。もちろん、現在の目から見ると、というかおそらくは当時から見ても、見るからにミニチュアワークの映像であり、リアリティがあるとはとても言えません。しかし、少なくとも私にとっては、その映像のタッチに懐かしさを感じるとともに、それだけのミニチュアが作られたという圧倒的な作業量に対する感銘が合わさって、ワクワク、ドキドキの映像の連続でした。

 さて、天文学的な事象によって地球が破壊される、という危機に際して「地球最後の日」で描かれた上記のジレンマに対して「妖星ゴラス」ではあっと驚く解決策が示されています。(「続きをよむ」以降にはネタバレを含みます。)

Photo_20200725165101

続きを読む

Excelの「並び替え」では、並べ替えられるセルの中に書いた数式で自分が存在するシートに所属するセルをシート名を含めた形で参照すると$記号がなくても相対参照ではなく絶対参照として扱われるって知ってましたか?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今回のタイトル、あなたはどう感じましたか?

「まじか!マイクロソフト最低だな!」

でしょうか。それとも

「えっ、当たり前じゃん」

でしょうか。

 私がこれに気がついた時には、どちらかと言えば前者でした。でも大半の人は「何のことやら」だと思います。

 と、いうことで今回のタイトルについて、まずは説明から。

 具体例で説明しましょう。まずはエクセルに適当な表を作ってみます。A行に数字を。B行には適当な名前をいれておきました。

 で、C行はB行の内容を引用しています。下の図の右上の窓の部分、選択されたセル「C1」の内容が表示されるので、「C1」には「B1」をそのまま引用していることが分かると思います。

Fig1_20200707161001

 さて、D行にもB行の内容を引用しましょう。ここで引用の仕方を変えます。「D1」には「=Sheet1!B1」と入力してありますが、「Sheet1」はこの内容が記載されているワークシート(タブといった方が分かる人もいるかも)のこと。「B1」というセルですが、同じSheet1のタブにあるB1ですよ、ということですね。

Fig2_20200707161001

ではこれを並び替えてみましょう。A1からD3までを選択して、Excelのメニューの「データ」から「並び替え」を選択。並べ替える順番を決めるのはA行の内容で、降順(3,2,1)に並び替えることにします。

Fig3_20200707161001

さて、上記のダイアログの「OK」ボタンを押すと...

 

続きを読む

「花金」という言葉を思い出しました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 7月に入って本学の八王子キャンパスが久方ぶりにオープンに。我々教員もキャンパスに通勤できるようになりました。学生諸君も学生実験など限られた授業とはいえ、大学に来て授業を受けることができるようになりました。

 さて、再開したキャンパス生活が始まって一週間。まだまだ昔の状態に戻っておらず、例年に比べるとフル稼働とは行きません。それでも第一の感想は「疲れた!」です。良くこんなハードワークに耐えていたなあ、などなど。

 在宅勤務が始まったときも「疲れた」という感想だったので辻褄が合わないですね。これは慣れの問題なのでしょうか。勤務形態が変わると適応するのに時間がかかるのかも知れません。あと、天気の問題もありそうです。在宅勤務の期間は天気が多少悪くても気にならなかったのですが、この一週間は雨が降るだけで気が重い。在宅勤務の備えて家に持っていた品々を大学に持ち帰らなくてはならないので荷物も重いです。

 あっ、ひとつ良いこともありました。久しぶりに「金曜日が来てうれしい」と感じられたこと。在宅勤務では一週間にメリハリがなくなっていて、月曜日が憂鬱でない代わりに金曜日にも何の感慨もありませんでした。でも今週は違います。金曜日になると心が浮き立つ感覚。あぁ、そうそう、以前は金曜日を待ち望んでいたものです。

Photo_20200704172501

続きを読む

大学でマスクを買ってみた!(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 7月1日から東京工科大学八王子キャンパスが再開されました。でも完全に今まで通りではありません。その代表格が「マスク必須」という条件。消毒液は大学が準備するのですがマスクは各自調達ということに。確かに、マスクのように直接身につけて個人差が好みに大きく影響するものを一律に準備するのは難しいですよね。

 とは言え、マスクを忘れたらどうするの、とか、特段好みはないので普通ので良いんだけど、という人のためでしょうか。八王子キャンパスのFOODS FUUという建物にある有隣堂の売店でマスクを売り出す、という話を聞いて私も買ってみることにしました。

 本学のキャンパスは4月に入ってすぐに閉鎖され、我々教員は在宅勤務となりました。それ以降、家から出たり電車に乗ったりする機会がぐんと減ったので、そんなにマスクを必要としていませんでした。マスク不足で世の中が騒然としていた時も手元にマスクが残っていたので、実は今回のコロナウイルス騒ぎになってからはじめて買うマスクが大学の売店のマスクということになります。

 で、写真がそのマスクです。ものは普通ですが、パッケージからして、まあ中華風ですね。

Img_3171

続きを読む

「COP」と言えば、何でしょう?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 何も考えないで COP と検索すると”Conference of Parties”の略となっていますが、すぐ下には国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)・京都議定書締約国会合(CMP)・パリ協定締約国会合(CMA)」の解説へのリンクがあります。日本で「COPなんとか(数字)」と言えばやはり温暖化対策について話し合われる「国連気候変動枠組条約締約国会議」つまり「UNFCCCのCOP」ということになるのでしょう。有名なのはCOP3。京都議定書という名前にある様に京都で開催された3回目のUNFCCCのCOPですね。

 実はCOPは温暖化以外の条約についても行われています。実際、2010年にCOP10を名古屋でやる、というニュースを聞いて「あれ今頃10なの?」と不審に思ったら「生物多様性条約締約国会議」のCOP10だった、ということがありました。ちなみに2010年のUNFCCCのCOPは「メキシコ・カンクン会議」と呼ばれるCOP16です。

 別のCOPもあります。エネルギー技術に関してCOPと言えば冷房機器などヒートポンプの「Coefficient of performance」つまり「成績係数」のことでしょう。ヒートポンプを動かすためには電力など仕事が必要ですが、それによって運ばれる熱はどのくらいなのか。仕事も熱もエネルギーの形態なので両者は同じ単位ですから「運ばれる熱」÷「使われた仕事」の比率は無次元の数値となります。これが成績係数=COPです。


Photo_20200626211101

続きを読む

より以前の記事一覧