日記 コラム つぶやき

カミオカンデのちょっといい話(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 卒業式、正確には学位記授与式に参加していたときのこと。挨拶の中で「カミオカンデ」のお話しがでてきてました。今回はこの「カミオカンデ」について昔に聞いたちょっといい話を紹介しましょう。

 まず「カミオカンデ」とは何か。岐阜県の神岡鉱山の地下につくられたニュートリノ観測用の施設で、その観測の指揮をとった小柴昌俊教授がノーベル賞を受賞したことで一気に有名になりました。

 でも私がこの話を聞いたのは小柴教授のノーベル賞受賞(2002年)よりずっと前のことで、おそらく超新星爆発によって発生したニュートリノの観測に成功して一部で話題となっていた1987年から何年かたったころの話だったと思います。当時私は東京大学の化学工学科の学生で、この話も研究室の先輩から聞いたのを覚えています。

 「カミオカンデ」は言ってしまえば「水の塊」を検知器で取り囲んで、その中でニュートリノと水(というか水分子内の電子)の反応を検出する装置です。こういうと単純ですが、相手はほとんど物質に干渉しないニュートリノ。これを捉えるためには膨大な量の水が必要で、なおかつその水の中で余計な核反応が起こるとノイズになってしまいます。「カミオカンデ」の運用が開始された当初、装置内に貯めた水に含まれる微量の放射性物質の影響が。微量とはいっても微弱なニュートリノのシグナルを捉えるためには深刻なノイズになる。さてどうすればよいのだろう。

800pxkamiokande89

続きを読む

自己責任とは(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

大学の学部は4年制、大学院と一貫で3年半で終わる学生さんもいますが、基本的には4年間で卒業と決まっています。

 とはいえ、必ずしも全ての学生さんが予定通りに卒業できる訳ではありません。学業の途中で病気になる場合、経済的な問題で学業を続けられない場合もあるのです。そんな場合の一つの選択肢として休学という制度があります。一旦大学を休んで問題が解決するのを待って大学に戻ってくる。先日、そんな休学制度を利用している学生さん達が本学に復帰するためのガイダンスを行いました。休学する学生さんの人数はそれほど多くはないので、このガイダンスは応用化学科だけではなく工学部で共通、学年も全学年共通で実施しました。

 私は教務委員長なので授業に関連する説明をしました。教務関係で学生さんのアドバイスするのは三つの計画を立てること。どんな科目の単位をとって何年後に卒業するかを決める「履修計画」、今期学修する授業を具体的に決める「時間割」、最初の授業に出席するための第一週の「行動計画」。その話をした後でふっと口をついてでたのが表題の「自己責任」の話です。

bussiness_Sekinin  

続きを読む

旅のお供のApple Watch ー番外編「流星号、流星号、応答せよ」ー(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 Apple社製のスマートウォッチである Apple Watch を付けて海外旅行をした、というお話をこちらやこちらの記事で書いたのですが、今回はその番外編。いや、大した事ではなくて「 Apple Watch 」には電話機能もある、というお話です。

 私はスマホとして iPhone を利用しています。通常はこの iPhone と Apple Watch が連動していて電話がかかってきて Apple Watch がなり出すとおもむろに iPhone を取り出して「もしもし」と話しだす、という使い方をしています。iPhone はいつも腰のベルトにつけたホルスターに入れてあって、これはスマホ以前、携帯の頃から私の習慣になっています。

 海外出張でフィールドワークに出るときはホルスターで腰に、というわけには行きません。(どこにぶつけるか分からないですからね。)そこでいつもと別の場所に入れておいたのですが、そこに電話がかかってきたのです。

Apple Watch がなり出したけど、あれ、スマホはどこだったっけ。うーん、見つからないぞ。

ということで、Apple Watch むかって「もしもし」。

 それまで気が付いていなかったのですが Apple Watch にはスピーカーだけでなくマイクもついているのです。普通に通話ができたのですが…なんか恥ずかしいですね。
Watch_face_arm_smartwatch

続きを読む

オーストラリアからの帰国の手続き(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先日来、2年半ぶりにオーストラリアに出張している、というお話を書いてきましたが、今回はとうとう帰国のお話です。

 出国準備の段階の「オーストラリアのETA申請がアプリになっていた件」でも触れたようにETAの申請手続きにスマホのアプリが使われていましたが日本へ入国の際の手続きにもアプリが使われるようになっていました。

 例えば入国に際してコロナの「出国72時間前までの陰性証明」や「ワクチン接種の有無」を確認する検疫の手続き。昔なら紙に印刷した証明書を準備して窓口で提出して確認してもらう、という手続きを取ることになるところでしょう。でも、今回は「MySOS」というアプリで続きが可能になっていました。

 このアプリをスマホにインストールして滞在先や帰国の日程に関する情報を入力。さらにワクチンパスポート と陰性証明書の画像をアップロードすることになっています。

 ワクチンパスポートはかねて準備していた「新型コロナワクチン接種証明アプリ」を利用。二次元バーコードのでる画面に「この証明書を画像として保存」というボタンがあるのでこれを利用して画像ファイルを作成してアップロードしました。

 PCR検査による陰性証明書はSMSで検査会社から送られてきたリンクでダウンロードした証明書を利用。ここは少してこずりました。SMSでダウンロードしたファイルってどこに保存されるんだっけ。

 ネットで検索して無事に陰性証明書もアップロード。空港での待ち時間はほぼこの作業で潰れましたが、やっと以下の様な画面になりました。

Img_3998

 ご覧の通り画面は真っ赤。ワクチン接種と空港検疫は審査中とあります。AIかなにかで自動でチェックされるなら一瞬で処理が終わりそうなもの。それなりに時間がかかっているということは裏側で誰かが人力でチェックしているのではないでしょうか。

 空港で待っている間に画面は緑に変わりました。えっ、緑?青になるって聞いていたんですけど。

Img_3999

 少し調べると「自宅等待機や施設待機が必要な場合は緑色画面となります。」なんて説明が出てきます。これは困った。どうしよう。

続きを読む

帰国にむけてPCRテストを受けました(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先日来、2年半ぶりにオーストラリアに出張している、というお話を書いています。

 出張も終わりに近づくと今度は帰国のための準備が始まります。今回の出張で特別なのはやはりコロナ関連。日本に帰国して入国する際に「出国72時間前までの陰性証明」という条件がある点です。オーストラリアへの入国に際しては特に必要がありませんでしたから日本の方が条件が厳しいのですね。

 陰性証明といっても日本の検疫で認められるのはPCRのみ。さらにサンプルの採取方法にも指定があって唾液はNGだとか。指定に従った検査をしてくれて日本語の証明書を作ってくれるところを我々の前に出張していた人から教えてもらってまずは予約を。検査の結果はスマホのショートメッセージで送られてくるのだそうです。オーストラリアに着いてからスマホのSIMを現地のものと交換するので番号も代わります。ですから、予約はオーストラリアに入ってからになりました。

 検査所はパースの周辺。検査を受けてすぐに結果がでるのなら帰りに空港に行く前に立ち寄れば良いのですが、今回は結果がでることを保証するには48時間は見て欲しいとのこと。2日前に空港に行ってそのまま時間を潰すのはいくら何でももったいない、と言うことで72時間(3日)前すぐに検査を受けられる様にパースに移動し、再度調査地にとんぼ返りする、というやや面倒な行程を取ることになりました。

 パースで一泊して朝からナビを頼りに検査場に向かうと、なんか駐車場のようなところです。

Fig0_20220901173001

 中に入ると正に駐車場。ドライブスルー方式の検査場が2レーン準備されていました。混雑している、という印象はありませんでしたがそれなりに検査を受ける人がひっりなしで来ている印象です。

Fig1_20220901173101

続きを読む

農場の風景いろいろ(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先日来、2年半ぶりにオーストラリアに出張している、というお話を書いています。前回は調査地周辺の農場の朝の風景について紹介しましたが、今回は朝に限らずいろいろな風景を。

 まず印象的なのは菜の花のが一面に咲いている風景でしょう。車から見るとどこまでも広がっている黄色い花が流れる様に過ぎてゆく風景はどこか非現実的にさえ感じます。

 こんな風景を見ると「写真の撮ろう!」と思いついて実際に写真を撮るのですが、いや、実際の風景の感動の十分の一も伝わらない。写真というのは難しいものです。

Fig1_20220901062301

風景の感動を伝えるのは難しそうなのでここでは記念写真を上げておきましょう。同行した人に撮ってもらったので写っているのは私です。

続きを読む

農場の朝(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先日来、2年半ぶりにオーストラリアに出張している、というお話を書いています。今回は調査地周辺の農場の朝の風景について紹介しましょう。

 朝は6時半に朝食、装備を調えて7時半には出発。街中で朝から開いているパン屋さん(何と5時開店!)でサンドイッチなど昼食を買っていざ調査地に。およそ110km/hで飛ばしても小一時間かかるので8時を過ぎた時間からフィールドワークのスタート。

 現地調査の日程はいつもこんな感じ。朝は寒い(オーストラリアは今は冬です)のですが日差しは暖かく、昼になると少し暑いくらいです。夕方の風は涼しくてすがすがしい。

 さて、そんなルーチンワークが定着してきたのですが、たまたま出発を30分早めてみるといろいろな発見が。

 朝早く、この地域には頻繁にもやがでていた様です。いつもの麦畑にも白いもやがかかっていて、畑の中の木が不気味に見える幻想的な写真がとれました。

Fig1_20220830071801

続きを読む

雨が降れば枯れ木が倒れる、という話(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

  先日来、2年半ぶりにオーストラリアに出張している、というお話を書いています。今回は前回でも触れた調査地の農場のオーナーさん宅に伺った際のちょっとしたアクシデントのお話。まずは写真をご覧ください。オーナーさん宅に行く途中の道で絵に描いたような「倒木で通せんぼ」状態に出くわしたのです。

 この写真は午後の2時くらいに撮影したものですが、実はその午前中に私達の車はこの道を通っていたのです。そのときはもちろんこんなものはありませんでした。ごく最近倒れた、というか下手をしたら私達の車が下敷きになっていたかも。怖いなー。

 でもなんで倒木が起こったのでしょうか。別に強風が吹いていたわけでもありません。もしかしたら私達の車が通ったのが原因?いえいえ、それなりに交通量のある道なのですが…。

Fig2_20220828093501

続きを読む

オーストラリアの農場で世界はつながっていると実感した話(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 先日来、2年半ぶりにオーストラリアに出張している、というお話を書いています。今回は出張先の調査地の風景について紹介しましょう。オーストラリアの西側海岸沿いの都市パースから入国するのですが、パースは如何にも海岸沿いの街という感じで降雨量も多く緑も豊か。でも、そこから内陸に進むこと1時間程度。海岸沿いにある山(丘?)を越えると次第に降雨量の少ない地域へと入ってゆきます。あまり奥地に入ると「乾燥地」になってしまうのですが、海岸の山並みと乾燥地との間には広い穀倉地帯が広がっているのです。

 私が今回参加した調査もそのような場所で実施されているものでした。農場のオーナーさんに土地を貸してもらって植林の研究をしているのですが、その周りの風景は写真のような感じ。写畑が黄色や緑で見た目がとても鮮やかで印象的なのですが、写真でどのくらい伝わるでしょうか。

Fig1_20220828093301

続きを読む

旅のお供のApple Watch ー時差への対応ー(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 コロナ禍以降、久々の海外旅行。最近(と言っても1年くらい前ですが)使い始めた Apple Watech をもって行く初めての海外旅行となります。

 さて、今回の目的地はオーストラリアのパースなのですがシンガポール航空を使うのでシンガポールのチャンギ空港を経由します。到着前の機内では「シンガポールと日本には1時間の時差があります」とのアナウンスが。そうか、乗り換え航空機の時間を間違えないようにしないと。

 空港で少し時間ができたのでメールのチェックでもするか。ということでiPhoneをWiFiに接続すると…あれ、時差に合わせてiPhoneの時計が修正されています。だとするとこれはもしや、と思ったらその通り。連携しているAppleWatchの時間も同様に修正されていました。機械式の時計にはできない芸当ですね。

Img_3904

続きを読む

より以前の記事一覧