日記 コラム つぶやき

「マスク1年生」の感想(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 一年前、新型コロナウイルス感染症が問題になり始めるまでは、私個人はあまりマスクに関心がありませんでした。2004年の鳥インフルエンザ騒動の時、大阪在住だったので東京に出張する際にマスクをかけていた記憶があるくらいです。(幸い、インフルエンザウイルスを人にうつすことはなかったのですが、逆にコンピューターウイルスをもらってくるという顛末に。)そんな私でもこの1年でマスクの利用者になったわけですから、世の中には同じような「マスク1年生」が山のようにいるはずです。同時にマスクの売り上げも増えていて、年末のニュースでは2020年のマスクの売り上げは4倍増だったとか。(もっとも単価の値上がりの効果もあるでしょうから単純に数量が4倍では無いかもしれません。)

 マスク1年生として感想を言わせてもらうと、「からだに直接つけるもの」にしてはおざなりだなあ、と思います。例えばメガネは一人一人オーダーメイドが普通。これはメガネのレンズの都合でそうなっているのかも知れませんが、メガネを作るときにはかけ心地が良い様に調整してくれて、そのおかげで長くかけても疲れない、耳が痛くならないメガネが手に入ります。マスクのオーダーメイドはさすがに無理でしょうか。でも、何か調節ができる様になっているとか、いろいろなサイズがあるとかないのでしょうか。

 服ならサイズ毎にいろいろあるし、靴だってサイズと幅くらいの選択肢があるものですが...。でも自分の顔のサイズというのは分からないか。試着してみる、というは無理ですね。では「顎幅13.5、耳丈16、鼻の下やや長し」とか規格をつくったらどうでしょう。メジャーで測るのは難しそうですからレーザー計測の装置をマスク店において測ってもらうとか。いや、形態だけならスマホのアプリでも行けるかも。漏れが少ないマスクをつくるという点でも意味があるのでは。

2120

続きを読む

八王子キャンパス近くのラーメン屋さん(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 東京工科大学八王子キャンパスの最寄り駅は横浜線の八王子みなみ野駅。もちろん、スクールバスはありますが、歩いてキャンパスに移動することもできる距離です。で、そのとき必ずラーメン屋さんの前を通るんですよね。交差点の角のお店でよく行列ができています。学生さんからも「ボリュームがあって満足」などと評判を聞くので一度行ってみなくては。

 と思いながらもいつの間にか早6年以上、特に理由もありませんが一度も店に入ること無くなく過ごしてきました。

 そうそう、この看板のお店です。最近はコロナウイルスの問題で飲食店には行きにくい。でも、テイクアウトなどに力を入れている様子です。コロナが明けたら今度こそ行ってみよう。

Photo_20210225152001

 と思ったら、えっ、なになに?ある日いつも通り交差点まで来ると工事の人たちが。店の外装・内装を取り外しています。ドアもなくなって中が見える有様に。

 

_002

 コロナ禍恐るべし。いや、例え通勤途中にあってもラーメン屋さんには一期一会の覚悟で臨むべきだったか。

続きを読む

メガネを壊してしまった(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 何ということでしょう。メガネを落としてレンズを壊してしまいました。

 

Megane_wareru_man

 もともと近視の乱視だったので、「運転用」と「手元作業用」の2つのメガネを使い分けています。もう少し若い頃は、境目のない遠近両用を使っていました。しかし、このメガネは長時間使用していると「酔う」ので、結局、TPOに応じて2本を使い分けるようにしています。
 さて,今回は手元作業用の方のメガネを風呂場で落としてレンズを割ってしまいました。仕方がないので、非常用の10年前に使っていたメガネを取り出しました。しかし、若干度が合わない。今まで使っていたものより、少し度が強いので、近くの小さな文字が読みにくい。う〜ん不便だ。紙に印刷した文章はまだ読めますが、パソコン画面上の細かな文字が読みにくい状況です。でも,何でパソコンの文字と、紙に印刷した文字に読み易さ読みにくさの差が生じるのでしょうか?。

 

 

続きを読む

「善循環」も「悪循環」も「ポジティブフィードバック」の結果なんですよね(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 この記事は以前のこちらの記事のつづきです。

 この記事で説明したのはフィードバック制御のお話。安定なのはネガティブフィードバック系、ポジティブフィードバック系は発散するので安定にはならない。その典型は「悪循環」ですよね、というお話でした。

ある事柄が他の悪い状態を引き起こし、それがまた前の事柄に悪影響を及ぼす関係が繰り返されて、事態がますます悪くなること。

これが悪循環ですが、ポイントは悪いことが悪いことを引き起こす、という点。一つの事象の影響が同じ方向の影響を与えて反転することがない。反転するなら悪いことが抑え込まれて安定することになるでしょう。この反転が起こるのがネガティブフィードバックで、反転が起こらないのがポジティブフィードバックだ、これが制御の分野の用語なのです。だから(言葉の感じとは裏腹に)悪循環こそがポジティブフィードバックだ、となります。

 さて、表題に入れた「善循環」という言葉、これはまだ一般的な用語とは言えないかもしれませんが、仮に悪循環の反対、つまり

ある事柄が他の良い状態を引き起こし、それがまた前の事柄に良い影響を及ぼす関係が繰り返されて、事態がますます良くなること。

と定義するなら、実はこれもポジティブフィードバックの結果であるといえます。あまり例が思いつかない?いえいえ、急成長する企業などはどこかでこの善循環を利用しているのではないでしょうか。

Whiteboard_up_woman2

続きを読む

「悪循環」は「ポジティブフィードバック」の結果ですよ(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 以前こちらの記事でフィードバック制御について説明しました。

 化学プラントで温度や圧力を一定に制御したい。たとえば温度の場合。加熱するヒーターの出力を巧く調整すれば目的の温度に一定にできるはず。でも「巧く調節」するためには対象の温度を制御装置に教えてあげる(フォードバックしてあげる)必要がある、という話でした。

 さて、もう少し詳しい話をすると、フィードバックされた対象の温度、これから目的の温度を引き算して、その差がプラスの(対象温度が高すぎる)場合はヒーターの出力をマイナスに、マイナスの(対象温度が低すぎる)場合はヒーターの出力にプラスする。このようにするとシステムは目的の温度に近づいてゆくのです。(要するに下がったら上げろ、上がったら下げろ、ということですね。)

 この場合、差がプラスなら出力がマイナス、差がマイナスなら出力はプラス、と符号が逆転します。差に「マイナス」をつけてヒーターを制御するので「ネガティブ」なフィードバックを行う、と言います。つまりネガティブフィードバックが一般に行われる制御です。

 さて、対象の温度から目的の温度を引いた値の符号を、逆転させないでフィードバックするとどうなるのでしょうか。対象温度が高い場合、ヒーターへの出力はさらに高くなり、対象温度はもっと高くなります。それがまたヒーター出力を大きくしてどんどん温度が上昇を続ける。装置が限界に達する(あるいは破壊する)まで温度の上昇が続くことになってしまいます。

 この様な制御はネガティブフィードバックと対比してポジティブフィードバックと呼ばれています。

 さて、このポジティブフィードバックの説明、どこかでみたことはありませんか?

Photo_2_20210219075701

 

続きを読む

大きな書店にいきたい、という話(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 突然思いついたんですよね、あの本が読みたいって。マイナーな本、というわけじゃないけど専門書みたいなもんだから近所の本屋じゃ売ってないよね。少し大きな書店に行かないと。

 そこでまず思いついたのが書泉グランデ。御茶ノ水、というより神保町かな。学生時代によく行っていたけれどわざわざ行くのは大変か。それに御茶ノ水駅からは少し歩くし。

 いっそ八重洲ブックセンターに行こうか。東京駅のすぐそばだからな。新幹線で東京と大阪を行き来する時、帰り際に時間があるとき利用した本屋だったな。

 そういえば梅田のジュンク堂はどうだろう。ジュンク堂は本当に大きな書店で気になる本を見て歩くだけで一日つぶれたもんだっけ。とは言え大阪は遠すぎる。あれ、ジュンク堂は新宿にも店舗ができた、という話も聞いたな。

 新宿か、そうそう紀伊国屋があったっけ。なんで気が付かなかったんだろう。

 よし、今日は新宿の紀伊国屋本店に行こう!

 と、思ったところで目が覚めました。

Books_kinokuniya_2019a

続きを読む

Poor man’s Mac ですが、なにか?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先日Macの話をしたので、今回もその続きを。またまた確認しておきますが、この Mac はapple社が出しているパソコンのことです。apple社はいまでこそ iPhone の会社として有名ですが昔はPCの、というか Mac の会社として知られていました。そしてMacはグラフィカルユーザーインターフェイスを取り入れた最初の個人向けのパソコンです。(グラフィカルユーザーインターフェイスやデスクトップメタファーのアイデア自体はapple社がMacを開発する以前から有ったそうです。)その設計思想はスマートフォンであるiPhoneにもキッチリ受け継がれていますね。

 さて、ではタイトルの「Poor man’s Mac 」とは何でしょうか。Googleさんに翻訳してもらうと「貧乏人のMac」と出てきます。ははっ、これが機械翻訳の限界ですな。実はこれ、Microsoft社のOS(いや、グラフィカルシェルと言うのか?)であるWindowsのこと、あるいは Windows を使ってグラフィカルユーザーインターフェイスを実現したIBM PC互換機のことなのです。

Kaden_pc

続きを読む

化学の専門家にMacユーザーが多い理由(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 ♪我らMac、大空を翔るMac

 というわけで今日はMacのお話し。あ、念のためにMacとはapple社(下図はappleの日本のWEBサイトです)が発売しているパソコンの名称です。いわゆる(IBM互換)PCとは別系統のパソコンで、早くからグラフィカルユーザーインターフェイスを取り入れていたことで有名です。

 さて、これはきちんとした統計資料があるかどうか、詳しいことは知らないのですがデザイナーやDTPの専門家には Mac ユーザーが多いといいます。これに比べると信頼性は落ちると思いますが、化学の専門家にも Mac ユーザーが多い、という話もあるのです。さてその理由はなんでしょうか。

 先に Mac の特徴としてグラフィカルユーザーインターフェイスを挙げておきましたが、もう一つの重要な特徴として WYSIWYG が挙げられると思います。"What you see is what you get." 略して WYSIWYG 。コンピューターの画面上に示された画像がそのまま印刷される、という設計思想のことでDTP ( Desk Top Publishing )では必須の条件となります。パソコンとして Mac 、プリンターとして LaserWriter というレーザープリンターを組み合わせてWYSIWYGを実現した Apple社の環境は、初めて一般の人が利用できる DTP を実現したものだ、と言えると思います。必然的にDTP関係者やデザイナーには Mac ユーザーが多い、これは納得できる話です。

 では化学の専門家の場合はどうでしょう?

Photo_20210206223001

続きを読む

マスクのひもが切れるのはパンツのゴムが切れるようなもの(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 どうしよう、タイトルを書いたらほとんど言いたいことが終わってしまいました。

 まあまあ、どうしてこんなことを思ったか、というと実際に切れたんですね。いや、パンツのゴムではなくてマスクのひもですよ。本学科が入っている片柳研究棟という建物、そこから外に出ようとしてエレベータに乗っているときのこと、何となくマスクに手が触れてサッと手をどけようとしたらマスクのひもに引っかかってひもはあえなく切れてしまいました。

 正確にはマスク本体とひもの接続部分が切れたのですが、それはさておき、こんなことは私は初めてでした。マスクを手で押さえてエレベータでそのまま居室にもどります。買い置きのマスクの箱から新しいのを出して一安心。いやー、なんと言うか、公共スペースでちゃんとマスクをしないでいるとなんかいたたまれない気持ちになります。エレベータにほかに乗り合わせた人が居なかったのがせめてもの救いでした。私は出先でパンツのゴムが切れた経験はありませんが、もしそうなったら同じようにいたたまれない気持ちになったのでは。

 

Medical_mask01_boy

続きを読む

「風邪をひいたら仕事を休む」のは常識か(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 年末からお正月にかけて、テレビ放送はいつもと違う特別な番組編成でした。そこで放送されていたテレビドラマの録画をたまたま見ているとこんなシーンが

舞台はITシステムの開発会社。突然の仕様変更で現場は大騒ぎとなりました。残業に次ぐ残業、徹夜に次ぐ徹夜で膨大な仕事をこなしてゆく社員たち。そんな中で「子供に風邪をもらちゃって」と一人が咳をしながら職場にやってくる。

いや、そんなことしたら駄目でしょう、と反射的に思ったのですが後から調べるとこのドラマは4年ほど前に作られたものだとか。そうか、昔は(と言っても数年前)は体調が悪くても頑張って職場に行く、というのが「仕事が大変」という表現の範疇だったんだ。

Mask_man

続きを読む

より以前の記事一覧