日記 コラム つぶやき

渋谷のハロウィン騒動に思う(片桐教授)

| 投稿者: tut_staff

 浜松祭りを現地でご覧になったことがありますか?

 昼間の凧揚げや夜の屋台引き回しでよく知られた地方のお祭りです。この夜の屋台の各町内会での引き回しの時に、「練り」を行ない新しく子どもが生まれた家を祝います。ある意味「はっちゃけ」の場です。ラッパと笛と太鼓でハッピを着た若者が旗を中心に提灯を持って「わっしょい、わっしょい」と大規模なおしくらまんじゅうをします。祝われた家は未成年にはお菓子で、大人にはお酒でその労をねぎらいます。

 その様子はYouTubeなどで「浜松祭り 練り」で探すと見つかります。

 私も昔々10代の時に一度だけ参加し、その最中に転んで思いっきり踏まれましたが、あの高揚感と開放感は癖になります。そして危険があるからこそ、必死になれる、快感があるというのは否めません。

 岸和田のだんじりや博多の山笠など、危険を伴うそのような「はっちゃけ」祭は日本各地に存在します。このような「祭」により、そのような暴力的なエネルギーを管理した形で安全に発散させる文化が日本にはあります(ありました)。

 今年、社会的な問題になりそうな、渋谷のハロウィンの騒動もそのような「はっちゃけ」の場としての祭だったかと思います。東京のような地域の祭が廃れ、あるいはもともとそのような祭が無く、そこに参加できない若者が多い所では、何らかの形でそのような「祭」が必要なのでしょう。

Fig

 80年代のディスコもそのような「はっちゃけ」の場でした。毎週末、大音量で、他人を押しのけ差別するようなお立ち台を配し、しかし周りへの迷惑を最小限とするために閉じた空間で狂宴が催されていたのも、そしてそれが若者に支持されたのも、そのような「はっちゃけ」の場が必要なことの証拠ではなかったかと思います。

 このような祭は私的になり規模が小さくなれば過激になり、危険なものになります。暴走族の集会はその一例です。小さな組織のルールが大きな社会のルールよりも優先され、交通違反を起こし、人を傷つける危険な行為が行なわれます。

 また、少し前の時代に大学生の飲み会で「一気飲み」がはやったのも、そのような危険を伴う祭を小さく開催していたということでしょう。これもアルハラや急性アルコール中毒による大きな危険を招きます。

 「祭」は小さくしてはダメだということでしょうか。

続きを読む

便利すぎだよ、通販サイト(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 格安で安全確実な宅急便をはじめとする宅配便サービス、高速なインターネットのインフラが揃っている日本は通販サイトが活動するための条件が揃っています。図書や日用品をはじめとした通販は広く利用されているので皆さんもご存じかと思いますが、われわれ大学の研究者を含む、いわゆる技術系で研究開発を行っている人間にとっても通販はとても便利なインフラです。

Photo

 こちらは「モノタロウ」のサイト。一般の人向けではない装置の部品や実験の器具まで扱われていて大抵のものが注文できます。一日で発送、翌々日にはとどくものも多いですね。

Photo_2

こちらは「ミスミ」。機械部品の説明にはCADファイルがついているのがとても便利です。部品のサイズを考えながら絞り込み検索ができるのも魅力の一つです。

続きを読む

「宅配便」?「宅急便」?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 一般には「宅配便」。「他急便」はヤマト運輸が運営している宅配便サービスの名称です。

 というのが最小限の答えですが、50代の私としては一言付け加えたくなります。ヤマト運輸が「宅急便」のサービスを開始したのが1976年だといいますが、それ以前には「宅配便」に相当するサービスは存在していませんでした。

 「宅配便」以前に存在したのは郵便小包と「チッキ」とよばれた鉄道による運送サービスでした。私が小学生低学年かそれ以前でしょうか。母親が実家からチッキで送られた荷物を受け取りに自動車で名古屋駅まで行くのに連れて行かれた記憶がうっすらと残っています。母は幼い私を家に残しておけないので一緒に車に乗せていったのでしょう。駅と駅の間しか輸送することのできない不便なシステムだったのですね。

 さて、私が中学生くらいのころに「宅配便」が登場しました。年老いた母親からの電話で「荷物を送ったよ」告げられる都会暮らしの主婦の家に、まさにその電話の最中に荷物が届く、というCMをよく覚えています。子ども時代のチッキのシチュエーションとのコントラストがそれほどに印象的だった、ということでしょうか。

Ec881c698bf34c26e59eae0bc6bb660e

続きを読む

簡単な徴税方法を思いついた、という話(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 これはずいぶん昔の話、ですが私が子どもの頃というほどではありません。多分消費税が導入された頃でしょうか。税金についての思いついたことがあるのです。

 税金を集めることは大変です。まず公正な税制をつくること。正確に運営するための組織をつくること。全ての国民がその運営に協力することなどなど。どれも理想はあっても実現するのは非常に困難なことです。最近は実際のお金(普通はお札でしょうね)を集めることは少ないと思いますが、例え銀行振り込みでも1人1人納税額を計算して集金するのは膨大な手間がかかります。

 そこで、簡単な徴税方法について。税金を集めることの本当の意味は日本国民からお金を集めることではありません。国民の負担によって政府のいろいろな機能を成り立たせることです。国民から政府に何らかの形で「価値」をもったものが移動すれば良い。いえ、価値が移動すれば良いのであって必ずしも「もの(お金の金額という情報を含む)」が移動する必要は無いのでは。

 もったいぶるのはやめましょう。政府は単純に税金分のお金を印刷して使ってしまえば良いのです。

Map

続きを読む

バブル景気の前と後(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 バブル景気にもいろいろあるのですが、ここで言うバブル景気とは日本に1980年代ごろに起こった「バブル景気」のことを指しています。

 バブル崩壊と言われたのが1991年ですから今の若い人には「歴史のなかの出来事」かと思います。55歳の私はバブル期をまたいで生きてきたのですが、不思議とバブル景気そのものの記憶は薄いのです。大学という世の中の景気をあまり反映しない職場にいたせいでしょうか。学生諸君の就職のし易さを通じて間接的に好景気を感じていただけでした。

 では「バブル」の影響を感じていないのか、というとそういうわけではありません。バブルそのものよりもむしろバブル前後の世の中の雰囲気の変わり方、これには正直驚くばかりです。

 具体例を一つ。以下は統計局のWEBサイトから持ってきた「消費者物価指数(CPI)」のデータ、「持家の帰属家賃を除く総合指数(1947年度~最新年度)」から作ったグラフです。

Photo

続きを読む

学歴と生涯賃金のはなし(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 人が一生でもらう賃金の総額、それが生涯賃金です。自分で商売をしている人でなくても賃金以外の収入、たとえば相続などがありますから、生涯賃金=一生で使えるお金、という訳ではありません。でも、普通は生涯賃金が生涯の可処分所得のほとんどを占めるのではないでしょうか。

 厚生労働省が所管する研究機関である労働政策研究・研修機構は労働統計に基づいていろいろな指標を算出し、ユースフル労働統計(労働統計加工指標集)という資料を出しています。このなかに生涯賃金の推計値も示されています。

 いくつかの条件での推計値が示されていますが、「学校を卒業しただちに就職し、60 歳で退職するまでフルタイムの正社員を続ける場合(同一企業継続就業とは限らない)。」という条件での計算では「大学・大学院卒」の男性で2億7千万円となっています。

 これに対して「高校卒」の男性では2億7百万円という結果が。両者を比較すると6千3百万円の差があることになります。

 このデータから「6千3百万円かけてでも大学に進学すべし」と結論づけて終われば大学のPRとしては完璧なのですが、ここは少し考察が必要でしょう。

Walking3_oldman

続きを読む

魔法瓶ってどうよ(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 前回の記事では気体について、熱の伝えやすさの指標である熱伝導度が「温度差を1℃、壁間距離を1mとしたときに流れる熱量」であること、その熱伝導度が気体の場合、分子の熱運動による速さ、分子同士が衝突せずに自由に運動できる距離、そして分子が運びうるエネルギーの指標としての熱容量によって決まるのだ、という説明をしました。

 でもその前に,基本的なポイントの確認を。「温度差を1℃、壁間距離を1mとしたときに流れる熱量」といいましたが、熱が流れるのは気体があるからだ、という点に注目してみましょう。気体そのものが存在しない場合、つまり一定距離の壁の間が真空になっている場合、熱を伝えるものがないため伝熱が進まないだろうということも推察されます。

 さて、この真空による断熱、という現象を利用したのが「魔法瓶」です。二重になったガラスの容器をつくり、二つのガラスの壁の間を真空にする。これで高い断熱性がえられるので、容器に入れたお湯がいつまでも冷えない、あるいは容器に冷たい水をいれておけばなかなかぬるくならない、という「魔法」のように便利な水筒ができあがるわけです。

 

Photo

続きを読む

ブログトップページがリニューアル?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 今、このブログを見ている皆さんにはどのようにみえているのでしょうか。いつからかはハッキリしないのですが、昨日(2018年10月15日)ごろから下図のようにブログ全体とのタイトルとそれぞれのブログ記事のタイトルが消える、という状態になっていました。

Photo

 はてさて、これは一体なにが...と、思っていたらなんと!ブログのヘッダーの写真が新しくなっていました。

ブログトップページがリニューアル?でもそんな話聞いてないけど...。

そう言えば、果たして皆さんが今どんなトップページを見ているのか、ブログを書いている私には分からないのですね。

続きを読む

きれいな花には毒がある、のかな?(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 きれいな花、具体的には「アジサイ」のことです。梅雨の頃、6~7月に咲く花なので少し季節外れかも知れません。何かの切っ掛けで「アジサイには毒があるって本当?」と聞かれてふと答えに詰まってしまったので、少々調べました、というのが今回のお話です。

 アジサイは子どもの頃から身近な植物でしたが、子どもの頃に「アジサイに毒がある」という知識があったようには思えません。でも、今になって言われてみるとどこかで「毒がある」という話を聞いたことがある様にも思います。なんとも微妙な知識なので、ここは一つキチンと調べてみましょう。

 身近な毒については、厚生省で「自然毒のリスクプロファイル」というページを通じて情報提供されていました。アジサイもその中で採りあげられています。

0000082113_2

続きを読む

台風一過の八王子キャンパス(江頭教授)

| 投稿者: tut_staff

 本日は2018年10月1日。昨日の夜から今日の早朝にかけて「大型で強い」台風24号による暴風雨が東京をも襲いました。JR各線の運休などの情報もありましたが朝には天気は快晴に。いわゆる台風一過の良い天気になったのですが、果たして八王子八王子キャンパスはどうなっているのでしょうか。

 下の写真は八王子みなみ野駅から本学の八王子キャンパスへとつづく坂道の今朝8時半ごろの様子です。いつもはきれいに清掃されている歩道にたくさんの葉っぱや小枝が落ちています。枯れた様子もない若々しい葉も多く見られます。台風の暴風によって引きちぎられてしまったのでしょうか。

Img_2200

 八王子キャンパスにも木がたくさんあります。これは大変なことになっているかも、と思いながら正門前まで来たのが以下の風景。銀杏並木の通路は意外によく片付いています。

Img_2203

 さすが、もう清掃が入ったのか、などと思っていると...

続きを読む

より以前の記事一覧