日記 コラム つぶやき

続「半導体不足」を実感した話(今度はもっと深刻!)(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 世は正に大「半導体不足時代」

という話を前回の記事で書いたのですが、またまたこの関係のトラブルを経験することに。今度はもっと深刻です!

 トラブルがあったのは給湯器の浴室リモコン。何時の頃からか表示パネルの文字が明滅するようになってスイッチ操作もままならなくなりました。これは配線が切れているのかも。そう思って管理会社に連絡すると早速メンテの人が来てくれました。給湯システムをチェックして曰く。

 これは浴室リモコンの基板の問題ですね。接続はちゃんと12V出てますよ。

そうか。基板の交換か。在庫があれば良いけど。

 メンテの人が部品手配のためにメーカーの人と電話をしています。話を聞くと、

 すいません。部品がないそうです。

そうか、半導体不足の問題がここにも。

 と、思ったらこの給湯器自体が廃番になっているそうです。設置が2004年。もう18年ものなので致し方ないか。

Photo_20220123203701

続きを読む

「半導体不足」を実感した話(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 2021年度後期の授業、9月に始まった時点ではオンライン実施でした。その間、授業では黒板への板書の代わり、謂わばオンライン黒板として iPad+ApplePencile を使っていました。その後、対面授業に移行したのですが、オンライン黒板には、教室のどの位置からでも同じように見えること(手元のPCでも確認できますからね)、書いた内容が残ること(「もうここ消しても良いかな」という必要がない)といったメリットがあります。これは対面授業でも使い続けよう。そう思っていたのですが、意外と厄介なことに気が付きました。

 授業の間、普通は ノートPC を使ってスライドショーを見せながら授業をしているのですが、途中で詳しい説明が必要になると iPad+ApplePencile をつかったオンライン黒板に切り換える。こんな使い方だと、ノートPCからiPadに切り換える手間が意外と気になるのです。

 さてどうしよう、と考えて閃きました。そうだ、タブレットとしても使えるノートPCを使って、スライドショーもオンライン黒板も一緒の端末で動かせば良いんだ。

 そう考えて選んだのが下の写真の ThinkPad X12 Detachable です。私は ThinkPad の愛用者、というかトラックポイントの愛用者なので必然的これが選択肢になるわけです。

 で、このPCを発注したのが11月の3日。でもまだ私の手元に届いてはいないのです。

Png

続きを読む

ワクチンパスポート「新型コロナワクチン接種証明アプリ」をインストールしてみた 海外用編(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「ワクチンパスポート」こと「新型コロナワクチン接種証明アプリ」をインストールをしたお話は以前こちらで紹介しました。その際、接種証明書が海外用に分かれていて、結局登録したのは国内用だけ。これは海外用ワクチンパスポートには本当のパスポート(旅券)が必要なのに、このコロナ禍の間に期限切れになっていたからです。

 これはいかん、ということで先日新しいパスポートを発行したので、今度は満を持して「海外用」のワクチンパスポートに挑戦してみました。

 今回は「海外用」を選択して登録をスタート。

Img_3564

続きを読む

これが最後のパスポート(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「新型コロナワクチン接種証明アプリ」通称「ワクチンパスポート」をインストールした話はこちらで紹介しました。国内用の接種証明は無事表示できるようセットアップが完了したので、今度は海外用にトライしよう。そう思って手順を確認するとパスポート(これは本当のパスポート、旅券のことです)が必要だとか。

 パスポートか、えっとどこに置いてたっけ。ここ最近海外に行くこともできなかったのですぐには見つからない。やっと見つけると、なんと昨年の10月で期限切れになっていました。

 これはいけない。このままにしておくといざ海外に行く、となったときに慌てることになるに違いない。ということで、新規にパスポートの発行申請をすることにしました。

Img_3562

続きを読む

2021年を振り返る(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 後年の歴史家は2021年は2020年に続いて「コロナウイルスパンデミックの年」と評価するのではないでしょうか。私達、東京工科大学応用化学科の教員にとってもこれは同じ事。昨年同様、コロナ対策に追い回された一年だったと思います。

 事の始まりは2020年4月からのキャンパス閉鎖。それに対応するオンライン授業は全く新たな経験でした。とはいえ半年もたてば我々も適応できるようになります。2020年9月に始まった後期の授業、応用化学科では「対面授業、ただし遠隔受講可」を広く実施、学生実験では学生実験室に入室する人数を制限する形で対面実験を再開しました。

 2021年はこの2020年度の後期の授業を引き継ぐ形でスタート。コロナ第三波の中でも一応満足できる授業を実施できたと思います。

 つづく2021年の新学期は「いよいよコロナ前に戻れる!」という希望の元に対面授業を中心としてスタートをきりました。これでワクチンが行き渡ればコロナ禍も終わりか。などと考えたのが甘かった。今度は第四波の影響で前期は途中からオンライン授業に移行することになってしまいました。一応、2020年度の経験からオンライン授業に対応はできたものの、学期の途中からオンラインに移行というのは厳しい。授業計画を一部変更せざるを得ませんでした。

Photo_20211231091701

続きを読む

トイレットペーパー騒動(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 普通に「トイレットペーパー騒動」といえば1970年代にオイルショック時に起きたトイレットペーパーの店頭での品不足を原因とした消費者パニックのことですが、今回は少し別のお話。私が大学の講師になって学科会議に顔を出すようになった頃に印象に残ったエピソードです。

 私の所属する学科は一つの建物に集まっていたのですが、その建物のトイレでトイレットペーパーがない、という状況が頻繁に起こるようになっていました。私自身もペーパーを使い切っても予備が置かれていない、はては予備どころかペーパーが全くない、ということが次第に頻繁になってゆきます。おっと、ここはペーパー切れだ、といって他のトイレに行っても同じこと。うーん、これは何かおかしい。

 さて、これが学科会議で話題になると、私も、私も、と皆さん心当たりがある様子。

 事務に言ってちゃんとペーパーを出してもらわないと。

実は既に事務に行った先生がいたのでした。

 いつも通り、いやいつも以上にペーパーを出しているのに、この状態。事務方も困惑している。

これは一体...。

Mrt034

続きを読む

2022年度の年賀状のはなし(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 昨年の今頃「年賀状と名簿と個人情報保護法の話」という記事を書きました。年賀状の発売枚数は2003年がピークで40億枚を超えていたそうですが、その後減少を続けて20億枚を切っているというはなし。日本郵政グループのプレスリリースによれば今年、というか2022年用の年賀状の発売数は18.3億枚。2021年用が19.4億枚なのでかなりの減少。でも減少率としては昨年よりはましなのだそうです。

 自分自身で考えてもここ何年か新しい年賀状の送り先は増えていません。その一方で徐々に送り先が減っている、という状態で年賀状の発売数の減少傾向は納得できるものです。

 リタイアされた方からの「来年からは欠礼させて頂きます」とのおことば。なるほど、将来自分もどこかのタイミングでこんな決断をくだすのだろうか。年賀状の送り先の方からの忌中欠礼の葉書でご本人の訃報に触れることもあり、これは寂しい限り。

 中には「今度からメールベースに移行します」と宣言した同窓生も。でも年賀メールも来てないなあ、などと考えているとご両親から病気で亡くなった旨のご連絡をいただく、というケースも。これは少なからずショックでした。

 年賀状の送り先は少しづつ減少し、新しい送り先が増えることはない。個人情報保護法によって年賀状という文化は緩慢な死を迎えているというべきでしょう。

Hagaki_1mai

続きを読む

ワクチンパスポート「新型コロナワクチン接種証明アプリ」をインストールしてみた(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 「ワクチンパスポート」という名前は聞いていたのですが海外のお話しかと思っていました。ところがふと気が付くと日本でも利用がスタートするというニュースが。

 せっかくワクチンを接種したので(1回目2回目)、いざというときのために接種券(接種済みのシール付)の写真をスマートフォンに入れておきました。でも、写真を見つけ出すのが結構な手間で結局一度も使っていませんでした。

 ということで早速「ワクチンパスポート」というか「新型コロナワクチン接種証明アプリ」を自分のスマホにインストールしてみました。こちらがそのスクリーンショット。「日本政府公式」で「デジタル庁」の名前も入っています。

 インストールしようとしたときによく似た別のアプリもあったのですがあれは何だったんだろうか。これからインストールする人は一手間かけてデベロッパを確認した方が良さそうです。

Fig1_20211222060701

続きを読む

「待つも親切、待たぬも親切」(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今回のタイトル、元ネタは「貸すも親切、貸さぬも親切」で大ヒットしたテレビドラマ「半沢直樹」の第二部に出てきたセリフです。困っている会社にお金を貸すのは親切。でもお金を貸すことでその会社の本来の問題の解決が先延ばしにされるなら、敢えてお金を貸さないことでその企業が問題にきちんと向き合えるようにしてあげることこそが親切だろう。大意はこんなところでしょうか。(このセリフの本来の意味は少し違っている様ですが。)

 で「待つも親切、待たぬも親切」の待つ待たないはお金の話ではありません。レポートや課題の期限のお話しをしたいと思うのです。それというのも先日紹介した本学の全学教職員会で行われた講演「ハラスメントのない大学づくり」の中でコロナ禍に対応したオンライン授業のガイドラインが紹介されていて、そのなかに「講義の録画を視聴できる期間は1週間以上」「課題の提示から提出までは1週間以上」という項目があったからです。

 これについて私は懐疑的なのです。

Shimekiri_report_hakui_woman

 

続きを読む

「安全工学」の講義番外編 ボンベのおもいで(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 12月7日の江頭先生のブログ(http://blog.ac.eng.teu.ac.jp/blog/2021/12/post-74d8e9.html)で、ボンベの話しをしておられました。それに便乗して:

 昔、学生時代に私のいた離れの化学実験室の建物にはエレベーターがありませんでした。正確に言うと、あったのですが、遠くて使えませんでした。
 当時は安全意識も皆低く、ボンベ・キャリアも買ってもらえず、ストップトフローに使う窒素ボンベを「転がして」運んでいました。「転がして」というと寝かしてゴロゴロを想像するかもしれません、でも、そうではなく、ボンベの頭を片手で持って、ボンベの底の円周を利用してクルクルと回転させ運んでいました。倒しが甘いと回転させてもあまり距離をかせげず、倒しがキツイとボンベが重くて倒しそうになります。へたくそな挿絵を描いてみました。

1_20211210095501

 だから,「遠くのエレベーターを使うくらいなら」と、1〜2階差ならボンベを抱えて階段を昇り降りしていました。あのころは若かったから、そんな無茶ができました。

『ボンベのおもいで(重いで〜)』

続きを読む

より以前の記事一覧