日記 コラム つぶやき

「pH」はなんと発音するのか?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 いや普通に「ペーハー」でしょう?

というと「世代がバレる」というニューストピックスが少し話題になっているようです。最近は「ピーエイチ」と読むのだとか。もしこのブログを読んでいるあなたが高校生なら「ピーエイチ」と読んでいるはず。いや、読んで字のごとし(注意、この言葉はそういう意味じゃないですよ)で普通に「ピーエイチ」だろ、と思うのでは。でも私達の世代(私は1962年生まれで61歳です)はpHを「ペーハー」と読んでいたのです。

 でもなんで「ペーハー」なのか。これはドイツ語読みでpは「ペー」、Hが「ハー」なのです。(とはいえ、youtubeで動画を探してドイツ語のアルファベットの読み方を聞いてみるとHは確かに「ハー」ですがpは「ピー」に近いような。)歴史的な経緯でドイツ語読みが日本で広まっていた訳ですが、ドイツ語について知らないひとからすれば変な読み方です。なら普通に英語読みで良いじゃないか。それはその通りで、2012年から日本の高校の教科書ではpHは「ピーエイチ」になったのだそうです。

 とはいえ、私達の世代の感覚からすれば「ペーハー」がやっぱり「本当の読み方」の様な気がするのですが…いや、チョット待てよ。pHの概念を提唱したセーレン・セーレンセンってデンマーク人じゃなかったっけ?だとすればデンマーク語で読むのが本当なのでは。

Photo_20240221185801

Wikipedia より引用(2024/02/21閲覧)

 

続きを読む

ChatGPTの示す「研究」の定義

| 投稿者: tut_staff

 昨日の記事では「研究」という言葉について、黒柳徹子さんの話を引用してその意味(というか、その重み?)について考えてみました。私は(少なくとも以前の私は)「研究」という活動は非常に重いものだと思っていて、専門家が職業として行っているものこそが「研究」という呼び名にふさわしいものだ、と思っていたのです。でも黒柳徹子さんの用法をみるともっと軽い意味でも使われる言葉なのかもしれない、そんな風に考えを改めた、というお話し。

たとえば、

 「最近、○○が面白くて色々調べているんだよね。」

などという軽いレベルの話でも

 「最近○○について研究してるんだよね。」

という言い方もできる。

そもそも「研究」という言葉はそのぐらいのニュアンスで使うのだ、というのが黒柳徹子さんの言語感覚

とまあ、そんな結論に落ち着きました。

 まあ、日本語の用法について黒柳徹子さんの右にでる人は今の日本にそれほど居そうもありませんから、私は素直に自説を撤回することにしたのですが…。

 いや、チョット待って。右にでる人は居なくても最近はやりのAIならどうだろう。そう思って以下の質問をChatGPTに入れてみました。

 

Photo_20240219144501

TEXT:

「研究」とはどのような活動を指すのでしょうか?例えば

 「最近、○○が面白くて色々調べているんだよね。」

などという軽いレベルの話でも

 「最近○○について研究してるんだよね。」

という言い方もできるものでしょうか。

続きを読む

「徹子の部屋」と研究(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「徹子の部屋」は黒柳徹子さんによるインタビュー番組でつい先日49年目に入ったとか。今回はこの番組の話、ではなくて昔に見たこの番組のCMの記憶をもとに話をしたいと思います。

 もうずいぶんと昔になるのですが、この「徹子の部屋」について黒柳徹子さん本人が紹介するCMがテレビで流れて居たのを何気なく聞いていました。そのなかではこの番組をいろいろな人に「楽しいお話を聞く」番組だと紹介していました。それは正にその通り。ですが、私がハッとしたのはそのいろいろな人たちに話をしてもらう内容の例として「今、研究していること」という言葉が出てきたことです。

 へぇー、「徹子の部屋」には科学者も出るんだ。

などと当時の私は勝手に思い込んでいたのですが、これはそういう意味ではないでしょう。

 「研究は科学者(≒研究者)がすることだ」あるいはもう一歩踏み込んで「研究者以外の者がする研究は研究の名に値しないのだ」という思い込みが私の中にあって、その認識と黒柳徹子さんの言葉遣いとの間に矛盾があった、ということなのだと思います。

Photo_20240218231901

続きを読む

2月12日は振替休日だということを忘れていた(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 皆さんご存じのとおり、2月11日は建国記念日で国民の休日。で今年はこの日が日曜日だったので翌日の2月12日の月曜日は振替休日だったのです。

 何を当たり前のことを、とお思いかも。しかし、私は実は2月11日の夜までこのことに全然気が付いていなかったのです。

 いやースケジュール管理のソフトを見ておかしいとは思っていたんですよね。なんか12日の月曜日に用事がまったくない。授業こそ終わっていますが、学期末で忙しいこの時期にこんな日もあるんだなあ、などと感心していたのです。いや、その日お休みだから。

 そう、授業が終わっているというのもポイントです。このブログでも時々書く話題なのですが(例えばこの記事)、本学では「祝日授業開講日」という制度があります。授業の回数の都合上、授業期間中の祝日を開講日として授業を普通に行っているのです。この制度に慣れすぎて、なんか祝日をお休みだと思えなくなっているのかもしれません。(いや、単にうっかりしているだけかも。)

Syukujitsu03_kenkoku_nohi

続きを読む

雪の八王子キャンパス(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 毎年冬になると、雪が降らないかなあ、と期待すると同時に、雪が降ると困るなあ、と心配もしています。いや、雪そのものが困るのではないのです。雪が理由で交通機関が乱れるといろいろなトラブルが。特に授業期間中、それも学期末が近づくと一度の雪で授業が中止になるといろいろと予定が変わってしまいます。これが期末試験中ともなればもっと深刻に。

 幸い、昨年2023年は雪がほとんど降らない冬でした。新年に入ると少し降雪があったり、共通テスト期間中ということでヒヤリとしたのですが、ありがたいことに交通機関に影響を与えるほどではありませんでした。

 そうして迎えた昨日2024年2月5日ですが、関東は昼から降雪、そして大雪との予想です。予想通りに雪が降り始めました。以下の写真をとった16:00頃にはかなり深刻な様子です。そのまま雪は降り続け、帰宅するころにはかなりの積雪に。いつもは歩くところをこの日ばかりはバスを利用させてもらいました。

Fig_20240206090901

続きを読む

「スライド映写機」って知ってますか?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

「スライド映写機」って知ってますか?と、タイトルの質問をされたら

 スライド映写機って言われても、いやいや「映写機」ってそもそもプロジェクターのことでしょう。要するにスライドプロジェクターのことじゃないですか。知ってますとも。

という人も居るかと思いますが、いえいえ、これはあなたの思っているスライドプロジェクターとは違うのですよ、と言っておきたいですね。wikipediaから引用しましょう。

スライド映写機は、写真フィルムに光を透過させて映像(静止画)を映し出す装置で、その多くではスクリーンに拡大投影することを目的とした。

とのこと。(2024/01/29閲覧)

 私が卒論発表をしたころ(今から40年位前)は、プレゼンで図や写真を示す場合には、このスライド映写機を使っていたのです。                                                                                                                                                                                                                  

 

Projecteur_de_diapositives_prestinox_dbu

続きを読む

日の当たる坂道(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 下の地図をご覧ください。左の赤丸は横浜線の八王子みなみ野駅。この駅は我々応用化学科が所属している本学八王子キャンパス(図の右側の赤丸です)の最寄り駅です。駅からキャンパスまでは1kmとちょっとぐらい。その駅からキャンパスへの道の途中、地図で青い線を引いた部分は上り坂(駅から大学に行く場合です)となっています。

 普段ならこの上り坂もそれほど気にはなりませんが冬のこの時期、この坂が凄く歩きにくいことがあるのです。

 もったいぶるのはやめましょう。先週の土曜日の様に雪が降った日、というか正確にはその後の日と言うべきでしょうか。この坂に溶けきれない雪が貯まってアイスバーンになってしまうのです。

 つるつる滑るアイスバーン、上り坂でも厄介ですが、帰りに下り坂になるとチョット怖い。若い学生さんはともかく、私のような老人は滑って転んだりしたらあっという間に寝たきりに。そのうちぼけて何も分からなくなって…というのは想像を超えて妄想なのですが、とはいえアイスバーンが厄介だというのは本当です。

Fig1_20240117211701

続きを読む

「サステイナブル工学」とは何か ー サステイナブルな食生活を考えてみよう(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 いや、私は健康とか医療とかに特別な知識がある人間ではないので、真面目に人様の食生活について云々することはできません。今回の話はあくまでも「サステイナブル工学」とは何か、というお話しで、例え話として食生活を題材にしたい、ということなのです。ですからこの話の食生活に関する部分は話し半分にうけとってくださいね。

 さて、現代人の食生活には大きな問題がある、というのは周知のこと。カロリーの摂り過ぎとそれによる肥満というのが問題になって久しいのですが、我々はその問題を未だに解決することができません。これはおそらく人間の進化の過程が影響しているのでしょう。毎日決まった時間に食べ物にありつけるとは限らない状況であれば、余剰の食糧があれば食べてしまって脂肪の形で蓄えるが最適な選択です。しかし今や我々は自由に食糧を入手することができる様になりました。おいしいものを食べ過ぎれば脂肪が貯まって消費が間に合わない。サステイナブルな体重を超えて肥満に一直線という訳ですね。

 健康のことを考えればカロリーをある程度に制限してサステイナブルな食生活を送ることが必要なはず。でもやはりおいしいものはおいしいのです。つまり人間にとって「必要なもの」と「欲しいもの」とは今や一致していないのです。

 さて、ここでサステイナブル工学の話に移りましょう。

 従来の工学は人々が必要としていて欲しいとおもっているものを作り出すことがその責務でした。

Seikatsusyukan_highcalorie

続きを読む

世界平和とサステイナブル社会(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 我々応用化学科が所属する工学部、そして工学部が所属する東京工科大学では「持続可能な社会の実現を目指す人」を求めている、とアドミッションポリシ-で述べているのですが、では「持続可能な社会の実現」とは具体的にどのようなことなのでしょうか。今回はその意味を「世界平和」との対比で考えてみたいと思います。

「世界平和」という言葉は私には何となく手垢がつきすぎているというか、あまり具体性が無い様に感じられるのですが、皆さんはどうでしょうか。実際、世界には具体的に戦争をしている場所がいくつもあるし、いままでもあり続けていました。「世界平和」が世界の全ての場所が平和になる、つまり世界の全ての場所で戦争や紛争が無くなる、ということだと考えると、「世界平和」を真面目に希求するするならば、それはそれぞれの個別具体的な戦争の終戦プロセスに向けた努力したり、紛争解決のスキームを見いだすための探究するのが筋でしょう。そこに「世界平和」という(言わずもがなの)言葉はあまり関係ないのでは。

「持続可能な社会の実現」という表現もこれに近いと言えるでしょう。現在の社会を持続不可能にするような問題は原理的には無数に考え出すことができますが、現実的に考えれば「地球温暖化」とその背景にある「エネルギー問題」がその主流で、これを社会の持続可能性と表現するのは如何にも迂遠な感じがしてしまいます。

 しかし私は、この「世界平和」も「持続可能な社会の実現」も、一定の時代背景に基づいた文脈でこの用語が使われているのだと思っています。

Chikyuu

 

 

続きを読む

今年も「朝まで生テレビ」を見た(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

「朝まで生テレビ」という番組は1987年から続いている討論番組。昨年の正月にひさびさにこの番組をみていろいろ思うところがあり(このブログでも、こちらの記事こちらの記事にまとめてあります)今年も見てみよう、とおもって今回はきちんと録画設定をしておきました。

 ことしも司会は田原総一朗氏。御年89歳とのこと。昨年一年も無事に過ごされて下の写真の様に元気に司会者を続けられているのを見ると、新年早々嬉しい気持ちになりますね。

 昨年同様、田原総一朗氏のために「皆さん滑舌に気をつけていて大きな声でゆっくりと分かり易い言葉で語ってくれる」という昔には無かった敬老番組という要素が加わった「朝まで生テレビ」ですが、肝心の田原氏の話がもごもごして何を言っているのか、若干分かりにくいという問題はやや顕著になっているかも。とはいえ、今年は昨年より結構快調に進んでいるという印象を持ちました。

 理由はもちろん裏金問題をはじめとする「政治不信」の問題があるからでしょう。この問題に関しては田原氏をはじめ参加者の皆さんが活き活きと討論していて、とてもアットホームな雰囲気になっています。少し声を荒げてじゃれ合ってみたり、みんなとても仲良し。それはそうでしょう、肝心の裏金問題で疑惑を持たれているひとは出席していないのですから、討論と言っても欠席裁判の様相を呈しています。そこに居ないひとの悪口を皆で言い合うとなれば、それは盛り上がりますよね。昨年のこの番組が今ひとつ不完全燃焼だったのはこの「朝まで生テレビ」の得意分野の話題が少なかったことが問題だったことがよく分かりました。

Photo_20240102082401

続きを読む

より以前の記事一覧